詳しくはこちら
DMデッキ開発部NEX
DMデッキ開発部NEX
最新構築デッキバックナンバー記事検索開発部の軌跡TOPへ戻る Vol.23 今度は光文明の力を借りる!?映画公開直前火光サンバースト・NEXデッキ!
最新型NEX登場!!!
エーツー

エーツー「NEX!!」

あ、本物の火文明大好きエーツーくんだ。

エーツー

エーツー「なんですか、本物って」

いや、特に深い意味はないよ。

エーツーくん、久しぶりじゃないか!

エーツー

エーツー「えぇ、本当に久しぶりですよ。もう、僕の出番ないんじゃないかとヒヤヒヤしていました
でも…これは僕がでてこないわけに行かないでしょう!

ん?どうしたの?

劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝
エーツー

エーツー「ついに、そう、ついに9月19日から
劇場版デュエル・マスターズが公開開始!」

エーツー

エーツー「そして、入場者に特別にプレゼントされるのが…」

超竜サンバースト・NEX
エーツー

エーツー「新たなるNEX!
その名も《超竜サンバースト・NEX》!」

おお、まさにドラゴン大好きエーツーくんの為のカードみたいなもんだね!

エーツー

エーツー「僕だけじゃないですよ!ドラゴン大好きなみんなのためのカードです!

そうだね、まさにそのとおりだ。

じゃあ、今回はドラゴン大好きなみんなのためにも、この《超竜サンバースト・NEX》を使ったデッキを紹介しよう!

エーツー

エーツー「NEX!」

《超竜サンバースト・NEX》を使ったデッキとは?

それじゃ、まずは、デッキを作るために《超竜サンバースト・NEX》の特徴を考えてみよう!

エーツー

エーツー「うーん、能力ですか?」

もちろん、能力も重要だけど、ドラゴン大好きなエーツーくんとしては種族も重要なんじゃないかな?

エーツー

エーツー「そりゃもちろんですよ。
なんせ、僕の一番大好きなアーマード・ドラゴンの、しかも進化クリーチャーなんですから!」

そう!

《超竜サンバースト・NEX》
アーマード・ドラゴンの進化クリーチャー!


エーツー

エーツー「っていうことは、進化元のためにアーマード・ドラゴンが多めのデッキになるって事ですね」

進化元としてアーマード・ドラゴンいっぱいなドラゴン・パラダイスになるのはもちろんだけど、
進化アーマード・ドラゴンを使ったデッキと言えば忘れちゃいけないカードがあるじゃないか!

闘龍鬼ジャック・ライドウ
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》だ!
エーツー

エーツー「おお、そうですね、《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を使えば、
楽に《超竜サンバースト・NEX》に進化させられますし、
なかなか《超竜サンバースト・NEX》をひかないよー、っていう残念なことも減らせます
ね」

そして、もちろん、《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を使う、ってことは、
コイツの出番だね!

ボルシャック・NEX
エーツー

エーツー《ボルシャック・NEX》ですね!」

そう!

《ボルシャック・NEX》による《コッコ・ルピア》大量呼び出しで、
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
から一気に《超竜サンバースト・NEX》まで進化することが可能
になるんだ!

エーツー

エーツー「まさにNEX!」

そう、自然にダブルNEXデッキが完成しちゃう、ってわけだ!

エーツー

エーツー「こいつは面白カッコイイや!」

さらに、映画上映されている会場では、なんと神化編第2弾の先行販売をしているんだ!

つまり、映画館に行って先行販売の神化編第2弾を買えば

トッパ・ルピア
なんと、最新《ルピア》を手に入れて、《ボルシャック・NEX》
さらにパワーアップ
させることが可能なんだ!
エーツー

エーツー「呼び出せる《ルピア》の種類が増えれば増えるほど、
《ボルシャック・NEX》はパワーアップ
しますからね!」

そう、しかも、《トッパ・ルピア》は、もっとダイレクトに《NEX》を強化してくれるんだ!

なんせ、自分自身を犠牲に、《NEX》の名前を持つクリーチャーをバトルに勝たせてアンタップさせてくれるんだからね!

まさに、名前の通り、《ボルシャック・NEX》に突破力を与えてくれるクリーチャーだ!

もちろん、《超竜サンバースト・NEX》だって大丈夫だぞ!

エーツー

エーツー「まさにNEX!」

さらに、神化編第2弾で追加された《ルピア》はこれだけじゃない!

他にもこんな《ルピア》も追加されているぞ!

ピース・ルピア
それが《ピース・ルピア》だ!

パワー4000という強力なブロッカーな上に、なんと…
自分が破壊された時にクリーチャーを1体タップさせる能力をもっているんだ!

《トッパ・ルピア》が圧倒的な突破力を《ボルシャック・NEX》に与えてくれるとしたら、
《ピース・ルピア》
は盤石な防御力を《ボルシャック・NEX》に与えてくれるってわけだ!


エーツー

エーツー「そいつぁ、まさにNE…くす?

ん、なんで疑問系なんだい?

エーツー

エーツー「いや《超竜サンバースト・NEX》のデッキを作るんですよね?
なんか《ボルシャック・NEX》にあったカードの説明ばかりの上に、突然光文明のカード
がでてくるなんて…」

いや、だって、今回は光文明にも《ルピア》が登場したわけだしさ。

エーツー

エーツー「それはわかるんですけどね…」

なんだよー

エーツー

エーツー「別に、《超竜サンバースト・NEX》デッキに光文明のカード使う必要無いかなって」

そんなことないよ!

むしろ、ココこそNEX!

エーツー

エーツー「そうなんですか?」

エーツー

八重子「エーツー様、八重子が解説してあげましょうかですの」


エーツー

エーツー「あ、光文明大好きな八重子ちゃん。どうしてここに!」

エーツー

八重子「そりゃ、八重子といえば、光文明ですもの!」

お、八重子ちゃん、なんで《超竜サンバースト・NEX》デッキに光文明いれるかわかるの?

エーツー

八重子「もちろんですわ、主任様。
だって、神化編第2弾では八重子の大好きな光文明の強力なシールド・トリガーがふえるんですもの!

霊騎コルテオ
エーツー

八重子「それが、《霊騎コルテオ》ですわ!」

そう!

八重子ちゃん、素晴らしい!今回のダブルNEXデッキに光文明をいれたのは、
まさにこの《霊騎コルテオ》を使うためだったんだ!


エーツー

エーツー「そうなんですか?」

うん!この《霊騎コルテオ》こそが、NEXとNEXをつなぐ、ミッシングリンクの答えとなるカードなんだ!

《霊騎コルテオ》の能力は、バトルゾーンにでた時に、自分のクリーチャーの枚数だけ、
相手のクリーチャーをタップする事ができる
能力だ!

自分だけだと、たった1体のクリーチャーしかタップする事ができないけど…
自分のバトルゾーンにクリーチャーがいっぱいいれば…
あの光文明を代表する強力シールド・トリガー《スーパー・スパーク》とほとんど同じ効果を発揮してくれるんだ!


エーツー

八重子「しかも、クリーチャーのおまけつきですわ!」

まさしく、光文明の《アクア・サーファー》といっても過言じゃない強力クリーチャーなんだ!

エーツー

エーツー「そうか!《ボルシャック・NEX》を使うと、《ルピア》を呼び出すおかげで
クリーチャーが並べやすくなるから、その分《霊騎コルテオ》が強くなる
んですね!」

そうなんだ!わかってるじゃないかエーツーくん!

エーツー

エーツー「でも、それがなんで《超竜サンバースト・NEX》につながるんですか?

おいおいおいおい、もう一回、
《超竜サンバースト・NEX》の能力をしっかり読んでくれよ!

超竜サンバースト・NEX

《超竜サンバースト・NEX》はバトルに勝利すればアンタップできる!

つまり、相手のクリーチャーが全部タップしていれば…

エーツー

八重子「全滅だって夢じゃないんですわ!」

しかも、《超竜サンバースト・NEX》にはバトルに勝ちやすいパワーアップ能力付!

これは狙っていくしかない!

エーツー

エーツー「おお!なるほど!これは超強力なコンボですね!」

エーツー

八重子「光文明万歳!ですわ!」


エーツー

エーツー「でも、八重子ちゃんもよくこんなコンボ思いついたね」

エーツー

八重子エーツー様が開発部に来ない間も、八重子はいっぱい、いっっぱいデュエマしてたからですわ!


エーツー

エーツー「ぎゃふん」

というわけで、つくりあげたのがこのデッキだ!

枚数 コスト 文明 名前 収録弾
4 7 霊騎コルテオ DM33 
4 3 ピース・ルピア DM33 
4 5 スーパー・スパーク DM25
4 7 超竜サンバースト・NEX 映画入場特典
2 4 ボッコ・ルピア PROMO
4 3 コッコ・ルピア HXP
2 4 トッパ・ルピア DM33 
4 6 カイザーウィング・ドラゴン DM33 
4 6 ボルシャック・NEX DM32
4 3 スピア・ルピア DM32
4 5 闘龍鬼ジャック・ライドウ DM30

 

デッキの動かし方
図解

 

このデッキには、基本的にふたつのコンボが投入されているぞ!

1.《ボルシャック・NEX》《闘龍鬼ジャック・ライドウ》

これは、もうおなじみのコンボだね!

知らなかった、って人は、こっちの記事もぜひとも読んでみてくれ!
Vol.18 エントリーデッキ ゼロが神化編と奇跡の合体?パーフェクトエンジェル大解剖!


《ボルシャック・NEX》の力で《コッコ・ルピア》を大量にバトルゾーンに並べて、
それでコストが軽くなった《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を探してきた進化ドラゴンを一気に進化させるコンボだ!

今まではこのコンボで進化させるクリーチャーといえば《超竜バジュラ》《超竜バジュラズテラ》
おなじみだったけど、この中に新しく《超竜サンバースト・NEX》が仲間入りするんだ!


エーツー

エーツー「新しいNEXの力を発揮するにはピッタリのコンボですね!」

そう、さすがはNEXだよね。

そして、その《超竜サンバースト・NEX》の能力を
最大限に発揮するコンボがこれだ!


2.《霊騎コルテオ》《超竜サンバースト・NEX》

そう、さっき解説したように、《霊騎コルテオ》で相手のクリーチャーをタップさせれば、
《超竜サンバースト・NEX》
で相手クリーチャーを一掃できるんだ!


エーツー

エーツー「クリーチャーがバンバン並ぶこのデッキにはピッタリですね!」

そうだね、《コッコ・ルピア》だけじゃなくて、その時にあった《ルピア》を自由に選べるのもこのデッキの魅力なんだ!

エーツー

八重子「もちろん、《スーパー・スパーク》でも同じようにできますわね!」

このデッキには両方はいっているから、相手の攻撃に対する防御力もかなり高くなっているし、
なによりコンボが決まりやすくなっているぞ!

エーツー

エーツー「さっき紹介した2体以外にも色々な《ルピア》がはいっているんですね」

うん。だって、色々な種類がいたほうが、《ボルシャック・NEX》をより便利に使えるからね!

エーツー

エーツー「えーっと…うわ、全部で16体《ルピア》がはいってるんですね。
もうちょっとでデッキの半分だ!

いいところに気がついた、エーツーくん!

このデッキには、そんな大量にはいった《ルピア》を活かす《ボルシャック・NEX》以外のカードが入っているんだ!

カイザーウィング・ドラゴン

それが、神化編第2弾の新カード、
《カイザーウィング・ドラゴン》
だ!

エーツー

八重子「主任様、ぶれいくぼーなす、ってなんですの?」

ブレイクボーナスは神化編第2弾で登場した新能力!

攻撃してシールドをブレイクした時に、攻撃が終わった時に、まだこのクリーチャーがバトルゾーンにいれば、
ブレイクしたシールドの枚数分だけ、ブレイクボーナスの効果を使う事ができる
んだ!

エーツー

八重子「攻撃が終わった時、ってことは、シールド・トリガーで対応されなかった時、ってことですの?」

いくつか例外はあるけど、基本的にはそういう事だね。

この《カイザーウィング・ドラゴン》の場合は、なんと、
山札の一番上をみてファイアー・バードだったらバトルゾーンにだす事ができるんだ!

エーツー

エーツー「おお!《紅神龍バルガゲイザー》みたいですね!《カイザーウィング・ドラゴン》の場合、
Wブレイクだから…2回繰り返すってことですか!」

エーツー

八重子「デッキの半分近くが《ルピア》のこのデッキなら、結構バトルゾーンにだせるかもしれないですわね。
《ルピア》
もファイアー・バードですもの」

しかも、ファイアー・バードじゃなかったときには、
山札の一番上を墓地に送るから、一回目で失敗してもガッカリすることはないんだ!

そして、この能力でバトルゾーンに増えた《ルピア》たちが、《霊騎コルテオ》の能力をますます強化するぞ!

エーツー

八重子「それはステキですわね!ファイアー・バードもかわいいですし、八重子、このデッキ使いたいですわ!」

エーツー

エーツー「ちょっと、久しぶりなんだから、僕にこのデッキ使わせてよ…」


エーツー

八重子「八重子が使いたいんですの!」

エーツー

エーツー「しょうがないなぁ…」


エーツーくんは優しいね!

コロコロ公式ホームぺージにも、光文明ではなく、自然文明と組み合わせた
《超竜サンバースト・NEX》デッキ
が載ってるから、エーツーくんはこっちを使ってみてくれ!

エーツー

エーツー「あ、これも《超竜サンバースト・NEX》を使った、別の全滅コンボが組み込まれていますね!」

エーツー

八重子「じゃあ、エーツー様、NEX対決いたしましょう!」


エーツー

エーツー「よし!NEXだったら誰にも負けないぞ!」

エーツー

エーツー「NEX!」



すごい可能性を秘めた最新NEX、その名も《超竜サンバースト・NEX》

9月19日からはじまる劇場版デュエル・マスターズの入場特典で誰でも手に入るぞ!

上映館はここをチェック!

さぁ、みんなも、その驚きのパワーを体験してみてくれ!




エーツー

八重子「じゃあ、八重子、シールド・トリガーで《霊騎コルテオ》をだしますわ」

エーツー

エーツー「ネ、NEXでこの僕が負けるだと……」


エーツー

八重子「また、偽物なんじゃありませんこと?」

エ−ワン

エーワン「よくわかったね」


エーツー

八重子「え?」



今回の記事をダウンロード

TM & © Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
ここからフッターメニュー
ページの終わり