詳しくはこちら
DMデッキ開発部 SAGA
DMデッキ開発部 SAGA
最新構築デッキバックナンバー記事検索開発部の軌跡TOPへ戻る Vol.06 「3D龍解の魅力はビクトリーだけじゃない!驚天動地の自然ドラグハートが生み出す圧倒的展開力をその手でコントロールせよ!自然単《邪帝斧ボアロアックス》デッキ&火闇自然《龍覇イメン=ブーゴ》デッキ!」 ※キャラクターアイコンをクリックすると詳細をご覧になれます。
今回のメンバー

アン
「うっすうっす!」

ハル
「あれ、アンちゃんさん、ずいぶんゴキゲンですね。久しぶりなのに」

アン
「待つっす!そんなに久々じゃないはずっすよ!いや、まぁ、そんな話はいいんすよ。こりゃ、テンションあがらないわけがないんすよ!」

『三段変形!龍解オールスターズ』

アン
「『三段変形!龍解オールスターズ』が絶賛発売中なんすよ!」

ハル
「そうですね。言われてみると、3D龍解カードってアンちゃんさん大好きそうですね」

アン
「そすよ、そすよ!そうっすよ!そりゃ、もう、アンちゃん、3D龍解カード大好き、大好物に決まってるじゃないっすか、こんなカード!なんせ、三段階変身っすよ、三段階変身!こんな手でガチャガチャ変形させられるカードでアンちゃんのテンションが上がらないわけないじゃないっすか!もう、ボーイズの心、鷲掴みっすよ!

ハル
「ボーイズの心って……アンちゃんさん、一応女の子じゃなかったでしたっけ?僕はどっちでもいいんですけど」

アン
「ボーイズ・アンド・ガールズの心を鷲掴みっすよ!」

ハル
「つまり、アンちゃんさんの中に眠るボーイズ心を鷲掴みってことですね」

アン
「なんだ、わかってるじゃないっすか。そすそす、そういうことっす」

ハル
「しかし、ボーイズの心を持つアンちゃんさんだったが、突如現れた幼なじみのイケメンを前に、乙女の心を取り戻すのであった……」

アン
「なんすか、何の話っすか?」

ハル
「いや、なんでもないですし、どっちでもいいです。でも、3D龍解のデッキの話はもう、エーツーさんと八重子さんが結構しちゃってるじゃないですか」

アン
「ふははは、甘い、甘いっすよ、ハルくん!プリンに生クリームをかけた上に、メイプルシロップをかけるくらい甘いっすよ!」

ハル
「いや、僕、ちょっと甘いものは苦手なんですよね……」

アン
「そんな話は聞いてないっすよ!」

ハル
「言ったじゃないですか、今!」

アン
「そ、そりゃ言ったっすけど、物のたとえじゃないっすかぁ……とにかく、『三段変形!龍解オールスターズ』に収録されている素晴らしいカードは、ビクトリーの《爆熱DXバトライ武神》や《頂天聖レオザワルド》だけじゃないんすよ!むしろ、すべてのカードが超強力なんすよ。そんな中でもアンちゃんがおすすめするのは……」

ハル
「あ、僕、わかりましたよ!」

アン
「お、わかったっすか、さすがはハルくんっすね」

ハル
「ですです。アレですよね」

アン
「そす、それっす」

太陽槍 ラヴェリテ

ハル
《太陽槍 ラヴェリテ》っすよね!」

アン
「違うっす!」

ハル
「え?違うんですか。まぁ、僕はどっちでもいいんですけど」

アン
「そりゃ、違うに決まってるじゃないっすか。なんで、アンちゃんが急に《太陽槍 ラヴェリテ》好きなキャラになるんすか?アンちゃんと言えば、自然文明好きで、コンボ好きで、進化好きと、デッキ開発部が始まったときから決まってるじゃないっすか!」

ハル
「でも、一番好きなのは面白いカードですよね?」

アン
「そりゃもちろんそっす」

龍覇 アリエース龍覇 ストラス・アイラ

ハル
「『三段変形!龍解オールスターズ』に入っているドラグハートの半分は、2コストのドラグハート・ウエポンだから、実は色々なドラグナーに装備させられる……例えば、《太陽槍 ラヴェリテ》だったら、光文明の《龍覇 アリエース》だけじゃなくて、《龍覇 ストラス・アイラ》とかにも装備させられるのは知ってますよね?」

龍素戦闘機 エウクレイデス

アン
「もちろんっすよ。ちなみに、龍解してフォートレスになった時も4コストっすから、6コストのドラグナーならフォートレス状態でいきなり持ってこれるってのも覚えておきたいテクニックっすね。水文明の小型で攻めるデッキで、《龍覇 メタルアベンジャー》《龍覇 M・A・S》なんかで《龍素戦闘機 エウクレイデス》を持ってくれば、手札が驚くほど増えるのとかは覚えておきたいテクニックっすね」

時空の戦猫シンカイヤヌス時空の戦猫ヤヌスグレンオー

ハル
「で、《龍覇 ストラス・アイラ》は火のクリーチャーなんで、《時空の戦猫シンカイヤヌス》を出しておけば、ループ覚醒で《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》になって、スピードアタッカーを与えてすぐアタック時の能力を使えるわけです」

アン
「ふむふむ、たしかにそっすね。《龍覇 ストラス・アイラ》《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》を使ってすぐ龍解できるドラグナーってのはアンちゃんも注目してたっすけど、今回の2コストドラグハート・ウエポンはアタック時の能力がついてるからますます相性がいいわけっすね」

ハル
「そういうことです。なので、《太陽槍 ラヴェリテ》の場合は、そのまま、いきなり3コスト以下のクリーチャーを手札から出せるわけですね。というわけで、作り上げたのがこのデッキです」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 2 《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》 DMR07
4 2 水/火 《熱湯グレンニャー》 DMD09
4 2 《斬斬人形コダマンマ》 DMX14
4 3 《超次元サプライズ・ホール》 DMX02
3 3 《超次元エクストラ・ホール》 DMX03
4 3 《剛厳の使徒シュライバー》 DMR09
4 4 《龍覇 ストラス・アイラ》 DMX18
1 2 《エメラル》 DMC66
4 3 《アクア・スーパーエメラル》 DMX18
4 6 《デュアルショック・ドラゴン》 DMX11
2 5 《モエル 鬼スナイパー》 DMX18
2 6 《アクア・サーファー》 DMD17
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
2 4 《時空の戦猫シンカイヤヌス》 DM38
3 2 《太陽槍 ラヴェリテ》 DMX18
2 4 《イオの伝道師ガガ・パックン》 DMR01
1 3 《アルプスの使徒メリーアン》 DMX04



赤白青ラヴェリテ画像
アクア・スーパーエメラルデュアルショック・ドラゴン

ハル
《太陽槍 ラヴェリテ》でアタックする時に出すクリーチャーを《アクア・スーパーエメラル》にすれば、《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》《時空の戦猫シンカイヤヌス》にして1枚引きつつ、シールドと手札を入れ替えられます。その時に、《デュアルショック・ドラゴン》をSバックすれば……

アン
「また、《時空の戦猫シンカイヤヌス》《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》になって、スピードアタッカーで《デュアルショック・ドラゴン》がアタックできちゃうじゃないっすか!」

ハル
「そうですそうです。2ターン目に2マナのクリーチャーを出しておいて、それで殴り始めていれば、そのままダイレクト・アタックまで狙えちゃうって感じのデッキなんですけど、どうですかね」

アン
「ぐぬぬ……アンちゃんをからかうためにスカシで違うカードを言ってきたと思ったら、想像以上にアンちゃん好みのガチャガチャ動くデッキを作ってきたっすね……これだからハルくんは侮れないっす。人をからかうために全力を尽くしてくるっす……」

ハル
「どうです?僕の作ったデッキ、夢中になってもらえました?」

アン
「いやいや、っす!たしかにアンちゃん好みのデッキで、アンちゃんの心も君にアディクトかもしれないっすけど、その程度で話の主導権をムーヴィン・オンさせるわけにはいかないんすよ!初志貫徹でアンちゃんのお気に入りのドラグハート・ウエポンを紹介するっす!

邪帝斧 ボアロアックス

ハル
「わかってますよ、《邪帝斧 ボアロアックス》ですよね」

アン
「だから、なんで言っちゃうんすかぁ……こうなったら、もうアンちゃんがオートマチックにそこまで行く流れじゃないっすか!」

ハル
「そういや、アンちゃんさんの初恋っていつですか?ちなみに僕は……」

アン
「うるさいっす!もう、関係ない話で脱線させるつもりは無いっすよ!とにかく、《邪帝斧 ボアロアックス》のすごさを!そのすごさを!とにかく、すごさと楽しさをアンちゃんはお伝えしたくて仕方ないんすよ!」

ハル
「わかりました、聞きますよ」

アン
「なんか、素直でそれはそれで恐いっす。とにかく、《邪帝斧 ボアロアックス》は4コストのドラグハート・ウエポンとしては驚愕の能力を持ってるんすよ。《邪帝斧 ボアロアックス》は、バトルゾーンに出た時と装備してるクリーチャーがアタックした時に、マナゾーンから5コスト以下の自然のクリーチャーを呼び出せるっす。いいすか?アタックした時だけじゃなく、バトルゾーンに出た時も発動するんすよ!」

ハル
「ってことは、《邪帝斧 ボアロアックス》を出せるドラグナーを召喚すれば、とりあえず便利な5マナ以下の自然クリーチャーをバトルゾーンに出せるってことですね」

邪帝遺跡 ボアロパゴス

アン
「そすそす。もちろん、アタックしまくればドンドンバトルゾーンにクリーチャーが増えていくっすよ。しかも、しかもっすよ。《邪帝斧 ボアロアックス》の龍解条件は、バトルゾーンにいるクリーチャーのマナコストの合計が20以上っす。つまり、《邪帝斧 ボアロアックス》の能力を使い続けているだけで、いつの間にか龍解条件を満たしちゃうんすよ!」

ハル
「ふむふむ。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》になれば、今度はどんなクリーチャーでも手札から召喚さえすれば、マナゾーンから自然の5マナ以下のクリーチャーをバトルゾーンに出せるようになるから、さらにクリーチャーが増えまくるってことですね」

アン
「まぁ、そっすけど……なんか急にやけに説明に協力的になったっすね」

ハル
「こういう展開になるのは予想してましたから手は打っておきました。というわけで、《邪帝斧 ボアロアックス》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》に龍解させる条件を満たしつつ、ドンドンバトルゾーンにクリーチャーを増やしていくのが基本的な使い方ってことですね」

アン
「そすそす。というわけで、つくりあげたのがこのデッキっす」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 1 自然 《トレジャー・マップ》 DMR14
4 2 自然 《霞み妖精ジャスミン》 DMX16
4 3 自然 《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》 DMR14
2 3 自然 《青銅の面 ナム=ダエッド》 DMR13
2 4 自然 《龍鳥の面 ピーア》 DMR13
2 7 自然 《龍覇 イメン=ブーゴ》 DMX18
4 6 自然 《龍覇 サソリス》 DMX18
4 5 自然 《有毒類罠顎目 ドクゲーター》 DMX18
3 5 自然 《鳴動するギガ・ホーン》 DMX18
2 4 自然 《霊騎ラグマール》 DMD12
1 5 自然 《次元流の豪力》 DMX06
4 5 自然 《古龍遺跡エウル=ブッカ》 DMR13
1 11 自然 《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》 DMR13
1 9 自然 《帝王類増殖目 トリプレックス》 DMX16
2 3 自然 《天真妖精オチャッピィ》 DMX18
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
3 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18
1 6 自然 《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 DMR01
1 6 自然 《魂の大番長「四つ牙」》 DMX06
1 6 水/闇/火 《勝利のリュウセイ・カイザー》 DMR04
1 5 光/水/自然 《勝利のプリンプリン》 DMR04
1 5 《ブーストグレンオー》 DMD18



自然単イメン画像

ハル
「なるほど、自然単ですね」

鳴動するギガ・ホーン霊騎ラグマール

アン
「まぁ、とりあえず魅力をわかりやすく伝えるには自然単からスタートっすよ。《邪帝斧 ボアロアックス》を使ったデッキを組むには、龍解条件を満たすためにバトルゾーンにクリーチャーを並べたりドラグナーをだすためにマナを増やしたりする方法を考えるんすけど、自然はどっちも得意っすからね。というわけで、いかに『マナゾーンから5マナ以下のクリーチャーをだせる』って能力を活かせる5マナ以下のクリーチャーを探すかってことになるっす」

ハル
「追加のクリーチャーを手札に持ってきて能力をさらに発動できる《鳴動するギガ・ホーン》はバトルゾーンのマナコストもあげられますし、マナゾーンに戻る《霊騎ラグマール》は何度でも繰り返して使えますね」

有毒類罠顎目 ドクゲーター

アン
「相手のカードを対処する、って意味だったら、『三段変形!龍解オールスターズ』で新登場した《有毒類罠顎目 ドクゲーター》も良いカードっすよ!相手の5コスト以下のクリーチャーを対処できるんすけど、自然のマナ加速系が苦手な相手の手札破壊対策にもなってるっていう素晴らしいカードなんすよ!」

ハル
「しかも、クリーチャーだけじゃなくてカード全体に対処できるから、普段は対処しづらい《龍波動空母 エビデゴラス》にも対処できちゃう万能カードですもんね。ところで、《龍波動空母 エビデゴラス》っていい名前ですよね」

天真妖精オチャッピィ

アン
「それはハルくんがエビを好きなだけっすよね。ちなみに、《邪帝遺跡 ボアロパゴス》の能力は手札から召喚してれば、自分のターンじゃなくてもいいっすから、シールド・トリガーのクリーチャーや、《天真妖精オチャッピィ》のSバックとかで相手のターンにいきなり除去能力を持ったクリーチャーをマナから呼び出すこともできちゃうっすよ」

我臥牙ヴェロキボアロス

ハル
「そして、最終段階、《我臥牙ヴェロキボアロス》になれば、コストに関係なくマナゾーンから自然のクリーチャーを呼び出せちゃうんですね。これはケンジさんの好きそうな能力だなぁ……」

界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ帝王類増殖目 トリプレックス

アン
「そすね。なんで、超大型のジュラシック・コマンド・ドラゴンも投入しているというわけなんすよ」

ハル
「なるほどなるほど。これは確かに《邪帝斧 ボアロアックス》の魅力が詰まったデッキですね」

アン
「かーらーのー!?」

ハル
「からの?!」

アン
「そすそす、からの、っす。このデッキも《邪帝斧 ボアロアックス》の魅力がわかるデッキっすけど、《邪帝斧 ボアロアックス》は様々な魅力のあるカード、まだまだこのデッキでわかる魅力はひとつの側面でしかないんすよ」

ハル
「っていう展開になりますよね」

アン
「どういう意味っすか?」

リリィ
「なのじゃー!」

アン
「あれ、リリィちゃん、急にどうしたんすか?」

リリィ
「いいのじゃ、アン。わかっておるのじゃ、わらわにはすべてわかっておるのじゃ。アンは《邪帝斧 ボアロアックス》を使ってあのカードの話をしたいのじゃな」

アン
「いや、話の流れがわからないんすけど」

リリィ
「いいのじゃいいのじゃ。ハルから聞いてたから、わらわは全部わかっておるのじゃ」

アン
「……ハルくんのしわざっすか……」

ハル
「なんの話かわからないですね、僕はどっちでもいいですけど」

リリィ
《邪帝斧 ボアロアックス》のすごさはその自然単のデッキでもわかるのじゃ。でも、それ専用に作られたこのドラグナーのすごさは別のデッキじゃないとわからないのじゃ!アンもこのカードに夢中なのじゃろ?それは……

龍覇 イメン=ブーゴ

リリィ
《龍覇 イメン=ブーゴ》なのじゃ!」

アン
「あ、いや、まぁ、確かにアンちゃん的には『ドラゴン・サーガ』の自然文明で一気に増えた、マナゾーンをすべての文明にするクリーチャーたちは好きっすけど……」

リリィ
「そんなにてれなくてもいいのじゃぞ、アン。もともと《邪帝斧 ボアロアックス》は自然文明のクリーチャーしかマナゾーンから出せないのじゃ。でも、マナゾーンをすべての文明に変える《龍覇 イメン=ブーゴ》がいれば、マナゾーンがすべて自然になる、つまりどんな文明のクリーチャーでも5コスト以下なら、マナゾーンからバトルゾーンにだせるのじゃ」

アン
「あ、あのクリーチャーの話っすね」

リリィ
「そうなのじゃ!アンも種族対抗戦で使ったお気に入りであり、もちろんわらわも大好きなゼロ文明のクリーチャー……」

神聖麒 シューゲイザー

リリィ
《神聖麒 シューゲイザー》とほぼ同じ動きができるのじゃ!」

ハル
「なるほど!」

腐敗無頼トリプルマウス逆転王女プリン

アン
「無茶苦茶しらじらしいっすよ、ハルくん。《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝斧 ボアロアックス》のコンボで、《神聖麒 シューゲイザー》みたいに、マナゾーンから各文明の色々な便利クリーチャーを出す戦い方もできるんすよね。もちろん、ゼロ文明のカードでも《龍覇 イメン=ブーゴ》でマナゾーンにある間は自然文明になるっすから、《神聖麒 シューゲイザー》の連続アタックも再現可能っすよ」

爆轟 マッカラン・ファイン

リリィ
「それだけじゃないのじゃ。マナゾーンがすべての文明になるということは、マナ武装も発動し放題なのじゃ!『ドラゴン・サーガ第2章暴走ガイグレン』で登場した《爆轟 マッカラン・ファイン》を登場した時の能力で呼び出せば、一気にマナ武装5でスピードアタッカーになってアタック、アタック時の能力で《逆転王女プリン》を出すなんて動きもできるのじゃ!」

アン
そすね。《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》が殿堂入りして少し使いにくくなった《神聖麒 シューゲイザー》ではなく、別のパーツで動きを再現できるのはアンちゃんもちょっと注目してたんすよね」

リリィ
「というわけで作り上げたのがこのデッキじゃ」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 2 自然 《フェアリー・ライフ》 DMR13
4 2 自然 《霞み妖精ジャスミン》 DMX16
2 3 自然 《天真妖精オチャッピィ》 DMX18
4 5 ゼロ 《逆転王女プリン》 DMR08
3 4 《爆轟 マッカラン・ファイン》 DMR14
4 7 自然 《龍覇 イメン=ブーゴ》 DMX18
2 5 自然 《超次元フェアリー・ホール》 DMX08
2 5 火/自然 《無双竜鬼ミツルギブースト》 DMD07
1 5 《カモン・ピッピー》 DMR03
1 5 自然 《次元流の豪力》 DMX06
3 6 《地獄門デス・ゲート》 DMD19
2 5 《モエル 鬼スナイパー》 DMX18
4 4 《解体人形ジェニー》 DMX14
1 7 《不知火グレンマル》 DM29
1 4 闇/火 《嘘と盗みのエンターテイナー》 PROMO
2 5 闇/自然 《腐敗無頼トリプルマウス》 DMX09
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
2 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18
1 6 自然 《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 DMR01
1 6 自然 《魂の大番長「四つ牙」》 DMX06
1 6 水/闇/火 《勝利のリュウセイ・カイザー》 DMR04
1 5 光/水/自然 《勝利のプリンプリン》 DMR04
1 5 《ブーストグレンオー》 DMD18
1 5 《ハイドラ・ギルザウルス》 DMR01



火闇自然イメン画像

ハル
「なるほど。一時期は超強力デッキとして知られていた《神聖麒 シューゲイザー》デッキが再現できるなんて、《邪帝斧 ボアロアックス》はすごいカードですね。これはアンちゃんさんもきっと、紹介したかったはず!

アン
「ほんと、白々しいっすね……しかし、アンちゃんが本当に紹介しようとしていたのはこれじゃないっす!」

リリィ
「わかっておるのじゃ、アン!《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を使わないのならば、最初から火文明・闇文明・自然文明の組み合わせにこだわる必要はないのじゃ。というわけで、つくりあげたのがこのデッキじゃ!」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 2 自然 《フェアリー・ライフ》 DMR13
4 2 自然 《霞み妖精ジャスミン》 DMX16
2 3 自然 《天真妖精オチャッピィ》 DMX18
4 5 ゼロ 《逆転王女プリン》 DMR08
3 4 《爆轟 マッカラン・ファイン》 DMR14
3 7 自然 《龍覇 イメン=ブーゴ》 DMX18
2 5 火/自然 《無双竜鬼ミツルギブースト》 DMD07
1 5 《カモン・ピッピー》 DMR03
1 5 自然 《次元流の豪力》 DMX06
4 4 《ドンドン吸い込むナウ》 DMD13
2 5 《モエル 鬼スナイパー》 DMX18
4 5 水/自然 《飛散する斧 プロメテウス》 DMD11
1 7 《不知火グレンマル》 DM29
4 4 《パクリオ》 DMX01
1 4 《超電磁コスモ・セブΛ》 DMR03
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
2 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18
1 6 自然 《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 DMR01
1 6 自然 《魂の大番長「四つ牙」》 DMX06
1 6 水/闇/火 《勝利のリュウセイ・カイザー》 DMR04
1 5 光/水/自然 《勝利のプリンプリン》 DMR04
1 5 《ブーストグレンオー》 DMD18
1 5 《ハイドラ・ギルザウルス》 DMR01



ドンドン吸い込むナウ飛散する斧 プロメテウス

リリィ
「闇文明の代わりに水文明を使ったデッキなのじゃ!」

ハル
「おー、なるほどー。たしかに、闇文明にこだわる必要はないですもんね。水文明の便利なドローカードを入れたデッキ、これはさすがにアンちゃんさんも紹介したかったはず……」

アン
「ふはははは、甘いっす、甘いっすよ。アンちゃんが本当に紹介しようとしていたのはこれでもないっす」

超電磁コスモ・セブ Λ

アン
「とはいえ、《邪帝斧 ボアロアックス》が進化クリーチャーも出せることに注目していたのは惜しかったっすね。この《邪帝斧 ボアロアックス》が進化を出せるということにさらに注目すれば……」

ケンジ
「こんにちわー、です!」

アン
「あれ、ケンちゃん、どうしたんすか」

ケンジ
「あ、あの、ぼ、僕もアンちゃんさんにデッキを紹介したくって!!」

アン
「なんすか、ハルくん、今回はケンちゃんまで動員してきたんすか」

ハル
「何の話ですか?まぁ、僕はどっちでもいいんですけど」

ケンジ
「実は、僕も《邪帝斧 ボアロアックス》は進化クリーチャーも踏み倒せるって所に注目してたんです!」

アン
「おお、さすがは踏み倒し大好きなケンちゃんっすね」

ケンジ
「わーい、アンちゃんさんに褒められた!」

ハル
「あ、じゃあ、僕も褒めてあげますよ、ケンジさん。よしよし」

ケンジ
「わーい」

リリィ
「なにをやってるのじゃ……」

アン
「それはアンちゃんのセリフっすよ……」

ケンジ
「とにかく、進化クリーチャーを踏み倒せるってことは、自然のドラグナーから進化できるクリーチャーを《邪帝斧 ボアロアックス》を出した時の能力で踏み倒せば、そのままアタックして、アタック時の能力も使える、ってことですよね!そこで僕が注目したのがこのカードです!」

機神勇者スタートダッシュ・バスター

アン
「渋いカード選んだっすね!」

ケンジ
「え、あ、そうですか……」

ハル
「いや、僕はそうは思いませんよ、まぁ、どっちでもいいんですけど。ケンジさん、がんばって選んだんですもんね、よしよし」

アン
「なんでそんなケンちゃん甘やかしてるんすか……」

ハル
「いや、シュウさんに似てかわいいなって」

アン
「なんなんすか、もう……まぁ、でもあれっすね。《機神勇者スタートダッシュ・バスター》は、ちょっと渋いっすけど、W・ブレイカーでバトルゾーンに出た時に相手のクリーチャーを除去した上で、すぐ《邪帝斧 ボアロアックス》のアタック時能力も使えると考えると良いカードっすね、たしかに」

龍覇 サソリス

ケンジ
「ですよね!アンちゃんさんにわかってもらえてよかった!ちなみに、進化元にしちゃうし自然文明のクリーチャーを踏み倒せばいいだけなので、僕の場合は、コストが1小さい《龍覇 サソリス》を使ってみました。というわけで、作り上げたのがこのデッキです」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 2 自然 《フェアリー・ライフ》 DMR13
4 2 自然 《霞み妖精ジャスミン》 DMX16
2 3 自然 《天真妖精オチャッピィ》 DMX18
4 6 自然 《龍覇 サソリス》 DMX18
1 5 火/自然 《無双竜鬼ミツルギブースト》 DMD07
1 5 《カモン・ピッピー》 DMR03
1 5 自然 《次元流の豪力》 DMX06
1 5 自然 《鳴動するギガ・ホーン》 DMX18
2 5 《モエル 鬼スナイパー》 DMX18
4 4 《解体人形ジェニー》 DMX14
2 4 闇/火 《嘘と盗みのエンターテイナー》 PROMO
3 5 闇/自然 《腐敗無頼トリプルマウス》 DMX09
3 6 《地獄門デス・ゲート》 DMD19
1 2 自然 《ダンディ・ナスオ》 DMX12
3 4 火/自然 《機神勇者スタートダッシュ・バスター》 DMD01
3 8 自然 《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》 DMR13
1 5 闇/火/自然 《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》 DMX08
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
2 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18
1 6 自然 《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 DMR01
1 6 自然 《魂の大番長「四つ牙」》 DMX06
1 6 水/闇/火 《勝利のリュウセイ・カイザー》 DMR04
1 5 光/水/自然 《勝利のプリンプリン》 DMR04
1 5 《ブーストグレンオー》 DMD18
1 5 《ハイドラ・ギルザウルス》 DMR01



赤黒緑サソリス画像

アン
「ふむふむ、リリィちゃんの作ったデッキとは、同じ火・闇・自然文明でも違った感じのデッキになるんすね」

リリィ
「なのじゃ。わらわとケンジ兄様は大きいクリーチャーを使った派手なデッキが好きなのは似てるけど、使い方の好みは結構違うのじゃ」

アン
「兄弟でも色々っすね……」

連鎖類覇王目 ティラノヴェノム

ケンジ
「そうですね!僕のデッキとリリィのデッキが一番違うのは、僕は6コストの《龍覇 サソリス》を使っているので、6コストのクリーチャーを踏み倒せる《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》が入っているところですね!」

アン
「あぁ、たしかにそっすね。7コストの《龍覇 イメン=ブーゴ》だと、それを一番上のコストのクリーチャーとしてデッキを組む感じになるっすけど、6コストの《龍覇 サソリス》なら踏み倒し手段として《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》を使う選択肢もあるわけっすね」

ダンディ・ナスオ鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス

ケンジ
「あと、デッキに1枚しか入れられないですけど、うまく《ダンディ・ナスオ》とかで《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》をマナゾーンに置いておけば、《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》から《龍覇 サソリス》《邪帝斧 ボアロアックス》を経由して、《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を出せますから、《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》のアタック時の能力まですぐ使えちゃうんですよ!」

ハル
「なるほどー、ケンジさんらしい豪快な踏み倒しコンボですねー。これはアンちゃんさんも紹介したかったはず!」

アン
「だから、さっきからなんなんすか、もう。たしかに《龍覇 サソリス》でも《邪帝斧 ボアロアックス》を出せるのに注目したのは良かったっすけど、あまりにもケンちゃんらしすぎるデッキっすよ。もっと、アンちゃんらしいデッキじゃないとだめっすよ」

ケンジ
「そっかぁ……残念です」

ハル
「いいんですよ、ケンジさんはケンジさんの美学通りでいれば」

ケンジ
「そうですよね、ハルくんちゃんさん!」

アン
「自分がアンちゃんっぽいデッキ作らせようとしたくせに、なに白々しいこと言ってるんすか、もぅ」

ハル
「まぁ、僕はどっちでもいいですから、ケンジさんも楽しんでいれば。ところで、もっとアンちゃんさんらしいデッキってなんですか?」

アン
「そりゃ、あれっすよ。アンちゃんといえば、コンボ好きっすから、もっと、コンボっぽい動きを……

ユウヤ
「わぁい、コンボー!」

ハル
「あ、コンボのセンセイがきちゃいましたね」

アン
「きちゃいましたね、じゃないっすよ!自分で待機させてたんじゃないっすか!さっきから伏兵ばっかで、もう、三国志かって話っすよ!」

リリィ
「三国志ってなんなのじゃ……で、ユウヤもハルに言われた通りにアンが作りそうなデッキを作ってきたのか、なのじゃ」

ユウヤ
「うんー」

ケンジ
「あ、リリィ!ハルくんちゃんさんに言われたって言っちゃだめだよ!」

リリィ
「あ、しまったのじゃ!」

アン
「ほら、もう、グダグダじゃないっすかぁ……まぁ、とはいえ、《邪帝斧 ボアロアックス》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》もクリーチャーを踏み倒す能力っすし、《龍覇 イメン=ブーゴ》のマナゾーンを5文明にする能力も昔から《薫風妖精コートニー》でコンボに使われてきた能力っすからね。色々なコンボは作れるっすよね、確かに」

ユウヤ
「そうだねー。色々考えたけど、アンちゃんおねえさんが作りそうなデッキってことで、僕が作ってきたのはこれだよー」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 2 自然 《フェアリー・ライフ》 DMR13
4 1 自然 《フェアリー・ギフト》 DMX14
4 2 自然 《ピクシー・ライフ》 DMD12
4 7 自然 《龍覇 イメン=ブーゴ》 DMX18
4 5 水/自然 《強奪者 テラフォーム》 DMR11
4 5 水/闇 《封魔ザウラク・ディス》 DMR02
4 6 《サイバー・N・ワールド》 DMR01
4 4 《ドンドン吸い込むナウ》 DMD13
3 4 水/自然 《フェアリー・シャワー》 DMR11
3 6 《地獄門デス・ゲート》 DMD19
2 11 ゼロ 《「祝」の頂 ウェディング》 DMR06
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
2 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18



ドローロック画像
強奪者 テラフォーム封魔ザウラク・ディス

ユウヤ
「コンボのキーカードはこの2枚だよー。《強奪者 テラフォーム》がいれば、相手がドローするときに、自分のマナが増えるよね。その時、《封魔ザウラク・ディス》がいてマナゾーンに行ったのが闇文明のカードだったら、手札を捨てさせられるんだー!で、《龍覇 イメン=ブーゴ》がいれば、マナゾーンに行くのは絶対闇文明だから、相手は手札を増やせないんだー」

サイバー・N・ワールド

ユウヤ
この状態で《サイバー・N・ワールド》を出せば、相手の手札がゼロになるから、あとは引いたカードを捨てるだけになるよねー。ちなみに、《サイバー・N・ワールド》《強奪者 テラフォーム》のコンボは、途中でマナを増やすのにも使えるよねー」

ユウヤ
「わぁい、コンボー!」

アン
「ユウヤくんの色が濃すぎるっす!」

ユウヤ
「どうかなー?」

アン
「どうかなー、じゃないっすよ!たしかにアンちゃんはコンボ好きっすけど、こんなユウヤくんの色が濃いえぐいコンボは作らないっすよ!」

ユウヤ
「そっか」

アン
「その、そっか、っていうのやめて欲しいっすよ、恐いっす。そもそも、アンちゃんは進化好きでもあるっすから、進化も使うっすよ。話の流れ的にもそうっすよね?」

ユウヤ
「コンボのパーツがどっちも5マナで《邪帝斧 ボアロアックス》で持ってこれるからいいコンボだと思ったんだけどなー」

双流星キリン・レガシー

ハル
「そういえば、《邪帝斧 ボアロアックス》は進化も出せるから、《双流星キリン・レガシー》のデッキがパワーアップするかも、って主任が大喜びしてましたね」

アン
「主任も《双流星キリン・レガシー》好きすぎっすよね」

ユウヤ
「そっかぁ……進化だったかー」

リリィ
「どうしたのじゃ、ユウヤ」

ユウヤ
「うん、実は進化を出せるのを利用したコンボも八重子おねぇさんに見えてあげるように考えてたんだけど、アンちゃんおねえさんもそっちがよかったのかなーって」

アン
「いや、多分、アンちゃんが紹介しようとしてたデッキと絶対違うから言わなくていいっす」

アクア忍者ライア青銅の鎧

ユウヤ
《邪帝遺跡 ボアロパゴス》が出てる状態だと、《アクア忍者ライア》をバトルゾーンにだして、自分を手札に戻せば、マナゾーンのクリーチャーを1マナで出しまくれるよねー。で、《青銅の鎧》みたいなマナを増やせるクリーチャーを出せば、ますますマナは増えるよねー」

アン
「あ、話すんすね」

守護聖天タテブエ・ヤッホー霊騎ラグマール

ユウヤ
「で、バトルゾーンにある程度クリーチャーが並んだら、それを全部進化元にして《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を出して、その後《霊騎ラグマール》を出して全部マナゾーンに戻せば、元通りだよねー」

ケンジ
「また、パズルみたいな動きだなぁ……」

リリィ
「こればっかしは八重子に同情するのじゃ……」

黒神龍ザルバ聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ

ユウヤ
「あとは、このループに《黒神龍ザルバ》を組み込んだり、9体以上進化元にした《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を進化元に《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》を出せば、わぁい、コンボーだよー!」

アン
「聞くまでもなく、アンちゃんが作りそうにないデッキだったっす……」

ハル
「なんなんですか、もう!じゃあ、アンちゃんさんがつくろうって思ってたデッキってなんなんですか!」

アン
「だから、最初から言おうとしてるじゃないっすか……なんで、邪魔するんすか」

リリィ
「ハルが、ハロウィンだし、いたずらする日だって言ってきたのじゃ」

ケンジ
「うん。だから、アンちゃんさんが紹介したいデッキを邪魔するいたずらをしてやろうってハルくんちゃんさんが言ってきたんですよ。なんでしたっけ……トリック・オアなんとかってやつですよ」

ユウヤ
「トリック・オア・トリックだよー」

アン
「トリック・オア・トリートっす!お菓子をあげるか悩むチャンスくらい欲しいっすよ!」

ハル
「まぁ、どっちでもいいじゃないですか」

アン
「どっちでもよくないっす!選べてすらないっす!それはそれとして、まぁ、ハルくんも色々考えてきたっすし、3人もそれぞれの個性のある面白いデッキを作ってきたっすけど、アンちゃんの考えには及ばなかったっすね」

ハル
「僕のデッキは?」

アン
「ハルくんのは、《邪帝斧 ボアロアックス》すら使ってなかったじゃないっすか!」

ハル
「それはどっちでもいいですから、早く教えて下さいって」

アン
「さんざん邪魔したのは誰っすか!まぁ、とにかく、《龍覇 サソリス》を使うってところと、コンボっぽいガチャガチャした動きをするってところと、そして、進化を使うってところがキモっすよ。アンちゃんが使おうとしていた5マナ以下の進化、それはこれっす!」

味頭領ドン・グリル味頭領ドン・ドリアン

ケンジ
「あぁ、なるほどです。たしかに、バトルゾーンにクリーチャーを並べるのが得意なワイルド・ベジーズは、《邪帝斧 ボアロアックス》との相性も抜群ですもんね」

アン
「ふははは、たしかにそうっすけど、それだけじゃないんすよ。というわけで、作り上げたのがこのデッキっす」



枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
4 5 自然 《味頭領ドン・グリル》 DMR06
1 5 自然 《味頭領ドン・ドリアン》 DMX11
2 1 自然 《連鎖庇護類 ジュラピ》 DMR13
2 2 自然 《ビクトリー・アップル》 DMX12
4 2 自然 《霞み妖精ジャスミン》 DMX16
3 2 自然 《クリクリ・イガラーズ》 DMX11
1 2 自然 《ダンディ・ナスオ》 DMX12
3 3 自然 《天真妖精オチャッピィ》 DMX18
4 4 自然 《グレイト・カクタス》 DMX11
4 5 自然 《バロン・ゴーヤマ》 DMX11
1 5 自然 《次元流の豪力》 DMX06
4 6 自然 《龍覇 サソリス》 DMX18
1 7 自然 《ブルーザー・クヌーギー》 DM
4 6 自然 《ナチュラル・トラップ》 DMX16
2 1 自然 《トレジャー・マップ》 DMR14
超次元ゾーン
枚数 コスト レアリティ 文明 名前 収録弾
3 4 自然 《邪帝斧 ボアロアックス》 DMX18
1 6 自然 《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》 DMR01
1 6 自然 《魂の大番長「四つ牙」》 DMX06
1 6 水/闇/火 《勝利のリュウセイ・カイザー》 DMR04
1 5 光/水/自然 《勝利のプリンプリン》 DMR04
1 5 《ブーストグレンオー》 DMD18



自然単野菜画像
ブルーザー・クヌーギクリクリ・イガラーズ

ハル
たしかに、バトルゾーンのマナコストを一気にあげられる《バロン・ゴーヤマ》《ブルーザー・クヌーギ》のコンボは《邪帝斧 ボアロアックス》の龍解条件をみたすのにピッタリですし、マナゾーンを操作する能力を持ったクリーチャーも多いですけど……

ユウヤ
「たしかに、マナゾーンと墓地と手札とバトルゾーンをガチャガチャ移動する、アンちゃんおねえさんが好きそうなデッキだよねー」

アン
「まだわからないっすか、ハルくん。これがわからないようじゃ、アンちゃんの先を読むなんてまだまだっすよ」

リリィ
「むぅ……《龍覇 サソリス》《味頭領ドン・グリル》なのじゃ……どんな秘密が……」

ケンジ
「あ、僕、わかりました!」

リリィ
「む、なんなのじゃ?」

ケンジ
《龍覇 サソリス》はドングリが大好き!つまり、《龍覇 サソリス》の力でドングリを集めまくるデッキってことですね!」

アン
「大正解っす!さすがは豆ちしきのケンちゃんっす!」

ケンジ
「わーい!褒められたー」

リリィ
「なるほど、それはおもしろい視点のデッキだったのじゃ……」

ユウヤ
「おもしろいねー」

ハル
「なるほど……アンちゃんさんが、背景ストーリーも大好きだってことを忘れてましたね……」

アン
「そすそす。どすか、このデッキ!背景ストーリーを再現しつつ、面白いコンボも満載で、結構強い!これがアンちゃんの理想とする面白いデッキっすよ!」

アン
「圧倒的なパワーを持ってるだけに、色々なデッキを組めるのが《邪帝斧 ボアロアックス》の魅力っす!」

アン
「みんなも、色々な使い方を是非とも試してみて欲しいっす!」










アン
「どすか、さすがのハルくんにも読めなかったんじゃないっすか」

ハル
「まぁ、そこは認めますけど……そもそも、背景ストーリーを再現って、《邪帝斧 ボアロアックス》を持ってる《龍覇 イメン=ブーゴ》って、《龍覇 サソリス》に敵対してるんじゃないでしたっけ?」

アン
「むむ、痛いところをついてきたっすね……まぁ、細かい所はいいんすけど、アレっすよ、《龍覇 イメン=ブーゴ》が持つ前に《龍覇 サソリス》が持ってる時もあったんすよ、きっと」

ハル
「まぁ、僕はどっちでもいいんですけどね」

シュウ
「ふむ、それで終わりか、といって、わたくしのデッキを紹介するチャンスを逃しましたな。はーっはっはっは」

シュウ
「なんにしろ、弟妹たちもハル殿とアン殿になついてくれていて、兄として楽させてもらってばかりなのもなんですから、今日は私が豆知識を紹介しますぞ」



シュウ
「『三段変形!龍解オールスターズ』の発売に合わせて、デュエマのアプリもバージョンアップしましたぞ!」

QRコード

シュウ
「まだ、インストールしていない人は、このQRコードを読み込んでチャレンジしてみてもらいたいですぞ」

シュウ
「そうそう、わたくしたちデッキ開発部のデッキとも戦えますから、そこもチャレンジして欲しいですぞ」

TM & © Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
ここからフッターメニュー
ページの終わり