ページの開始

ここからサイト内共通メニュー
  • 共遊玩具
  • お客様サポート
  • イベント・キャンペーン
  • 新商品一覧
  • オンラインショップ
  • 商品リリース
  • サイトマップ
  • English
ここからサイト内検索
  • facebook
  • twitter
  • youtube

詳しくはこちら
DMデッキ開発部NEX
DMデッキ開発部NEX
最新構築デッキバックナンバー記事検索開発部の軌跡TOPへ戻る Vol.07 エントリーパック ゼロを大活用!!お手軽?鉄壁!ブロッカーデッキ
八重子

八重子「主任様、ちょっとよろしいかしら?」

あ、光文明大好きで、最近はエントリーデッキで《ヘブンズ・ゲート》ブン回しまくりの八重子ちゃんじゃないか。

どうしたんだい?

八重子

八重子「いや、特に用事は有りませんですの。用事が無かったら来ちゃいけないのかしら?」

あ、いや、別にかまわないけど

そういえば、八重子ちゃんは火文明大好きのエーツーくんより先に
ヤギーくんからエントリーパック ゼロを貰ってたんだね。(前回参照)

八重子

八重子「そうなんですの。偶然ヤギー様が持ってきた時に出会って。エーツー様ったらびっくりしていましたね」

あ、あの後まだ対戦してないんだ?
エーツーくんもやっとエントリーパック ゼロを手に入れて八重子ちゃんに対抗してやるって気合い入ってたよ。

八重子

八重子「あら、それは恐い」

いや、多分八重子ちゃんなら大丈夫。

それはそれとして、エントリーパック ゼロはどうだい?

八重子

八重子「素晴らしいですわね!ただでさえパーフェクトな八重子のエンジェル達が、
さらにパーフェクトになるなんて思いもしませんでしたわ。メガパーフェクト・エンジェルって感じですわ

うん、何が言いたいか良く分からないけど、心だけは伝わってきたよ!

気に入ってもらえてるみたいでなによりだ。

八重子

八重子「エントリーパック ゼロのカードは、パーフェクト・エンジェルにピッタリ過ぎるんですもの!!
まさに、エントリーパック ゼロはパーフェクト・エンジェルをサポートする為に生まれてきた、
主任様と八重子の関係みたいですわね!

八重子ちゃん、それはちょっと間違いだよ。

八重子

八重子「あれ?主任様は八重子をサポートする為に生まれてきたんじゃないんですか?

いや、そこも大いに間違えているんだけど、あえてそこは無視するよ。

エントリーパック ゼロは、パーフェクト・エンジェルをサポートさせても、
確かにバツグンのピッタリ感・フィット感を演出してくれる。

でも、エントリー・パック ゼロはそれだけでも主役になれるぐらいの力を持っているんだ!

八重子

八重子「どういう意味ですの?」

つまり、エントリーパック ゼロのカードを主役にしたデッキも作れちゃうってこと!

言うより見る方が早いよね。

じゃあ、実際にデッキを作ってみよう!

《知識の精霊ロードリエス》の驚きのパワー

エントリーパック ゼロの中で八重子ちゃんが一番気に入ってるカードはどれだい?

八重子

八重子「うーん…全部八重子のお気に入りな可愛いカードさん達なんですけど、
一番を強いて選ぶなら《知識の精霊ロードリエス》ですわ

知識の精霊ロードリエス

《知識の精霊ロードリエス》か!

これはすごい強いカードだよね!

八重子

八重子「そうですわね。八重子は手札に来たカードをバンバン使っていくのが楽しいのだけど、
そうすると、すぐ手札が足りなくなっちゃうんですわ」

八重子ちゃん、必ず必要なカードしか引かないからね…

八重子

八重子「なんかおっしゃいました?」

いいえー。続けてー。

八重子

八重子「エントリーデッキ使ってて思ったのは、もっとドローカードが欲しい!って事だったんですけど…」

ドローカードを入れすぎると、今度はドローカードを使うのに忙しくなっちゃうと。

八重子

八重子「そうなの!そこで《知識の精霊ロードリエス》を入れると…
ブロッカーを出しながらカードを引けるようになったので、もうカードを出し続けられるようになった
んですわ!
まさに八重子ジェットストリームって感じですわ!」

対戦してるエーツーくんにとってみればちょっとしたスクリームだけどね。

ま、そんな話はともかく、確かにブロッカー満載のパーフェクト・エンジェルにとって《知識の精霊ロードリエス》
非常に優秀なサポート役として活躍してくれる
よね。

だけど、実はそれはまだ《知識の精霊ロードリエス》の実力の一角でしかないんだ!

八重子

八重子「ん?まったく意味がわかりませんわ」

えーと《知識の精霊ロードリエス》の本当の実力を発揮するには、パーフェクト・エンジェルじゃもの足りないって意味だよ!

八重子

八重子「そんな!八重子の自慢のメガパーフェクト・エンジェルを侮辱するのですか!」

いや、だから、そんな事言って無いじゃないの。

《知識の精霊ロードリエス》はパーフェクト・エンジェルに入れても十分強い。
でも、専用にデッキを作ってみても、凄い強い、って事なんだ。


八重子

八重子「んー。全然話が見えてこないですわ…結局どんなデッキを作るのかしら?」

パーフェクト・エンジェルでは《知識の精霊ロードリエス》が見事な脇役として主役を引き立てていた!

これから作る《知識の精霊ロードリエス》デッキで、主役を引き立てるのは…こんなカード達だ!
アクア・ガード賀正電士メデタイン蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ

みよ!この1マナ・コモン・ブロッカー軍団!

八重子

八重子「えー…八重子、コモンとか1マナとか格好悪くて嫌ですわ…」

こら、八重子ちゃん!

どんなカードにだって、それにしかできない役割があるんだ!

これらの1マナのブロッカーたちが《知識の精霊ロードリエス》を最高に輝かせてくれるんだぜ!

八重子

八重子「そんな事言っても……もっと巨大なカードとか、超レアカードとかでドカーンと勝ちたい八重子なのですわ。
大体、八重子の大好きな《知識の精霊ロードリエス》がそんな格好悪いコモンとピッタリなわけがないですわ」

うーん……なんて説明したら分かってもらえるかな…

じゃあさ、ココに3種類の1マナブロッカーと《知識の精霊ロードリエス》
ちょっとだけカードを足したデッキが有るからちょっと動かしてごらん。

あ、最初から5マナくらい置いといていいよ。

八重子

八重子「なんか、訳分からない事やらされるのね…
えっと《知識の精霊ロードリエス》を出して…次のターンにチャージして6マナ…
《アクア・ガード》
をバトルゾーンに…ドローして《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》
ドローして
《賀正電士メデタイン》……あれ?

どうだい?

八重子

八重子「な、なんか凄い……ブロッカーが止まらない……マナがある限りブロッカーが出る感じですわ

そう!

《知識の精霊ロードリエス》の一番の特徴は、マナさえ有ってブロッカーを出し続ければ手札が尽きないというところ

だから、できるだけ軽いブロッカーでデッキの中身を固めると、
もの凄い量のブロッカーを一気にバトルゾーンに出せちゃうんだ!


八重子

八重子「きゃー、これすごいですわー」

うん、なんか全然僕の話聞いてないけど、八重子ちゃんなりに満足してくれてるみたいだしオッケーだね。

というわけで、作り上げたのがこのデッキ

枚数 コスト 文明 名前 収録弾 パワー
4 1 蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ DM28 2000
4 2 光陣の使徒ムルムル DMC46 2000
4 7 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン DMC52 5500
3 5 スーパー・スパーク DMC50 -
4 6 ヘブンズ・ゲート DMC50 -
1 4 サイバー・ブレイン DMC50 -
4 1 アクア・ガード DMC42 2000
4 1 賀正電士メデタイン DM30 2000
4 2 コスモ・ポリタン DM31 1000
4 3 光/水 王機聖者ミル・アーマ DMC52 3000
4 5 光/水 知識の精霊ロードリエス DMC52 4000
図解

 

デッキの動かし方
八重子

八重子ものすごい量のカードをプレイしまくれて幸せな八重子なんですけど、
このブロッカー達、みんな攻撃できないですわ

そこで、またもエントリーパック ゼロが大活躍!

覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
八重子

八重子「あ、八重子の大好きな《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》!」

ん?《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》も大好きなの?

八重子

八重子「八重子の《天海の精霊シリウス》ちゃんが《ヘブンズ・ゲート》から
スピードアタッカーになってくれちゃいますからね」

あぁ、そういえばエーツーくんも言ってたね、そんなこと。

今回の《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》の役割は…
ズバリ、大量のブロッカー軍団で一気にとどめをさす助けをすることなんだ!

八重子

八重子「そんなこと可能なんですの?」

いや、八重子ちゃん!

《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》の能力は、相手を攻撃出来ない効果を無くすってだけで、
スピードアタッカーを付けるわけじゃないからね。


八重子

八重子「あ、そうだったんですか?
いつも《ヘブンズ・ゲート》からのとどめでしか使って無かったから知りませんでしたわ」

うん。できれば、カードの効果は正しく覚えた方が良いよね。

八重子

八重子「はーい、気をつけまーす!」

なんか、八重子ちゃん素直になったよね。

八重子

八重子「そうじゃないと、主任様やエーツー様がデュエマしてくれなくなっちゃうじゃないですか……」

あ、うん。ありがとう。

光陣の使徒ムルムル王機聖者ミル・アーマ

このデッキには他にも、エントリーパック ゼロからは《光陣の使徒ムルムル》《王機聖者ミル・アーマ》が投入されているぞ!

《光陣の使徒ムルムル》は言うまでもなく、自分のブロッカーを超強化!

《王機聖者ミル・アーマ》《ヘブンズ・ゲート》なんかを使い易くするだけでなく、
このデッキが苦手とする《ローズ・キャッスル》なんかの城相手にも役にたつんだ!

八重子

八重子「あ、《王機聖者ミル・アーマ》って普通に相手を攻撃できるんですわね」

うん、できるんだ!

そして実はこのデッキ、エントリーパックとエントリーデッキのカード以外は全部コモンで出来ているんだ!

八重子

八重子「それなのに、こんなに八重子ジェットストリームなデッキになるなんて…
八重子、コモンカードを侮ってましたわ」

うんうん、分かってくれると嬉しいね。

八重子

八重子「でもホント、カードをバンバン使っていくのが大好きな八重子にピッタリのデッキですわね。
今度は1ターン目から回してみますわ。えーっと、1ターン目にマナをチャージして《賀正電士メデタイン》召喚…

八重子ちゃん、ストーーーップ!

八重子

八重子「なんですの、主任様。びっくりするじゃないの」

ごめんごめん。

このデッキ、とにかくバンバン、カードを使いまくれる気持ちいいデッキなんだけど、
1
ターン目に1マナのブロッカーを出すのはやめた方がいいよ。

八重子

八重子「なんでですの?」

うんとね、相手が速攻デッキでも無ければ、
ブロッカーはできるだけ《知識の精霊ロードリエス》を出した後に出したいじゃない。だって、その方がお得でしょ?


八重子

八重子「……むぅ」

えっと、分かってもらえたかな?

八重子

八重子「うーん、バンバンとカードを使いまくりたいところですけど…たしかに主任様の言うとおりですわね。
手札にとっておきますわ

基本的に気をつけなきゃいけないところはそれぐらい。
あとは、調子に乗ってカードを引きすぎると、山札が無くなって負けに

八重子

八重子「よーし、じゃあ、このデッキでまたエーツー様と勝負してきますわ!」

あー、話を最後まで聞かないうちにあんなに遠くに

八重子

八重子「あ、主任様ー。ありがとうございましたー!」

エーツーくんにエントリーデュエルじゃないよってちゃんと伝えてあげてねー


うーん、エーツーくんの持ってるナイト速攻だったら、そこそこいい勝負のハズだけど…相手が八重子ちゃんだからなぁ…

まぁ、八重子ちゃんが引きすぎて山札無くなるのを祈るしかないかな。

ちなみに《知識の精霊ロードリエス》と組み合わせるブロッカーはコストが少なければ少ないほどいいから、
実はこんなカードも使えちゃう!

魔光騎聖ブラッディ・シャドウ巡霊者ウェビウス

そう、G・ゼロだね!

君の創意工夫でこのデッキはもっともっとパワーアップさせられるぞ!

さぁ、君もカードを使いまくる快感に酔いしれよう!


今回の記事をダウンロード

TM & © Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
(C) TOMY 株式会社タカラトミー