詳しくはこちら
DMデッキ開発部NEX
DMデッキ開発部NEX
最新構築デッキバックナンバー記事検索開発部の軌跡TOPへ戻る Vol.20 開発部番外編!?夏休み特別企画、DMルール解説部NEX!!
開発部番外編?
アン

アン「主任、ちょっと聞いてもらっていいっすか?」

お、自然文明大好きのアンちゃんじゃないか。

もしかして33弾のデッキについてかい?

アン

アン「おっと、主任のエスパー能力もそこまでっすね。
アンちゃんがいつも同じ質問ばかりしてるとしたら、大間違いっすよ」

あれ?珍しい。

アン

アン「今日聞きたいのはルールの話っす」

ルール?

アン

アン「そっす。こないだ、光文明大好きの八重子ちゃんとデュエマしててこんなことがあったんすよ」

八重子ちゃんと?負けた?

アン

アン「負けたんすけど、ちょい納得いかないことがあったんすよ」

ん?なにが?

アン

アン「八重子ちゃんはパーフェクト・エンジェルに神化編のカードを入れたデッキを使ってたんすけど…」







数日前

八重子

八重子「八重子、《ヘブンズ・ゲート》をつかいますわ!
バトルゾーンにだすのは、《白騎士の精霊アルドラ》が2体ですわ!」

ヘブンズ・ゲート白騎士の精霊アルドラ
アン

アン「おー、さすが八重子ちゃん、クリーチャーがでけぇっすね。
アンちゃんのシールド残り3枚すから、次のターンに2体攻撃でトリガーなければアンちゃん負けっすね。
まぁ《白騎士の精霊アルドラ》が攻撃してくる前にアンちゃんのでかいクリーチャーたちの
アタックでゲームがザ・エンドする
っすよ」

八重子

八重子「ジ・エンドですわよ」

アン

アン「知ってるっす。わざとっす」


八重子

八重子「違いますわ。アン様のゲームがジ・エンドなんですわ」

アン

アン「へ?なんでっすか?」


八重子

八重子《ヘブンズ・ゲート》で同時にでたので、《白騎士の精霊アルドラ》はアン様を攻撃できるんですわ!
はい、T・ブレイクをお願いしますですわ」

アン

アン「え?そんなインチキあるんすか?だいたい召喚酔いじゃないっすか


八重子

八重子「だって《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイブン》も、召喚酔いでも攻撃できるようになりますわ!」

覚醒の精霊ダイヤモンド・エイブン
アン

アン「あー、うーんそうかもしれないすけど。
っていうか、同時だったら、どっちもでた後にブロッカー召喚してないからだめじゃないすか?

八重子

八重子「どっちもちょっと後なんですの!」

アン

アン「いや、わからんす、むずいすね」


八重子

八重子「だって、そのために《白騎士の精霊アルドラ》いれたんですもの!さぁ、T・ブレイクですわ!」

アン

アン「んー、納得いかんすけどねぇ…んー、トリガーもないすね。ますます納得いかんすねぇ


八重子

八重子「不運はしかたないですわ」

アン

アン「ふうん」


八重子

八重子「そのギャグ面白いですわね!」

アン

アン「面白かったなら満足っす」


八重子

八重子「じゃあ、ダイレクトアタックで八重子の勝ちですわね。ありがとうございました、ですわ」



回想終了







アン

アン「というわけっす。よくよく考えたら『不運』と『ふうん』も別に面白くなかったっすし、
なんとなくモヤモヤして主任のところにきたってわけっす」

それは八重子ちゃんがルールを間違えているよ!

八重子

八重子「ちょっとまってですわ!」


八重子

八重子「八重子できると思ったからデッキに《白騎士の精霊アルドラ》いれたんですもの!
できなかったら困りますわ!

ルール的にできない事を勝手に
できるようにしちゃう方がもっと困るよね。


というか、そういうルールをキチンと把握していないと、八重子ちゃんみたいに間違えたデッキを作っちゃうこともあるね…

じゃあ、今回の開発部は、
番外編としてルール解説部NEX!にしちゃおう!


アン

アン「デッキはつくらないんすか?」

ルールを覚えるのも大事だよ。

《ヘブンズ・ゲート》と同時の処理

さて、さっきの状況だけど…ふたつ間違いがあったのにきがついたかな?

アン

アン「ひとつは《白騎士の精霊アルドラ》の能力すか」

正解!

もう一度、両方のカードを確認してみよう。

覚醒の精霊ダイヤモンド・エイブン白騎士の精霊アルドラ
八重子

八重子「どちらも相手へ攻撃できないのをできるようにしてますわ!」

いやいや。相手に攻撃できない障害を全部《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイブン》は消してくれる。
だから、召喚酔いでも大丈夫。


八重子

八重子「でも、《白騎士の精霊アルドラ》ブロッカーをバトルゾーンにだせば、攻撃できるようにしてくれますわ

そんなこと書いてある?

《白騎士の精霊アルドラ》は、ブロッカーをださなければ相手プレイヤーに攻撃ができない、ってだけだよ。

八重子

八重子「同じことじゃないかしら?」

アン

アン「んー、《白騎士の精霊アルドラ》には普段、相手プレイヤーを攻撃できないって能力があって、
ブロッカーをだした時だけ解除される
から、別に相手プレイヤーを攻撃できない効果を
全部無効化してくれるわけじゃない
、ってことっすか」

お、アンちゃん、理解早いね。

で、もうひとつの間違いはわかるかな?

八重子

八重子「…もしかしたら、《ヘブンズ・ゲート》
でるの同時じゃないのかしら?」

そう!その通り。

もっと言ってしまおう。

デュエル・マスターズには同時という概念は無い!

アン

アン「えー、でも《ヘブンズ・ゲート》は2体同時にだしてるじゃないっすか!」

うん、それは同時に見えるだけで、実は1体ずつ順番にでてくるんだ!

八重子

八重子「…ってことは、《白騎士の精霊アルドラ》が2体でるときも、順番に1体ずつでてるってことかしら?」

そうだね。

つまり、相手プレイヤーを攻撃できない能力が解除されるのも1体だけなんだ。

アン

アン「まぁ、どうせ召喚酔いしてるっすけどね」

そうだね。召喚酔いを他の能力で消さないと、結局攻撃はできないね。

アン

アン「じゃあ、関係ないじゃないすか」

いや、その順番をちゃんとしらないと、次みたいな時に困るよ。

《知識の精霊ロードリエス》が《ヘブンズ・ゲート》で2体でた場合引けるのは何枚?

八重子ちゃん、《ヘブンズ・ゲート》《知識の精霊ロードリエス》も大好きだよね?

知識の精霊ロードリエス
八重子

八重子「そりゃ、もちろん大好きですわ!」

じゃあさ、《ヘブンズ・ゲート》《知識の精霊ロードリエス》
2枚だしたら、引けるカードは何枚?


八重子

八重子「え?同時にでてるから、《知識の精霊ロードリエス》が2体いる状態で、
ブロッカーが2体でてきてる
ので…4枚だと思いますわ」

残念!不正解!

アン

アン「あ、そうすね。これも順番にでるんすもんね

そうそう。ってことは何枚?

アン

アン「んー、まず、1枚目の《知識の精霊ロードリエス》がでて、1枚
そして2体目がでて、2枚合計で3枚すね

そう、引けるカードは3枚なんだ。

続けてちょっと難しい質問するけど、このカード引くのはいつ?

アン

アン「え?《知識の精霊ロードリエス》がバトルゾーンにでた時じゃないんすか?」

ってことは、《ヘブンズ・ゲート》を解決してる最中に《知識の精霊ロードリエス》がバトルゾーンにでて、
3枚引いて、《ヘブンズ・ゲート》が完全に解決するってこと?

アン

アン「そういうことっすね」

じゃあさ、《ヘブンズ・ゲート》《魔光王機デ・バウラ伯》をだした場合、《ヘブンズ・ゲート》
まだ解決してないから《魔光王機デ・バウラ伯》《ヘブンズ・ゲート》は回収できない
、ってことかな?

八重子

八重子「八重子は回収できると思いますわ」

うん、八重子ちゃん正解。

答えは《魔光王機デ・バウラ伯》で回収できる、だよ。

アン

アン「わからんすね、それ」

それを説明するためには、

同時に効果が発生した時の処理

呪文の解決中に効果が発生した時の処理

のふたつを知らなきゃいけないんだ。

八重子

八重子「主任様」

なに?

八重子

八重子「さっき、同時はないっていったですわ」

でも、事実として、同時に色々発生しちゃうことはあるでしょ。

アン

アン「あるっすね」

大体、さっきの例で言えば、2体目の《知識の精霊ロードリエス》は、2枚引いてるわけじゃなくて、
ブロッカーがでた時にカードを1枚引く、って能力が同時に2回発生してる
わけだからね。

八重子

八重子「そういう風にもみれるんですね」

というか、そういう風にしかみれないんだ、本当は。

普段はあんま気にしないで2枚引いちゃっていいけど、一応、
なんか面倒くさい状況になっちゃった時のために、本当はそうだって知っておくのがいい
かもね。

アン

アン「で、同時がないのに同時っていう矛盾はどうするんすか?
アンちゃん矛盾は好きっすけど、好きってだけじゃいきてけないっすよ」

んーとね。

そうだ、八重子ちゃんとアンちゃんは女の子だからショッピングは好きだよね。

八重子

八重子「好きですわ」

アン

アン「そっすね」

ショーウィンドウに並んだ商品を眺めるだけでも楽しいよね。

アン

アン「アンちゃんはそっちの方が楽しい、まであるっすね」

八重子

八重子「なんの話かわからないですわ」

んーとね、まず、なにも商品が無いショーウィンドウがあると思って。

アン

アン「どこにっすか?」

みんなの心の中さ!

で、その心の中のショーウィンドウには商品じゃなくて、発生した効果が並べられるんだ。

アン

アン「どこにっすか?」

だから、心の中に。

たとえば、この例の場合は、ショーウィンドウに『カードを1枚引く』っていう商品が3つ並ぶんだ。

そして、ショーウィンドウの商品の中から
解決したい商品を好きな順番で選べるんだ!

アン

アン「好きな順番に選べるってことっすか?」

うーん、選ぶのは好きな順番で選べるけど、順番を決める必要はないよ。

八重子

八重子「選んで、解決したら、また選ぶ、ってことですわね」

そうそう。

アン

アン「なんか違うんすか?」

うーんと、たとえばさ、その時に《邪道神キキ》《外道神カイカイ》がG・リンクしていたとしようよ。

邪道神キキ&外道神カイカイ
そうすると、カードを引くたびに、相手にカードを捨てさせる効果が発生するよね?
アン

アン「そうっすね」

さっきの『カードを1枚引く』って商品が3つ並んでる状態で、1つ選んで解決すると、
今度は『カードを1枚捨てさせる』って商品がショーウィンドウに並ぶことになる。

八重子

八重子「自由に選べるってことは、発生した順番に関係なく『カードを1枚引く』でも
『カードを1枚捨てさせる』でも選べる
ってことなのかしら?」

そうそう。ショーウィンドウに並んでる商品は、並んだ順番に関係なくえらべるんだ。

で、じゃあ、いつ選べるか、なんだけど。

ショーウィンドウの商品は呪文の解決中は選べないんだ!

まぁ、呪文の解決中は呪文解決するのに忙しくてショッピングする余裕無いって思っててくれればいいよ。

図解
八重子

八重子「だから《魔光王機デ・バウラ伯》《ヘブンズ・ゲート》回収できるんですわね」

そうそう。

呪文の解決中は呪文の解決に専念する。

これが基本的なルールだ。

《蒼神龍ヴェール・バビロニア》でカードを2枚引くのはいつ?
トモ

トモ「ちょっと待ってください、主任!」

水文明大好きのトモちゃん、どうしたの?

トモ

トモ「ここで今週のトモちゃんチェックです!」

蒼神龍ヴェール・バビロニア
トモ

トモ「このカードを見てください!」

アン

アン《蒼神龍ヴェール・バビロニア》すか」

トモ

トモ呪文中に発生した効果は呪文が解決するまで選べないなら、
《蒼神龍ヴェール・バビロニア》
の能力で《エナジー・ライト》の効果を置き換えた場合どうするんですか?」


八重子

八重子「えっと、置き換えた効果がドロー1枚ごとにひとつずつショーウィンドウにならんで、
《エナジー・ライト》の解決後に選ぶ
、ってかんじかしら」

トモ

トモ「じゃあ、そこでさっきみたいに《邪道神キキ》《外道神カイカイ》がいたら、
2枚引くごとに、2個『1枚捨てる』がショーウィンドウに並んで、自由に選べる
ってことになりますか?」


アン

アン「そういうことになるっすね」

トモ

トモ「ならないですよね、主任!」

うん、ならない。

アン

アン「え?なんでっすか?」

さっき、呪文の間はショーウィンドウの中から選べないっていったけど、置き換える効果は例外なんだ。

置き換える効果はショーウィンドウに並ばない!

八重子

八重子「ちょっと混乱してきましたわ」

んっとね、置き換えてるから呪文の効果の一部に溶け込んだ、って思ってくれればいいよ。

つまり、置き換えの効果は即解決するんだ。

八重子

八重子「なるほどですわ。発生してるわけじゃなくて、置き換えてるから呪文の一部になってるってことですわね」

アン

アン「あ!」

どうした、アンちゃん。

アン

アン「アンちゃん、すごいこときがついたっす」

なんだい?

アン

アン《蒼神龍ヴェール・バビロニア》の能力で置き換えて引くことになった2枚を、
さらに《蒼神龍ヴェール・バビロニア》で置き換え続ければ、好きなだけひけるっすし、
好きなだけ墓地にカード捨てられるからウハウハ
じゃないすか?」

八重子

八重子「本当ですわね!それはすごいですわ!」


トモ

トモ「それはわたくしも気がつきませんでしたわ。
《蒼神龍ヴェール・バビロニア》、すごい強いカードですね!惚れちゃいます!」

いや、君たち、えーと…

プルルルル

ヤギー

ヤギー「主任、早くできないって教えてあげてください」

主任K

主任K「なんて説明したらいいかなぁ」


ヤギー

ヤギー「できないったらできないでいいじゃないですか。
ひとつの効果で置き換えられるのは1回まで。置き換えたものを置き換えられない
って」


主任K

主任K「それで納得してくれるかな?」

ヤギー

ヤギー「大丈夫です」


ガチャ

ツーツーツー

……ってことらしいんだけど…

アン

アン「それは残念っす」

八重子

八重子「残念ですわ」

トモ

トモ「残念です!」


あ、納得するんだ。

《神羅スカル・ムーン》が破壊を置き換えた先は置き換えられるか?
シュウ

シュウ「ちょっと、まった!
わたしは納得していないぞ!開発部K!」

あ、えっと…闇文明のナントカのシュウくん

シュウ

シュウ闇文明の貴公子ですよ。いい加減覚えてください。
置き換える、だと神化編のこのカードをわすれてはいけないですよ」

神羅スカル・ムーン
シュウ

シュウ《神羅スカル・ムーン》です!コイツは自分が破壊されるのを置き換えますよね」

ん?《邪魂創世》《神羅スカル・ムーン》にうった場合?

邪魂創世

いままでの解説で説明できるでしょ。

《邪魂創世》の解決の最中に《神羅スカル・ムーン》を破壊した場合、
その時に置き換えて相手のクリーチャーを破壊、それからカードを3枚引くよ。

シュウ

シュウ「いや、それも知りたかったんですけど、問題はもっと大きいところにあるんです!」

いちいち大げさだね。どうしたのよ。

シュウ

シュウ置き換えた効果は置き換えられない、だと、さっきの状況で相手のシールドフォースしている
《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を選んだ場合…おかしいこと
になりますよ」

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
シュウ

シュウ《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》も、
破壊されて場から離れる効果を置き換えて場から離れなくなりますよね

そうだね。

シュウ

シュウ「でも、この破壊は一回《神羅スカル・ムーン》で置き換えられてるから…
もう、置き換えられない、つまり、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》
シールド・フォース状態なのに破壊されてしまう
んですよ?」

八重子

八重子八重子のパーフェクトなギャラクシーはそんなことで破壊されないですわ!」


アン

アン「たしかに、パーフェクトなのに、それはおかしいっすね」

いや、その場合《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の置き換えは発生しない、であってるよ。

《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》
破壊されて墓地におかれる、つまり場を離れるよ。


八重子

八重子「えー、八重子の《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》が…」

アン

アンどんなにパーフェクトに見えても欠点があるのが世の常っすよ


置き換えたものはもう置き換えられない!

これは、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》ですら墓地におとせるくらい重要で絶対なルールなんだ。

図解
トモ

トモ「たしかに、そうしないと《蒼神龍ヴェール・バビロニア》はなんでできないの、ずるい!
ってなっちゃいますもんね!」

そういうこと。

質問募集!
エーツー

エーツー「主任!僕も質問があるんですけど」

火文明大好きのエーツーくんじゃないか、ずいぶん久々だね。

エーツー

エーツー「僕もびっくりなぐらい久々です。で、質問いいですか?」

んー…今日はもうずいぶん長くなっちゃったからなぁ…

八重子

八重子「もう終わりですの?」

アン

アン「アンちゃん、もっとルールのこと知りたいっす」

トモ

トモ「わたくしもです!」

シュウ

シュウ「わたしも、《死神術士デスマーチ》について聞きたいことが…」


よし、わかった。

みんながルールに興味があるのはわかったし、デッキ作る上で重要だからね。

ルール特集は、今回だけじゃなく、またやる!約束しよう!

今回はルールの基本がメインだったけど、個別のカードでも疑問はあるはず!

もちろん、この記事をよんでいる君にもあるだろう!

是非アンケートにルールの質問を書き込んでくれ!

次回は、みんなの質問にどしどし答えるぞ!

さぁ、君もこの機会にデュエマの疑問を解き明かそう!







そういや、アンちゃんが本当に女の子かって質問が前にあったよ。

アン

アン「またオチっすか。余計なお世話っすよ」


今回の記事をダウンロード

TM & © Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
ここからフッターメニュー
ページの終わり