デュエル・マスターズ クリエイターズ・レター その18 新2弾「マジでB・A・Dなラビリンス!!」と、超デュエマフェスと、DMPランキングについて

「マジでB・A・Dなラビリンス!!」、について

以前のクリエイターズ・レターでお伝えしたかもしれませんが、今年はデュエマにとってもの凄く大事な一年だったりします。

まず第一に、今年は15周年という節目の年なんです。ツイッターでも皆様に大盛り上がりして頂いたので、もしかしたらご存じかもしれません(#DuelMasters15years 参照)

一番最初の「DM01」が発売されたのが2002年5月30日。そうです。もう15年も前のことだったりします。月日が流れるのは早いもんですね。15年といえば生まれたての子供が中学校卒業を迎えるわけですし、カップラーメンだと260万個以上が連続完成してしまう時間です。とてもじゃありませんが、そんなには食べきれません。せめて半分はカップ焼きそばにして頂かないと。頂いても無理ですが。

第二に、今年は主人公が代替わりした年であります。勝舞から勝太が引き継いだバトンが、今年、まだ小さかったジョーに手渡されました。

主人公が変わる。文字にすると僅か7文字ですが、これは本当に大変なことです。

例えば、ちょっと想像してみて下さい。親が変わる。兄弟が変わる。姉妹が変わる。恋人が変わる。どれをとってみても、簡単には受け入れられない出来事です。勿論、ジョー君はリアルの存在ではありませんが、愛情を抱いて接して頂くという行為は同じです。

そして第三の理由は、ゲーム中の世界観が大きく変わった年だからです。

発売済みの新1弾「ジョーカーズ参上!!」では、各文明に新種族が誕生しました。

光文明には、メタリカ。
水文明には、ムートピア。
闇文明には、マフィ・ギャング。
火文明には、ビートジョッキー。
自然文明には、グランセクト。

新種族だけではありません。新主人公ジョー君の筆によって、新文明まで誕生してしまいました。そう、新1弾のタイトルにも入っているジョーカーズです。

ジョニーを中心とするジョーカーズが競技シーンでも既に大活躍を収めているってのは皆様ご存知の通り。これは、デュエマが15年という長い歴史を持つゲームであることを踏まえると、かなり凄いことだと思います。勿論、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》《破界秘伝ナッシング・ゼロ》《戦慄のプレリュード》といった過去カードの手助けもあってこそですが、それ以外は愉快な新顔達。ジョーカーズ、非常に頑張ってます。

ただ、ジョーカーズ以外の新種族達はまだそこまで頑張れていません。

ビートジョッキーやムートピアを軸にしたデッキは競技シーンで幾つかの入賞実績を残しました。また、《異端流し オニカマス》《桜風妖精ステップル》《凶鬼34号 バッシュ》等といったカードは、非常に多くのデッキに出張採用されています。

ですが、私達や皆様が「新種族デッキ」に求めていた「大活躍」には、残念ながらまだ至っておりません。

ですが、その流れにはちょっと変化が訪れるはず。

そうです。6/24(土)に、新2弾「マジでB・A・Dなラビリンス!!」が発売になるからです!

ジョーカーズやメタリカやビートジョッキーといった新種族の仲間達は新2弾にもたんまりと収録されています。カードが増えれば、やれる戦略にも幅がでますし、戦略自体の強さのレベルも引き上がります。デッキの組みやすさだって大きく向上します。

新種族達にチャンス到来なのです。

ただし、その一方で既存のデッキ達も様々な武器を手に入れます。ですので、新2弾が登場した結果を正確に予想することはできません。新種族だけじゃなく、あらゆるデッキ、あらゆる戦略に可能性があるからです。

我々も日々懸命にテストを繰り返していますが、皆様の開発力や発想力が度々それを上回ることは皆様ご存じの通り。

新2弾の登場で世界がどう変わるのでしょうか。今から楽しみでなりません。

ですが、新1弾と新2弾で、確実に変わることが1つあります。既に発表済みのことですが、改めてそれをお伝えしておこうと思います。

新1弾のマスター・カードはジョリー・ザ・ジョニーただ1種でした。それは、新主人公ジョー君の切り札と出会うチャンスをいつもの通常弾よりも高めたかったからです。一番大事なカードの出現率を高めることについては我々の中でも多くの議論がありました。危険じゃないか?という意見もありました。ですが、それよりもジョニーに触れてもらうことを優先することに決めたのでした。

結果、良かったことと、そうでもなかったこと、両方がありました。ここは難しい部分ですね。ハードルが高すぎると諦めてしまう可能性が増えますが、低すぎると超えた喜びが物足りなくなる時がある。難しい。日々勉強です。

で、新2弾です。新2弾では、いつもの通常弾と同じように2種類のマスター・カードをご用意致しました。それが…

キラが使う光のメタリカの切り札《オヴ・シディア》と
ボルツが操る火のビートジョッキーの切り札《“罰怒“ブランド》です。

マスター・カードが登場したことで、メタリカを始めとする光デッキと、ビートジョッキーを軸とする火デッキの盛り上がりは大きく高まるはずです。ご期待下さい。

というわけで、改めて。

新2弾「マジでB・A・Dなラビリンス!!」は、6/24(土)発売でございます。よろしくお願いします!!

*超デュエマフェスについて

皆様、とことん楽しく遊べる店頭イベント、「デュエマフェス」にもう参加頂けましたでしょうか?

デュエマフェスは最も身近なイベントですが、その一番の特徴は、「楽しむことが一番大事」ということです。デュエマ好きな人同士が集まり、一緒に遊び、知り合いや友達を増やしていく。それこそ我々がこのイベントによってお手伝いしていきたいと考えていることです。デュエマフェスでは勝ち負けはあまり関係ありません。楽しく遊べれば、みんなの勝利。

というわけで、デュエマフェスで手に入る豪華なプロモカードも、誰が入手するかは参加者皆さんによるじゃんけん大会で決めていただいてます。イベントに来て下さった皆様に等しく獲得のチャンスが。そういえば。こないだ、《ウラNICE》が言ってたのですが、

来週はグーを出すと勝ちやすいみたいですよ!

いえいえ、お代は結構です。

さて、超デュエマフェスに話題を移しましょう。

超デュエマフェスは、デュエマフェスに「超」が付くイベントなわけですが、いったい何が「超」なのでしょうか? その答えは簡単です。

超デュエマフェスは、デュエマフェスの3倍凄い!!!

見た目が解りやすいように「!」を3つにしてみましたが、それだけじゃピンと来ないと思いますので、もうちょっとちゃんとまとめてみたいと思います。

○超デュエマフェスのここが3倍!!! その1

「参加賞パックが3倍もらえる!」

普通のデュエマフェスだと、イベントに参加するとデュエマフェスパックが1パックもらえます。
ですが、超デュエマフェスなら、イベントに参加するだけでデュエマフェスパックが3パックもらえちゃうんです。

1パックと3パック。解りやすく3倍です。

○超デュエマフェスのここが3倍!!! その2

「ジャンケン大会を3倍やっちゃう!」

普通のデュエマフェスでは、イベント1回につきジャンケン大会は1回だけです。
ですが、超デュエマフェスでは、イベント1回につきジャンケン大会を3回も開催します。

1回と3回。こちらも、解りやすく3倍です。

そんな超デュエマフェスは、最新の拡張パックが発売された週に期間限定で開催されます。ということはつまり…

次回は、新2弾発売に合わせ6/24(土)~25(日)に開催!!!

自然な流れ! というわけで、大変お得な超デュエマフェス、是非一度お越し下さい。

開催店舗一覧は、こちらに。

で、一個ちょっと残念なお知らせ。

前回の超デュエマフェスでは来て下さった皆様にお菓子をお渡ししてたのですが、今回はとある事情により無しとさせて頂きます。

参考までに、前回お配りしたのがこれ。

勘のいい方は、とある事情が何なのか解っちゃったかもしれませんね。そうです。

ピーピーピー 

そりゃあ吹きますよね。だってそういうお菓子ですし…。

盲点。

いえいえ嘘です。ちゃんとそれも考慮しつつ、選択肢の中から一番いいものを選んだわけでございます。ですが、やはりちょっと色々と。

というわけで、いったんお菓子の配布は中止に。

ですが、より幅広い方々に、超デュエマフェスに来てほしい、デュエマに触れてもらいたいという思いは変わりません。また機会を伺いつつ、新たなチャレンジに挑戦したいと思います。

よろしくお願いします。

DMPランキングについて

2015年にスタートしました「競技向け施策強化プロジェクト」の第二弾、それが「DMPランキング」になります。

その通常運用が5/1に無事スタート致しました。そして、非常に沢山のプレイヤーに登録頂き、順調に稼働を続けております。プレイヤーの皆様、イベント運営の皆様、本当に有り難うございます。

DMPランキングの骨子はいたって簡単。

  • (1)まずは、DMPランキングの公式サイトでプレイヤー登録
  • (2)DMPランキング対象大会(エリア代表決定戦以上の全国大会、グランプリ、超CS、公認CS)に参加
  • (3)週一回、結果に応じたポイントが自動加算
  • (4)ランキング次第で、様々なメリットが!!!

詳しくは、説明頁(http://dm.takaratomy.co.jp/dmp_ranking/)をご覧下さい。

というわけで実際にDMPランキングがスタートしたわけですが、皆様感触はいかがでしょうか? 我々もマメに感想をチェックさせて頂いておりますが、ポジティブな反応を多く頂き、楽しんでもらっている気がします。

一方で、もちろん改善すべき箇所も。

そこで今回は、ネットなどで見かけました質問に勝手にお答えしてみたいと思います。

Q1プレイヤー登録で、DMPランキングからの自動返答メールが届かない
A1お使いのメール設定により、DMPランキング本登録を行うための自動返答メールを受信できない場合があります。「ドメイン指定受信」を設定されている場合は、ドメイン「dmp-ranking.com」を受信できるよう設定下さい。

Q2DMPランキングの名前は、他の人と被っても大丈夫?
A2他の人が登録済みの名前で登録することはできません。

Q3プレイヤー登録に失敗。もう一度挑戦したけど、最初の登録時に使った名前が使用済みになってしまっていて使えない。 
A3現在、改修を進めています。仮登録に有効期間を設定し、その期間が終了したら、仮登録した名前を解放し再び使えるようにします。(改修完了時期は未定です。しばらくお時間を下さい。)

Q4主催者による大会結果の入力が終わってるのに、ランキングに反映されていない。
A4ランキングの集計と反映は週1回だけ行われます。そのため、「大会結果の入力」と「ランキングへの反映」には時間差があります。まだ反映されていないようなら、次の集計・反映タイミングをお待ち下さい。

Q5大会結果が、なんか変。もうちょっと順位が上だったような。
A5大会結果の登録は主催者さんにお願いしております。主催者さんにお問い合わせ頂けますか。

Q6「2017年度終了時、各都道府県の上位5人に特製カードプロテクトをプレゼント」とありますが、プレイヤーが多いところは難易度が高すぎます。プレイヤーの数に応じて、プレゼント数も変えられないでしょうか?
A6ここは我々でも繰り返し議論した部分です。ちょっと長くなります。
DMPランキング導入により解決したかった事項の1つに「地域差」があります。例えば、グランプリの開催地もそうです。より多くのプレイヤーの利便性を考えた場合、現実的な選択肢は絞られてしまいます。また、公認CSの開催数にも、地域によって差が生じます。つまり、より良いサービスを提供しやすいエリアとそうではないエリアがどうしても生じてしまう。なので、何かしらプレイヤーが少ない地域を応援する施策を用意したかったのです。
また、それとは別に「年間優秀プレイヤー(上位100名)」に特製プレイマットをご用意します。そちらを狙う場合は「イベントが多いエリア」の方が明らかに有利。それとバランスをとりたいという意図もあります。

Q7DMPランキングは、これで完成?
A7いえ、まだまだです。A3でもちらっとご説明しましたが、裏側では更なるパワーアップを色々と検討し続けています。その内容は、制度的、利便性、見た目、多岐にわたります。末永く皆さんの楽しんで頂こうと思っておりますので、引き続きご期待下さい。
DMPランキングに関して要望や質問等がございましたら、デュエル・マスターズ公式ツイッター(https://twitter.com/t2duema)までリプライお願いします。個別の返答はできませんが、皆様の意見を参考にさせて頂きたいと思います。

あ、最後に一個追記を。

DMPランキングの説明頁にこんな記載がございます。

7/8(土)に開催される「超CS in 熊本」あたりで何かやりたいですね!

尚、ご提供する賞品や人数などは、現地で考えたいと思います。超CS in 熊本ではテキストカバレージも実施しますので、是非とも一緒にお楽しみ下さい。

最後に

というわけで、今後も迫りくる逆風を追い風に変え、バッキューンズッキューンドッキューーンとジョー君のように頑張っていきたいと思います。

次回の更新をお楽しみに。

ページの終わり