大会レギュレーション

基本ルール
※イベントに参加する際は事前にお店に確認をして下さい。
1)大会は、最新の「オフィシャル ルールブック」に従って行われます。
2)使うことができるカードは、現在販売されているものと各種プロモカードです。
3)デッキに入れることができるカードは40枚ちょうどで、
  その中に同じ名前のカードは4枚まで入れることができます。
4)大会終了までデッキの内容を変更することはできません。
5)スリーブは使うことができます。
  ただし、同じ色のスリーブでも目印などをつけないでください。
  スリーブに目印などがついていると、ジャッジがスリーブを
  はずすよう指示する場合があります。

対戦前
1)自分のデッキをシャッフルしたあと、相手プレイヤーと交換します。
  そこで相手プレイヤーのデッキが40枚あるかを確認します。
  次に相手のデッキをシャッフルして戻します。
2)シャッフル終了後にシールドを設置し、手札を引きます。
3)じゃんけんで勝ったプレイヤーが先攻になります。

対戦中
1)タップ・アンタップ・ドローは必ず行わなければなりません。
  忘れていた場合は、その時点まで戻ってプレイしてください。
  相手プレイヤーがタップ・アンタップ・ドローを忘れていた場合は、
  相手プレイヤーに教えてあげましょう。
2)相手プレイヤーのプレイでわからないことがあった時や、
  相手とカードの使い方が違った時は、まずプレイを止めて、
  手をあげてジャッジを呼びましょう。
3)デッキの内容に不正があった時は、その対戦は負けとなります。
  それ以前の対戦についても負けとなりますので注意しましょう。
4) 棄権などで相手プレイヤーがいない場合は、不戦勝とします。
  対戦の組み合わせは、その棄権したプレイヤーがいるものとして決定します。
5) 先攻のターン中に制限時間になっても、後攻のターンまでプレイを行います。
6) 制限時間になったときには、シールドの残り枚数の多い
  プレイヤーが勝者となります。
  また、シールドの残り枚数が同じ時は、相手プレイヤーより先に
  シールドが多くなったプレイヤーの勝ちとなります。


※競技レギュレーションは、開催される大会によって異なる場合があります。
 大会に参加する前に必ずチェックしましょう。平成15年7月現在