DM第16期~ プロモカード Q&A
ツインパクトに関するQ&A

ツインパクトカードは1枚のカードに2つのカードタイプを内包した新たなカードの種類です。
2つの異なるコスト、カードタイプを持ちますが、カードとしてそれらの特性を参照される時には常に正しい情報を参照されなければなりません。

ハザード・オウ禍武斗/禍武斗の轟印

《ハザード・オウ禍武斗》

コスト9
クリーチャー
*マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
*T・ブレイカー


《禍武斗の轟印》

コスト7
呪文
*このターン、自分のクリーチャーすべてのパワーを+12000し、「T・ブレイカー」を与える。


Q.このカードは《ディメンジョン・ゲート》で手札に加えることはできますか?

A.はい。できます。このカードはコスト9のクリーチャーであると同時にコスト7の呪文であるので、クリーチャーを探すことのできるカード、呪文を探すことのできるカード両方で参照することが可能です。


Q.呪文ではないカードを探す効果で、このカードのクリーチャー側を探すことはできますか?

A.いいえ、このカードはクリーチャーであり呪文なので、呪文ではないカードとして扱うことはできません。


Q.《ジョット・ガン・ジョラゴンJoe》で山札の上2枚を手札に加える時、このカードが含まれていました。コストをいくつとして数えたらよいですか?

A.カードとして参照される時は、適正なカードタイプのうち好きな方を選ぶことができます。この場合コストは呪文側の7としてもクリーチャー側の9としても数えることができます。


Q.《時の秘術師 ミラクルスター》の効果で、墓地のこのカードを手札に加える場合、このカードはコスト7あるいは9好きな方として数えられますか?

A.いいえ、呪文を参照とする場合、呪文部分の情報のみを参照します。この場合7として数えます。


Q.《超奇天烈 ベガスダラー》の効果で相手は山札の上のカードを見せました。そのカードがコスト4以下のクリーチャーとコスト5以上の呪文の組み合わせのツインパクトカードだった場合どうなりますか?

A.そのカードはコスト5以上のコストを含むため、最初の「バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべて手札に戻す」効果を発動させます。コスト4以下のコストを含みますが、カードとして「コスト5以上のカードではない」として扱わないのでカードを2枚引くことはありません。

カードがどのカテゴリーに属するか否かを問う場合、ふたつのうちどちらかがカテゴリーに属していればそのカードとして扱います。


Q.《ヴォルグ・サンダー》の効果で相手の山札の上のカードを墓地に置いた時、ツインパクトカードでした。呪文として扱ってクリーチャーが墓地に落ちたことにしないことはできますか?

A.いいえ、ツインパクトカードがどのカテゴリーに属するか否かを問う場合、ふたつのうちどちらかがカテゴリーに属していればそのカードとして扱います。この場合、墓地に置かれたツインパクトカードはクリーチャーとしてカウントされます。


Q.《S級不死 デッドダラー》で相手は山札の上のカードを墓地に置きました。それがツインパクトカードであった場合、コストを選ぶのは自分ですか?相手ですか?

A.二つ両方とも適正な特性を持つ場合、選択するのは効果の持ち主になります。この場合、デッドダラーを出した側のプレイヤーが、どちら側のコストを参照するかを選ぶことができます。


Q.《テック団の波壊Go!》の「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」という効果で、クリーチャー側がコスト7、呪文側がコスト4のカードを手札に戻すことができますか?

A.バトルゾーンにあるカードとして適正な状態はクリーチャーですので、クリーチャー側のコストの7のみを参照できます。この場合手札に戻すことはできません。


Q.《勝利宣言 鬼丸「覇」》で攻撃してガチンコ・ジャッジしました。相手がツインパクトカードを表にした場合、《勝利宣言 鬼丸「覇」》の持ち主は自分なので、自分がどちら側のコストか選ぶことができますか?

A.いいえ、ガチンコ・ジャッジは独立したルール処理で、カードを表にしてコストを決定するのはそれぞれのプレイヤーに責任があります。この場合、相手がめくったカードは相手がコストを決定することになります。


Q.ツインパクトカードのクリーチャー部分が既存のカードと同じ名前を持っているとします。これはデッキ構築する時にはあわせて4枚までしか入れられないのですか?それともそれぞれ4枚ずつ入れられるのですか?

A.ツインパクトカードはカードとして数える時は二つの部分の合わさった名前を持つカードとみなします。仮にクリーチャー部分が一緒でも、呪文部分が名前に追加された別のカードとなりますのでそれぞれを別のカードとみなして4枚ずつデッキに入れることが可能です。


Q.他のカードに「S・トリガー」を与える効果によって、シールドゾーンにあるツインパクトカードが「S・トリガー」を得ている場合、クリーチャーと呪文どちらか選んで使う事ができますか?

A.カードまたはシールドカードを指定している場合、それぞれが「S・トリガー」を得ているので、クリーチャーと呪文どちらかを選んで使う事ができます。ただし、カードタイプを指定して「S・トリガー」を与えている場合、そのカードタイプしか「S・トリガー」を得られません。

ページの終わり