デスクトップ壁紙の設定方法

Windowsの場合
ブラウザに表示された画像をそのまま壁紙に設定するには、
(1)画像の上でマウスを右クリックし、メニューを表示します。
(2)「壁紙に設定」(もしくは「背景に設定」など)を選択します。

画像をダウンロードした上で壁紙に設定するには、
(1)画像の上でマウスを右クリックし、メニューを表示します。
(2)「名前を付けて画像を保存」(もしくは「画像に名前を付けて保存」など)を
選択して、好きな場所に保存します。
(3)画面のプロパティ」で「背景」タブを選び、
「参照」ボタンで保存画像を指定します。
(4)「画面のプロパティ」は、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」
→「画面」を選択するか、デスクトップ上でマウスを右クリックし、
メニューから「プロパティ」を選ぶと表示されます。

Mac OSの場合
(1)画像の上でコントロールボタンを押しながらマウスをクリックして、
メニューを表示します。
(2)「画像をディスクにダウンロード」(もしくは「画像を別名で保存」など)を
選び、好きな場所に保存します。
(3)保存した画像を壁紙として指定します。
(OSのヴァージョンによって、壁紙の設定方法が異なります。)

Mac OS 8.5、8.6、9.0
「コントロールパネル」の「アピアランス」を開きます。
「デスクトップ」タブを選択し、「ピクチャの選択」ボタンで
保存した画像を指定します。

Mac OS 8.0、8.1
「コントロールパネル」の「デスクトップピクチャ」を開きます。
「ピクチャ」をクリックしてから、保存した画像をドラックアンドドロップし、
「デスクトップに設定」を押します。

Mac OS X
「システム環境設定」の「デスクトップ」で、
保存しておいたファイルを選択します。
(保存した画像を「現在のデスクトップピクチャ:」と表示された下に
ドラックアンドドロップすることで設定することも出来ます。)