TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP5th 決勝第1回戦:アツボー vs. たけし3号

遂に総勢2000名を超える選手の中から上位128名に絞り込まれたGP5th本戦。
彼らの手には光り輝く 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 のプロモーションカード。

だが、GPはここで終わりでは、ない。

今回は関西でもデュエル・マスターズ激戦区とされる大阪プレイヤーの同郷対決。

アツボーは、DMPランキングで目立った順位ではないが、ここまで勝ち上がって来た理由がある。彼の使用デッキは水闇のハンデスデッキ。しかし、ただのハンデスデッキにとどまらない。このデッキにはある伝家の宝刀が隠されているのだ。

対するたけし3号は大阪のDMPランキング堂々1位の猛者。アツボーも彼のことは知っていたようで「緊張します」と一言。

そんな彼の使用デッキは自然単ループ。 《ベイB ジャック》 からの怒涛の展開をし、シールドに触れずしていつの間にか相手の息の根を止めてしまう恐ろしいデッキタイプだ。

アツボーが制圧しきるか、それを潜り抜けてたけし3号がループを決めるか。

静と動、対照的なデッキタイプの試合が今始まる。

先手1ターンはたけし3号、 《トレジャー・マップ》 でいきなり 《ベイB ジャック》 を手札に加える。
最高の滑り出しともいえるこの動きにアツボー、たまらず息をのむ。

2ターン目にたけし3号、先ほど回収した 《ベイB ジャック》 をそのままキャスト。2ターン目には似つかわしくないパワー6000の巨大な赤子が君臨する。

返しの後手アツボーは 《特攻人形ジェニー》 で次の展開を防ぐためにたけし3号の手札の 《フィーバー・ナッツ》 を打ち抜く。

先手3ターン目たけし3号、ハンデス相手に手札を温存する方針に切り替えマナをチャージしてターンエンド。
ここがチャンスとばかりにアツボーさらに 《ブレイン・タッチ》 で手札破壊を刻みつつ、自身のリソースを増やしていく。

続く4ターン目、少し考えた末にたけし3号、ここもマナチャージをするにとどまりターンエンド。もはや手札は1枚しかない。完全にテンポを崩されてしまった。
ダメ押しとばかりに後手アツボー 《解体人形ジェニー》 でたけし3号の最後の手札を刈り取る。これにはたけし3号、たまらず苦笑い。
しかし、ここでたけし3号、反撃ののろしを上げる。トップの 《トレジャー・マップ》 から 《雪精 ジャーベル》 そしてその 《雪精 ジャーベル》 から《龍覇 マリニャン》 を回収。盤面と手札を同時に整えていく。
《龍覇 マリニャン》 を止めなければ自然単のループギミックのメインパーツである 《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》 が設置されてしまう。

だが、アツボー、ここにきてハンデスすることができない!このターンは 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》 を展開するにとどまった。

先手6ターン目、目論見通り 《龍覇 マリニャン》 を召喚するにいたったたけし3号。 《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》 を設置することでループ完成までの道のりを造る。
だが返しのアツボー、6マナタップ。 《超次元ガロウズ・ホール》 を唱え、自身の場の 《解体人形ジェニー》 を回収。次のハンデスカードを手札に加えたうえで、 《超次元ガロウズ・ホール》 の効果で場に出したのは 《勝利のガイアール・カイザー》
そのまま 《龍覇 マリニャン》 へアタック!!

すると同時に革命チェンジを宣言!手札から飛び出したのはアツボー伝家の宝刀……
《完璧問題 オーパーツ》 だ。

登場時の効果によりまずは2ドロー、そしてそのあと相手は自身の手札かもしくはバトルゾーンから2枚カードを選びそれらをすべてボトムに送らなければならない。

なんとか 《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》 を守り抜くたけし3号。 《口寄の化身》 でドローするもそのリソースの差を埋めることはできない。

後手7ターン目アツボー、 《超次元ガロウズ・ホール》《完璧問題 オーパーツ》 を手札に戻し再度 《勝利のガイアール・カイザー》 を場に出す。

そのままダイレクトアタックと同時に再度手札から切り出すのはもちろん、革命チェンジ 《完璧問題 オーパーツ》

ダブルブレイクによるたけし3号のリソース増加を 《完璧問題 オーパーツ》の登場時能力で着実に詰めていく。
シールドトリガー 《カブラ・カターブラ》《ベイB ジャック》 を回収するたけし3号。
ここから8ターン目、再度トップからの 《トレジャー・マップ》《バロン・ゴーヤマ》 を回収する。そして 《バロン・ゴーヤマ》 の効果で 《カブラ・カターブラ》 を山札からマナに置き、そのままマナから 《カブラ・カターブラ》 をキャスト。

回収するのは 《口寄の化身》 。ハンドを整え、反撃体制を整えることはできるのか。

そうはさせまいと返し後手8ターン目、アツボーは 《解体人形ジェニー》《ブレイン・タッチ》 でそれぞれ 《ベイB ジャック》《フィーバー・ナッツ》 を捨てさせ反撃の目を潰していく。

アツボーの攻撃はこれだけにとどまらない。 《完璧問題 オーパーツ》 でダイレクトアタックすると同時に今度は革命チェンジと侵略を同時宣言。
《完璧問題 オーパーツ》《S級不死 デッドゾーン》 が2枚侵略。さらにその 《S級不死 デッドゾーン》 を革命チェンジ!
《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 の登場でそれぞれの登場時効果によりたけし3号の盤面すべてを破壊しつくした。

返しのターンにたけし3号ができることは 《龍覇 マリニャン》《龍魂教会 ホワイティ》 を出し、 《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 の動きをとめることだけ。
後手9ターン目、アツボー 《龍素記号Sr スペルサイクリカ》 をプレイ。

墓地から 《超次元ガロウズ・ホール》 で寝ている 《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》 を回収。場に出すのはもちろん 《勝利のガイアール・カイザー》

プレイヤーへ攻撃、と同時に革命チェンジ 《完璧問題 オーパーツ》 でたけし3号の残りのシールドをすべてブレイクし、 《解体人形ジェニー》 でダイレクトアタックとなった。

Winner:アツボー

対戦後にアツボーに 《完璧問題 オーパーツ》 の採用理由を聞くと、水文明のドラゴンが好きで、どうにか使ってあげたかったと一言。

彼と 《完璧問題 オーパーツ》 の快進撃はどこまで行けるのか。ぜひとも最後まで見届けたいと思う。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY