TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY1 決勝第2回戦:dotto vs. アーチー

所属する調整チーム「YamadaPros」のTシャツを友人たちに着せられてフィーチャー席へ足を踏み入れたアーチーは、ここで今日一番の難敵と相対することとなった。

それは、先日「カードラッシュ」とのスポンサード契約が発表され、晴れて正真正銘のプロプレイヤーとなったdottoだ。
ただでさえ「魔王」の異名を取るdottoとの対戦は容易なものではないのだが……

「1勝6敗くらい」とアーチーは苦笑交じりで振り返る。

三重県に住むアーチーは、同じく関西を中心に活動するdottoとの対戦経験も少なくない。そして幾度も、どうにもならない内容での敗北を喫してきたのだという。

だがここは、いつものCSとは違う、GPの舞台。かかる物の大きさ、普段会うことはない遠方の友人の応援――
苦手意識を払拭するためにはこれ以上ないシチュエーションで今、試合が始まる。


先攻:dotto
先攻を得たdottoの初動は2ターン目《堅珠ノ正裁Z》
だがアーチーはその妨害をあざ笑うかのように、対『白単サッヴァーク』においてキーとなる《音奏 プーンギ》を召喚する。

1コスト重くなった《憤怒スル破面ノ裁キ》を唱えたdottoに対し、アーチーは軽快に《ナゾの光・リリアング》から《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《KAMASE-BURN!》と展開。
超GRゾーンからは《アネモⅢ》とともに《ドドド・ドーピードープ》も飛び出し、一気に盤面の戦力が揃ったアーチーは《音奏 プーンギ》《憤怒スル破面ノ裁キ》が重ねられたシールドを攻撃する。

シールドの中身を確認し「つい嬉しさが顔に出てしまったのを誤魔化すため」ひとつため息をついたdottoは、加わった《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》をサバキZで唱えて《音奏 プーンギ》を消し去ると、呪文のコスト増加がなくなった返しのターンには《集結ノ正裁Z》《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》《煌メク聖戦 絶十》を手札に加える。

表向きの裁きの紋章が3枚となり、攻撃を受ける態勢が整いつつあるdotto。アーチーはその防御網を突っ切るべく≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫を送り出した。
アーチーの場には他に《ドドド・ドーピードープ》《アネモⅢ》《ナゾの光・リリアング》と、除去された《音奏 プーンギ》が最後に生み落とした《無罪 TV-30》がおり、仮にdottoの防御が盾に置かれている《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》1枚だけであれば貫けるだけの打点数は揃っている。
アーチーはしばらく攻撃のパターンをシミュレートすると、まずは《ドドド・ドーピードープ》を攻撃させる。dottoはすぐさま表向きのシールドカードを裏返して《煌世主 サッヴァーク†》を叩き付け、そのままブロック。
これで打点は足りなくなってしまったが、構わず≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫で攻撃すると、今度はシールドの《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》が切られて《煌メク聖戦 絶十》が着地する。
出た時能力で新たにシールドに加わった《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》にも頭痛がするアーチーだが、まずは≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫《煌世主 サッヴァーク†》にぶつけて≪ダイナマウス・スクラッパー≫をラスト・バーストで唱え、決して放ってはおけない《煌メク聖戦 絶十》を処理する。
最後に《ナゾの光・リリアング》で何も重なっていないシールドをもう1枚割り、dottoの盾を2枚としてターンを終えた。

dottoは《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》を召喚。攻勢に移るための下準備を進めようとするが、アーチーはこの返しに《“轟轟轟”ブランド》をトップデック!
ドローした《KAMASE-BURN!》を捨てて《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》を破壊し、能力で《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》はdottoのシールドへ。

まずは《“轟轟轟”ブランド》《煌世主 サッヴァーク†》のブロックを誘い、《ナゾの光・リリアング》で重なった枚数が少ない方の盾――と言っても3枚重ねなのだが――をブレイク。この盾からは《煌メク聖戦 絶十》《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》がサバキZされて《アネモⅢ》が盤面から消し去られる。
残る《無罪 TV-30》がうずたかく積み上がったdottoの最後のシールドを叩き割ると、もう1枚の《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》《ナゾの光・リリアング》を盾送りにした。

ターンが渡り、余った《煌メク聖戦 絶十》をチャージして6マナとなったdottoは「先に《堅珠ノ正裁Z》を唱える」彼らしくないミスに一瞬顔をしかめるが、すぐに気を取り直して《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》を召喚。
アーチーの盤面に唯一残った《無罪 TV-30》《煌メク聖戦 絶十》で倒すと《煌世主 サッヴァーク†》で裏向きのシールドを3枚増やしながらブレイク。
アーチーはトリガーした《♪正義の意志にひれ伏せ》《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》をタップしながら《アネモⅢ》を呼び出す。
アーチーはブレイクされた他の盾とドローした1枚の計3枚を《ナゾの光・リリアング》からの《♪正義の意志にひれ伏せ》《ワイラビⅣ》をGR召喚、そして《音奏 プーンギ》と綺麗に使い切りながら《アネモⅢ》で攻撃。
シールド2枚に対しアタッカー4体を並べるが、《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》《煌メク聖戦 絶十》を盤面に揃えたdottoにとって最早脅威とはならない。

《剣参ノ裁キ》でダメ押しの≪音奏 ハイオリーダ≫を手に入れたdottoはそのまま盤面も制圧すると、最後は≪偽りの王ナンバーナイン≫を添えて詰め切った。

Winner:dotto

「また負けた」
そう呟いたアーチーの表情は悔しげだったが、どこか清々しさもたたえていた。

ノックアウトラウンドで敗れたものは、この先の戦いを勝者に託すことしかできない。
けれど、アーチーはおそらく誰よりも分かっている。dottoが間違いなくそれに値する男だということを。
だから。

「絶対優勝してください!」
そう言ってアーチーは両の手を差し出した。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY