TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2017 準決勝:神衣 vs. ちゃそ


全国大会もいよいよ終盤。

ここでの勝利は次のために。先に待つ日本一まで、あと2勝だ。

準決勝を戦うのは神衣とちゃそ。

ちゃそが使用するのは『水火ドギラゴン剣』。

ベスト4のうち3人が『水火ドギラゴン剣』であり、その勢いは全国大会でも留まる所を知らない。

圧倒的な数の『ドギラゴン剣』に対抗するのは、『光水闇ミラダンテXII』を使用する神衣。

《真・龍覇 ヘブンズロージア》の殿堂入りにより大幅にデッキパワーが落ちたと思われていたが、《煌龍 サッヴァーク》の追加もあり、高い防御力は依然として健在だ。

席に着く両者。この勝負を制したものが、最後の戦いに臨むこととなる。


先に動いたのは後攻のちゃそ。

2ターン目には《熱湯グレンニャー》、3ターン目には《異端流し オニカマス》と順調なスタートを切る。

対する神衣の初動は4ターン目。
《デモンズ・ライト》《熱湯グレンニャー》を除去しつつ、手札を補充する。

ちゃそは《奇天烈 シャッフ》を召喚。5を宣言し、このターンと次の神衣のターンの《ドラゴンズ・サイン》を封じる。

ここで、《異端流し オニカマス》で攻撃するか悩むちゃそ。

トリガーが無ければ、次のターンの攻撃に余裕が生まれ、勝利へと一気に近づくことができる。

しかし、《ドラゴンズ・サイン》という最大の脅威はないものの、神衣のデッキは防御が硬い『光水闇ミラダンテXII』だ。中盤でのシールドトリガーの発動は、どれも致命的な一手となるだろう。

ちゃそは長考の末、《異端流し オニカマス》でシールドをブレイク。

トリガーは……無し。

神衣は返すターン、2枚目の《デモンズ・ライト》をプレイし、《奇天烈 シャッフ》の生存を許さない。

ちゃその5ターン目。《“龍装”チュリス》が召喚され、攻撃時に《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジ。《勝利のアパッチ・ウララー》《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》がバトルゾーンに並ぶ。

トリガーした《テック団の波壊Go!》《蒼き団長 ドギラゴン剣》を退けるが、ちゃそはすかさず《異端流し オニカマス》で最後のシールドをブレイク。

最後のシールドから《裏切りの魔狼月下城》がトリガーするが、マナ武装未達成により手札を1枚捨てさせるのみ。

シールドが無くなった神衣。しかし、神衣に焦りの色は見られない。


《音感の精霊龍 エメラルーダ》で手札からシールドを追加し、ターンを終える。

手札に戻った《“龍装”チュリス》を再び召喚された場合、《テック団の波壊Go!》でも凌ぎ切るのが難しいが、神衣のデッキには、この状況を変えられるカードが入っている。

《唸る鉄腕 ギリガザミ》だ。



追加されたシールドが《唸る鉄腕 ギリガザミ》だった場合、スーパーシールドトリガー能力によって唱えられる《ドラゴンズ・サイン》から《煌龍 サッヴァーク》が現れ、逆転への道を切り開くことができるだろう。

そう、《単騎連射 マグナム》が召喚されなければ。

続くちゃそのターン。カードのプレイのため、マナが3枚タップされる。

この3マナで召喚されるのは《“龍装”チュリス》か、《単騎連射 マグナム》か。

勝敗を分ける一手。召喚されたのは……



ちゃそは《唸る鉄腕 ギリガザミ》の壁を乗り越え、ダイレクトアタックを決めた。

Winner:ちゃそ
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY