TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

クリエイターズ・レター Vol.42

新殿堂について

6/22、デュエマのYoutube公式チャンネル「デュエチューブ」の生放送にて、7/1から施行します新殿堂カードについて発表させて頂きました。

まずは、「殿堂」がどんな制度なのか、そして、何故必要なのかについてご説明したいと思います。

「殿堂」について、公式サイトに私たちはこう記しています。


――――
「殿堂レギュレーション」
デュエル・マスターズでは常に最新のデッキ環境を確認の上、
以降発売するカードの内容も含めて殿堂レギュレーションを決定しております。

プレミアム殿堂入りカード … デッキに1枚も入れることができないカード
殿堂入りカード … デッキに1枚ずつしか入れることができないカード
――――

デュエル・マスターズは互いに40枚のカードでデッキを作り、それで対戦して遊ぶゲームです。

このとき、カード選びになんら制限をかけない方法もあるのですが、カードの中にはあまりに強すぎたり、あまりにもゲーム性をねじ曲げ過ぎたりするものが。それらも含め、何でもかんでも4枚フル投入できるままにしてしまうと、お互いに楽しむことが難しくなってしまいます。

そうならないよう、互いに楽しく激しく健全に遊べるようにするための制限、それが「殿堂」になります。


当たり前ですが、全てのカードは等しく大事ですし重要です。本当は、殿堂入りするカードなんて、無い方がいいのです。ですが、私達にはカード以上に大事なものがあります。大切に考えているものがあります。それは、「デュエル・マスターズ」で遊んで下さってる皆様のことです。

全てのカードは大切ですが、それを守るために皆様が不快な思いを重ねることは私たちの本意ではありません。目指していることではありません。「デュエル・マスターズ」は皆様が、友達や、仲間や、家族と、楽しい時間を共有するためのツールでなければいけません。

そのために、大変申し訳ないのですが、必要に応じて一部のカードの使用を殿堂入りさせる必要があるのです。

今回の殿堂の決定にあたって

「殿堂」に関する理念はいつもと変わってないのですが、今回の殿堂を決定する上で大きくいつもと違う要因がありました。そうです。新型コロナウイルスです。

新型コロナウイルス感染症の拡大があったため、今年は、例年に比べてイベント開催数が非常に少なくなっています。地域によっては、現在もイベント開催できない状況が続いております。そのため、ゲーム環境に関する情報がいつもよりも格段に少なくなっていました。

また、別の問題も。我々が殿堂カードを決定する指針の1つに、「多くの方が、それを楽しむ期間があったかどうか」があります。

例えば、Aというカードが物凄く強くなってしまったとします。それを、最初の100人だけが遊んだ段階で殿堂してしまうと、残りの方々はそれを楽しむ期間が殆どないことになってしまいます。一部の方にとっての健全が、残りの方にとっての不健全になりかねないのです。

その部分にも「イベント開催の制限」が強く関わってまいりました。地域によって楽しめる期間に差がでてしまっていたのです。

ですので、今回の殿堂をどう決定すべきかについて、何度も激論を重ねました。皆様にとって、ベストの殿堂とはどんな形なのかを。

結果、今回は、より長く問題となっていたカードを、以降に発売するカードの内容とも合わせて検討し、殿堂入りさせて頂くことに致しました。

皆様の中には、「なんであれを殿堂しないの?」等の不満を抱かれた方もいらっしゃると思います。

本当は、今回は状況が特殊ですし、殿堂発表の際にこういった背景説明を添えておくべきでした。後からの発表になってしまったことをお詫び致します。

引き続き、デュエル・マスターズを宜しくお願い致します。


7/1よりプレミアム殿堂入りになるカード

≪レアリティ・レジスタンス≫
≪裏切りの魔狼月下城≫


7/1より殿堂入りになるカード

≪暗黒鎧 ダースシスK≫
≪不適怪人アンダケイン≫
≪サイバー・I・チョイス≫
≪サイバー・ブレイン≫(プレミアム殿堂解除)


チャンピオンシップ公認サポートについて

イベント主催者の皆様、そしてイベントに参加されている皆様、いつもご利用有り難うございます。

ルールに則って開催頂いている公認イベントに対して、我々の方からプロモカードを提供しております。

チャンピオンシップ公認サポート


これらのプロモ、基本的には年に2回のペースで更新しているものです。
(ものによっては年に1回)

ただ、ここでも新型コロナウイルス感染症の話が関わってきます。


そうなんです。通常、7/1に一部のプロモを新しいものに変更しています。ただし、今年は全体的に大会開催数が減少しておりますし、地域によっては開催可能期間が非常に短くなっていました。「欲しかったプロモがあったのに、殆ど参加するチャンスがなかった…」、なんて方、かなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、以前にも「その可能性有り」とお伝えしていますが、今年は7/1でのプロモ更新を行わず、同じカードを引き続きご提供致します。

※スマートフォンでは横にスクロールして閲覧可能です。

公認CSプロモ(2021年1月1日~)早見表
優勝賞 Top8賞 ベスト64賞
アドバンス
オリジナル
2ブロック
シールド
リモートデュエマカップ(2021年1月1日~)早見表
賞品その1 賞品その2
リモートデュエマカップ

※それぞれの配布枚数等の詳細は、「クリエイターズ・レターvol.39」をご覧下さい。
※次回のプロモ更新は、22年1月1日を予定しておりますが、状況によっては変更となる場合がございます。

宜しくお願いします。

クロニクルデッキ 今年もやります!!

デュエマの8月の風物詩、それが懐かしのテーマやカードを主軸にした「クロニクルデッキ」です!!

毎年、様々な趣向を凝らしているわけですが、今年のテーマは……

20周年!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ですので、商品名もそのままズバリ。題して、「20th クロニクルデッキ」!!

そんな20thクロニクルデッキの切り札のイラストとカード名が、先日放送のデュエマ王来篇第2弾発売直前!最速禁断開封&2021年夏の殿堂カード発表SP!!」で公開されましたので、このクレイターズ・レターでもご紹介したいと思います。

まずは、一つ目のデッキ。
デッキ名が、
「決闘!!ボルシャック・デュエル」!!!
そして、切り札の名が、
≪ボルシャック・決闘・ドラゴン≫!!! 
(決闘と書いてデュエルです)



名前からもお解りなように、様々なボルシャックが大集合するデッキです。


続いてもう一つのデッキ。
デッキ名が、
「熱血!!アウトレイジ・ビクトリー」!!!

そして、切り札の名が、
≪熱血武闘 カツキング≫!!! 
(熱血武闘と書いてビクトリーカンフーです)



こちらのデッキテーマは、墓地

そしてまだ続きが!
この2つのデッキには、それぞれ専用デザインのスリーブが2種類(それぞれ42枚)ついてきます!!

「決闘!!ボルシャック・デュエル」用スリーブがこちら!!(もう1種ついてきます)




続いて、
「熱血!!アウトレイジ・ビクトリー」用スリーブがこちら!!(もう1種ついてきます)




更にまだ続きが!!
この2つのデッキには、それぞれに、今回のためにルールごと開発しました「ソロプレイ用のカード」もついてきます!! その一部が公開されましたので、ご紹介。

まずは、「決闘!!ボルシャック・デュエル」のソロプレイ用カードから、2枚!!(まだ他にもあります)




続いて、「熱血!!アウトレイジ・ビクトリー」用のソロプレイ用カードから、2枚!!(まだ他にもあります)



これら、ソロプレイ用カードのイラストは、その多くが松本先生の描き下ろし!!!!

デッキ自体も面白く強いものに仕上がっておりますし、懐かしのキャラクターカードまで。
ファンの方なら見逃せない品になっているんじゃないでしょうか。

是非是非、お求め頂ければと思います。宜しくお願いします!!

最後に

いかがでしたでしょうか。

デュエル・マスターズの様々な20周年企画、皆様のおかげで無事に進行中でございます。本当に有り難うございます。

そして、そんな20周年企画、今回のレターでも一部をご紹介させて頂きましたが、まだまだ、続々と登場してまいります。

是非是非、今後もデュエル・マスターズを宜しくお願いします。

というわけで、次回以降も何かしらの逆風を追い風に変え、バッキュンズッキューンドッキューーンとジョー君風に頑張っていきたいと思います。

次回の更新をお楽しみに。

PAGE TOP

TM and © 2021, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY