デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

デュエパーティー

デュエパーティーとは

デュエル・マスターズで、カジュアルに多人数戦を遊ぶために制定されたフォーマットです!3-4人の仲間に声をかけ、是非遊んでみてください!

↓遊んでいる様子はこちらからチェック!!



デュエパーティーの推奨ルール (β版)

※正式な内容は後日リリース予定です。
◆プレイヤーはパートナーカードを中心とした60枚、同名カードは1枚のみ(ハイランダー)のデッキを持ち寄り、負け抜け形式で最後の1人になるまでゲームをプレイします。

※以下の記載はすべて推奨ルールとなります。一緒に遊ぶプレイヤーの間で合意が取れていれば、一部ルールを変更したり、独自のルールを追加しても構いません。

各プレイヤーはデッキを組む上で、パートナーとなるクリーチャーを1体選択します。デッキを組む際には、そのパートナーが持たない文明を持つカードは入れることはできません(例:《勝熱英雄 モモキング》をパートナーとして選んだときは、火単色や自然単色、火自然多色のカードを入れることはできますが、《ダーク・ライフ》《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》など、火自然以外の文明を含むカードを入れることはできません)。ゼロ文明のカードは、どのデッキにも入れられます。



デッキ構築ルール

◆デッキ枚数:60枚(パートナー含む)
◆デッキのカードは全て1種(ハイランダー)。
◆使用可能カードは殿堂レギュレーションに準拠(プレミアム殿堂のカードはデッキに入れられません)。
◆フォーマット:オリジナル
◆パートナー要件:コスト5以上のクリーチャー1枚



追加ルール

◆初期手札、初期シールドは共に6枚です。また、先攻のプレイヤーも最初のドローステップにカードを引きます。

◆パートナーは、ゲーム開始時に「パートナーゾーン」に置かれます。プレイヤーはコストを支払うことで、「パートナーゾーン」からパートナーをプレイすることができます。(ルールで特定のゾーンからプレイが許可されている状態ですので、パートナーゾーンから「キリフダッシュ」や「ニンジャストライク」を使用できますが、「革命チェンジ」を使用したり、《一王二命三眼槍》の敗北回避能力を起動したりすることはできません)

◆パートナーには、ツインパクトカードのクリーチャーも指定できます。ツインパクトを指定した場合、そのカード全体が持つ文明のカードを山札に入れることができます。(《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》を指定した場合、水単色、光単色、光水多色のカードを山札に入れることができます)
ただし、その呪文側をパートナーゾーンから唱えることはできません。

◆パートナーがバトルゾーン以外に置かれた時、そのパートナーの持ち主は、マナゾーンからカードを1枚選んで山札の下に置くことで、自分のパートナーをパートナーゾーンに戻すことができます。

◆効果・能力の対象や、攻撃の対象については、どの対戦相手のものでも自由に選ぶことができます。カード中に『相手』と指定があるものの処理については、下記「相手の定義」をご覧ください。

◆カードの能力で自分がゲームに勝利する効果や、相手をゲームに敗北させるような効果は無効となります。同様に、プレイヤーが追加のターンを得る効果も無効となります。

◆同名のクリーチャーは、各プレイヤーにつき各ターン1回までしかバトルゾーンに出すことができません。



その他

◆敗北したプレイヤーのカードは即座にゲームから取り除かれ、それ以降はゲーム上存在しないものとして扱います。これにより能力が誘発したり、効果が適用されることはありません。
例:プレイヤーが敗北したことによって、そのプレイヤーのクリーチャーがバトルゾーンから取り除かれたとしても、《ヤミノドーベル》の誘発型能力は誘発しない。



相手の定義

相手とは、自分以外のすべてのプレイヤーを指します。



効果の影響範囲

・テキスト上に「相手」とある場合の「相手」の範囲
原則として、相手プレイヤーのうち、選んだ1人が効果の影響を受けます。
例1:《魔刻の斬将オルゼキア》の「出た時」の能力は、《魔刻の斬将オルゼキア》を出したプレイヤーが相手プレイヤー1人を指定し、指定されたプレイヤーのみが自身のクリーチャーを2体破壊します。
例2:《聖魔連結王 ドルファディロム》の「多色以外のクリーチャーをすべて破壊する」能力は、相手プレイヤー1人を指定し、そのプレイヤーのクリーチャーのみを破壊します。
例3:《奇石 ミクセル / ジャミング・チャフ》を唱えた際、相手プレイヤー1人を指定し、次の自分のターンのはじめまで、そのプレイヤーは呪文を唱えられなくなります。

上記の例外として、常在型能力が生成する置換効果以外の継続的効果のみ、相手プレイヤー全員が効果の影響を受けます。
例1:《聖魔連結王 ドルファディロム》の常在型能力「相手は多色ではない呪文を唱えられない」は、相手プレイヤー全員が影響を受けます。
■や、キーワードで区切られる1つの効果によって「相手」を複数指定する場合、同じ相手を指定する必要があります。
例2:《偽りの王 ヴィルヘルム》の「出た時」の能力で破壊するクリーチャーと墓地に置くマナゾーンのカードは、同じプレイヤーのカードを選ぶ必要があります。
例3:《絶望と反魂と滅殺の決断》の能力で「手札を捨てる」効果を2回選んだ場合、複数のプレイヤーを対象に指定できます。

・テキストに「各プレイヤー」とある場合の「相手」の範囲
自分以外のすべてのプレイヤーが影響を受けます。
例:《ホワイト・スワン》の「出た時」の能力は、自分も含め、すべてのプレイヤーが山札の上から2枚をシールド化します。

・「鬼タイム」と「ラビリンス」
プレイヤー毎に判断します。
例1:自分のシールドが3つ、相手Aのシールドが3つ、相手Bのシールドが4つの場合、相手Aとの間にのみ「鬼タイム」が成立しているものとみなします。
例として、《襲来、鬼札王国!》は相手Aを指定した場合のみ両方の能力を使えますが、相手Bを指定した場合は「鬼タイム」ではないため、片方の能力しか使えません。(相手Bのクリーチャーを破壊しつつ墓地からクリーチャーを出すことはできません)
例2:自分のシールドが4つ、相手Aシールドが3つ、相手Bのシールドが5つの場合、相手Aとの間にのみ「ラビリンス」が成立しているものとみなします。
例として、自分の《正義の煌き オーリリア》がいる状況で、相手Aのみコスト5以下の呪文を唱えられなくなります。
例3:《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》は、だれか1人と「鬼タイム」が成立していれば、5コストで召喚できます。
例4:《大迷宮亀 ワンダー・タートル》が出た時、だれか1人と「ラビリンス」が成立していれば、次のターンまで自分のクリーチャーはバトルゾーンを離れなくなります。



攻撃中の効果選択について

攻撃した時、または攻撃された時に誘発する能力は、すべてのプレイヤーのものが誘発します。
効果対象に指定する相手も特例なく、「相手」の中から1人を選択して発動できます。

例1:《グーゴル <XENOM.Star>》で攻撃し、《SSS級天災 デッドダムド》に侵略した場合、《グーゴル <XENOM.Star>》の「攻撃する時」の能力と《SSS級天災 デッドダムド》の「重ねた時」の能力は、両方とも好きな相手プレイヤーを指定できます。
例2:他のプレイヤーが攻撃された時も、《サッヴァーク-MAX》の「相手のクリーチャーが攻撃する時」の能力や、《邪王来混沌三眼鬼》の「クリーチャーが攻撃する時」の能力を使えます。ただし、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》のように「自分が攻撃された時」とある能力は誘発しません。
例3:自分が攻撃され、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》のDスイッチを使用し、《英知と追撃の宝剣》を唱えた場合、「相手」として指定できるのは攻撃プレイヤーに限らず、好きな相手プレイヤーとなります。



効果の解決順

複数の効果が同時に存在する場合、効果はターン・プレイヤーからターン順に解決していきます。
複数のプレイヤーが同タイミングで能力の使用宣言を行う場合、使用宣言もターン・プレイヤーから見たターン順で行います。

例1:ターン順:A→B→C→D
プレイヤーAが、マナゾーンにカードが5枚しかない状況で《ドラゴンズ・サイン》を唱え、手札から《龍風混成 ザーディクリカ》を出した。これによりプレイヤーBの《天翼 クリティブ-1》、Cの《デスマッチ・ビートル》、Dの《異端流し オニカマス》の能力がトリガーした。
この場合、以下の順番で能力を解決します。
《龍風混成 ザーディクリカ》の「出た時」の能力

《天翼 クリティブ-1》の「相手が~出した時」の能力

《デスマッチ・ビートル》の「相手が~出した時」の能力

《異端流し オニカマス》の「相手が~出した時」の能力

《天翼 クリティブ-1》《デスマッチ・ビートル》《異端流し オニカマス》の能力は、その解決がはじまる前に《龍風混成 ザーディクリカ》がバトルゾーンを離れていた場合は何もしません。


例2:ターン順:A→B→C→D
プレイヤーAが《ボルシャック・モモキングNEX》で攻撃した時に、プレイヤーB、C、Dが「ニンジャ・ストライク」を使いたい状況。
この場合、まず《ボルシャック・モモキングNEX》の「攻撃する時」の能力を解決し、続けてこれにより新たに誘発したプレイヤーAが持ち主である能力の解決がすべて終わった後、B→C→Dの順で能力の使用宣言を行います。

※使用宣言は1人ずつ行います。今回の場合、プレイヤーBが使用宣言の有無を決定し、宣言したカードを公開した後で、Cが能力の使用宣言の有無を決定できます。



PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY