TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 北東北エリア予選 準々決勝:Viper(岩手) vs. 刃隠(岩手)

 九州大会に引き続き、ここ北東北大会でも『火水クラッシュ“覇道”』の嵐が吹き荒れている。決勝ラウンドを戦うプレイヤーの半数はこのデッキを選択しており、内6名がトップ8へ進出を決めた。

 多くのプレイヤーが《月光電人オボロカゲロウ》《貪欲な若魔導士 ミノミー》といった潤滑油を採用する中で、準々決勝へと進んだViperの構築はより鋭く、攻撃的なものとなっている。

 “如何に早くシールドをブレイクするか”に焦点を絞り、《印鑑D》《革命類侵略目 パラスキング》を採用しているのだ。これによりたった2体のクリーチャーによる一度のアタックでダイレクトアタックまで狙うことができ、通常の『火水クラッシュ“覇道”』よりも必要牌が少なく勝利できる省エネ設計となっている。

 さて、ここで話をトップ8のアーキタイプへと戻そう。残る二つの内一つはかじゅあるの『卍 デ・スザーク 卍』、もう一方がViperの対戦相手である刃隠の『ギガタック・VV-8』だ。

 マナ加速と各種シールドトリガーにより序盤をしのぎ、《禁断機関 VV-8》着地後に《》をプレイすることで一気に禁断解放し追加ターンを狙うコンボデッキである。しかも刃隠は《禁断機関 VV-8》4枚だけが満足できないとばかりに《次元の嵐 スコーラー》までも採用し、「勝つまで、オレのターン!」と言わんばかりの欲張り仕様となっているのだ。


 全国大会への道のりは、近づけば近づいた分だけ苛烈さを増していく。

 乗り越えるには自身の腕とデッキを信じるしかない。

 自分の分身であるデッキを手に、互いの意志が激突する。


先攻:Viper

 水文明を2枚重ねるとViperは《異端流し オニカマス》を召喚し、続くターンには≪南海の捜索者 モルガラ≫を追加、コツコツとシールドをブレイクしていく。
 《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《“轟轟轟”ブランド》による大量ブレイクがないことで時間はできた。この隙にマナ加速から自分の土俵へと引っ張り込みたい刃隠だが、チャージを繰り返すのみ。水、自然と色マナは揃っているため、重いカードが手札に集まってしまったようだ。

 Viperが《ドンドン吸い込むナウ》《印鑑D》を手札に加えた返し、刃隠は初動として《フェアリー・シャワー》をプレイしマナを伸ばす。次のターンには6マナに到達するため、キーカードである《禁断機関 VV-8》が着地させたいところか。

 迎えたViperの5ターン目。先ほど手札に加えた《印鑑D》をB・A・D2で召喚すると、残る3枚のシールド目掛けてアタックに送り出すが早いか、短く宣言する。

Viper「侵略します」
 《革命類侵略目 パラスキング》を重ねることでG・G・Gの条件を満たし、アンタップ。このアタックが成功すれば、全てのシールドをブレイクしつつアタッカーを3体残すことになる。
 突如として現れた強烈なアタッカーを前に、刃隠は腹をくくりシールドを手に取る。この3枚にトリガーがなければ、どのみち耐えることはできないのだ。

 ブレイクされた3枚をチェックすると「えぇー」と驚き、一呼吸間をおいてから2枚のトリガーを宣言する。

 確かにトリガーは埋まっていたが、それは遅すぎる《フェアリー・ライフ》。せめて1ターン前にトリガーしていれば状況は変わっていたかもしれない。

 現状を打開するには至らず、再度攻撃する《革命類侵略目 パラスキング》のダイレクトアタックを、刃隠は受け入れるしかなかったのだ。

Winner:Viper
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY