TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 北東北エリア予選 準決勝:viper vs. koharu

各地域から全国大会への代表を決めるエリア予選。

北東北エリアからたった一人の精鋭を送り出すこの戦いも残すところ2回戦となった。

どのエリアにも全国に名を轟かせる選手がいるが、その選手たちが必ずとも代表になるとは限らない。

準決勝のテーブルに着席したviper、そしてkoharuは優勝することによって次なるスターとなる可能性を秘めたプレイヤーだ。

あと2回の激戦を制し、全国区のプレイヤーとなるための物語をスタートさせるのは果たしてどちらなのか?

じゃんけんの結果、viperが先攻となり、デュエマ・スタート!

先攻:viper

先攻を取れたviperだが《ドンドン吸い込むナウ》を2連続でマナチャージするのみで2ターンを消化してしまう。

対して、koharuは後攻ながら《終末の時計 ザ・クロック》《“乱振”舞神 G・W・D》とマナチャージし《貪欲な若魔導士 ミノミー》を召喚する好調な出だし。

効果で山札の上3枚のうちから《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》を手札に引き入れエンド。

こうして次のターンに入りviperが《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》をマナチャージすると、お互いのデッキが似たタイプであることが判明する。

が、こうなると先にクリーチャーを展開したkoharuに対して、何も行動を起こせなかったviperに暗雲が立ち込める。

koharuはさらに≪南海の捜索者 モルガラ≫を戦線に追加し、攻め急ぐことなくターンを終える。

ここまで動くことのなかったviperだが、ここでようやくアクションを起こす。

《“必駆”蛮触礼亞》をB・A・Dで唱えると、まずは手札から《革命類侵略目 パラスキング》を捨てる!!

そして手札から呼び出されたクリーチャーは《印鑑D》!!
たった1枚の呪文から2ブロック構築の常識を打ち破るようなカードを2枚も露出させたviper。

残りの手札はきっちり1枚なので、更に追加で《“轟轟轟”ブランド》を出すと、引いてきた《ドンドン吸い込むナウ》を捨てて《貪欲な若魔導士 ミノミー》を破壊する。

手札が一気になくなってしまったが《印鑑D》が攻撃することによって2枚のカードが手札に供給され、さらに手札が1枚以下なので《印鑑D》がアンタップする。

koharuのシールドにトリガーはなく、続けざまに《印鑑D》が2度目の攻撃。

ここでもトリガーはなかったので《“轟轟轟”ブランド》でW・ブレイク!
koharuはこのブレイクでようやく《終末の時計 ザ・クロック》をトリガーするが、シールドは残り1枚となってしまい一気に追い詰められてしまう。

ピンチと引き換えに大量の手札を抱えることとなったkoharuは迎えたターンで《“必駆”蛮触礼亞》を唱える。

勢いよく飛び出してきた《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が道すがらに《印鑑D》を弾き飛ばし《“轟轟轟”ブランド》を破壊する。

ここでターンを終えれば、安全に追加1ターンを得れるkoharuだったが《終末の時計 ザ・クロック》で攻撃!!

自身のシールドが残り1枚であることも鑑みて、リスクを承知の上での攻撃だろう。

このブレイクでのトリガーがないことを確認すると続いて≪南海の捜索者 モルガラ≫で攻撃!!

更にこのブレイクでもトリガーはなく、ターン終了時に《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が破壊されkoharuは追加ターンを得る。

viperの残された3枚のシールドをブレイクすべく、koharuが戦線に追加したのは≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫!!
ここまで来たらあとは攻撃するのみと全軍突撃を決意したkoharuは、まず≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫で攻撃をする。

1枚、2枚とシールドがブレイクされていくviperはその度、カードの内容を確認するがそこにトリガーは無かった。

≪南海の捜索者 モルガラ≫でダイレクト・アタックをするとkoharuは、その日最後の試合となる決勝戦へと駒を進めたのであった。


winner:koharu


従来の『水火《“必駆”蛮触礼亞》《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》』デッキに《印鑑D》《革命類侵略目 パラスキング》といった新カードのギミックを取り入れここまで勝ち抜いたviper。

この驚きのギミックで予選ラウンドを勝ち抜き、準決勝まで登り詰めたのは見事であるとしか言いようがない。

そんなviperを破ったkoharuだが、決勝戦では全国2位まで登り詰めた“あの”男が待ち受けている。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY