TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 九州エリア予選 決勝第2回戦:xk(福岡) vs. カンセイ(福岡)

チーム戦で開催されたDMGP6thで見事トップ4に入賞し、今回のエリア予選へのシード権を獲得したxk。チームメイトのやくしー棗こそエリア予選シードのジンクスともいえる「初戦敗退」となってしまったが、xkは見事決勝ラウンド初戦を勝利し、トップ16へと駒を進めた。

対するは、同じく福岡のデュエマプレイヤーであるカンセイ。そして、同じなのは所属エリアだけでなく、二人の使用するデッキも決勝ラウンド最大使用数を誇る『火水クラッシュ“覇道”』だ。

使用しているカード10種類までも同じであり、勝負を分けうる僅かな差は、カンセイが《“乱振”舞神 G・W・D》《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》《月光電人オボロカゲロウ》といった汎用パーツの枚数を減らし、代わりに追加のトリガーとして《崇高なる智略 オクトーパ》を追加しているという点だ。

たったカード3枚のリストの差が勝負を決め得るのか否か。
先攻:カンセイ

互いにマナをチャージし2ターン目に《異端流し オニカマス》を召喚するという同じ展開。そして、カンセイが3ターン目にノーアクションだった返しでxkは≪南海の捜索者 モルガラ≫》を召喚し、少しだけ優位を獲得する。

それを許さじとカンセイは《ドンドン吸い込むナウ》《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》を手に入れつつ≪南海の捜索者 モルガラ≫を手札へと戻し時間を稼ぐ。そして、xkは、これを再び召喚という形で少し足踏みとなる。

稼いだ時間で一気に勝負を決めに行きたいカンセイ。xkの手札が3枚であることを確認すると、≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫を召喚し、すぐさまアタック。勝利へと一歩近づくと同時に、相手の手札を増やして切り札である《“轟轟轟”ブランド》の召喚を難しくする一手だ。

しかし、ここでxkは《終末の時計 ザ・クロック》をトリガーさせ、カンセイの目論見が崩れる。
そして、続くxkのターン。

ドローして手札が4枚となったxkはマナチャージの後に《“必駆”蛮触礼亞》をB・A・D・Sでの使用を宣言。そして能力解決時に「クリーチャーをバトルゾーンに出さないこと」を選択。見事1枚となった手札で《“轟轟轟”ブランド》を召喚というファインプレーを見せる。

引いたカードは長考の末、手札を保持、《“轟轟轟”ブランド》でアタックを決行する。このW・ブレイクではトリガーは無く、続く≪南海の捜索者 モルガラ≫のアタックでもトリガーはなし。やっとこさ《終末の時計 ザ・クロック》のアタックで《終末の時計 ザ・クロック》がトリガーするという形でxkの攻撃は終わる。

なんとか取り返したこのターンで勝負を決めなければならないカンセイ。《終末の時計 ザ・クロック》とバトルしつつの《“乱振”舞神 G・W・D》召喚で打点を揃え、そして≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫でのアタックを開始する。

1回目のアタックはトリガーは無し。アンタップした《“乱振”舞神 G・W・D》による2回目のアタック。

ここでブレイクされたシールドを見たxkは、力強くそのカードをバトルゾーンに出す。
それは、2枚目の《終末の時計 ザ・クロック》

返しのターンで最後のシールドを≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫でブレイクされたカンセイは最後のシールドを見るが、そこには《終末の時計 ザ・クロック》は無し。

xkは、自ら「このデッキを象徴するカード」という《“轟轟轟”ブランド》でダイレクトアタックを決めた。

Winner:xk

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY