TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 九州エリア予選 準々決勝:コチョウ(大分) vs. しーた(福岡)

去年のエリア代表決定戦を制したしーたが今年もベスト8まで駒を進めている。

そのしーたが所属するのが、北九州エリアのプレイヤー事情を語る上で欠かせない、通称“くわけん”と呼ばれる一大勢力の存在だ。

一昨年のエリア代表決定戦を制し全国大会に出場した砕月も所属しているチームともなると、いかにこの集団が凄いことがわかるだろう。

そして、今年もあと少しで全国への切符が手に入る位置にまで来た。

ここで立ちはだかるコチョウとの熱い一戦の模様をお伝えしよう。


先攻:しーた
じゃんけんの結果、しーたの先攻でデュエマ・スタート。

まずはしーたが《“必駆”蛮触礼亞》をマナチャージすると、コチョウは《終末の時計 ザ・クロック》をマナチャージ。

続いてしーたが《異端流し オニカマス》をチャージした後に《異端流し オニカマス》を召喚。

これに対してコチョウは《“轟轟轟”ブランド》をマナチャージした後に《月光電人オボロカゲロウ》を召喚。

マナゾーンに2つの文明のカードがあるため、山札から2枚カードを引き、2枚の手札を山札の下に戻す。

先攻であるしーたがまずは《異端流し オニカマス》で攻撃。

ブレイクされたコチョウのシールドは《ドンドン吸い込むナウ》だったが《異端流し オニカマス》を対象に取ることはできない。

と思いきや、ここでコチョウが手札に加えたのは《ゼンメツー・スクラッパー》

不可侵と思われていた《異端流し オニカマス》だったが、返しのターンに《ゼンメツー・スクラッパー》によって対処するコチョウ。
そして《月光電人オボロカゲロウ》が攻撃してしーたのシールドがブレイクされると、そこにトリガーは無く、順調にスタートしたと思われていたしーたに暗雲が立ち込める。

しかし、勝負はまだ始まったばかり。

しーたも《月光電人オボロカゲロウ》を召喚して、その能力で手札を整えていく。

コチョウは相手が再び体勢を立て直す前に、と《異端流し オニカマス》を一気に2体召喚。

一気に打点を増やした後に《月光電人オボロカゲロウ》で攻撃。

ここでのシールドにもトリガーは無く、打点差が一気に開いてしまったしーた。

この状況を打開すべく召喚したのは≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫

まずはこの≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫がコチョウの《月光電人オボロカゲロウ》を倒すと、すぐさま立ち上がり2度目の攻撃でシールドをブレイクする。

あわせて自身の《月光電人オボロカゲロウ》も攻撃するとコチョウのシールドからトリガーされたのは《ドンドン吸い込むナウ》

山札の上5枚から《“轟轟轟”ブランド》を手札に加え、しーたの《月光電人オボロカゲロウ》を戻す。

開いた打点差を≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫で補ったものの、トリガーに阻まれてしまいしーたはあえなくターンを終える。

優位な状況にあるうちに勝負を決したいコチョウは《“必駆”蛮触礼亞》をB・A・Dで使い、手札から《“必駆”蛮触礼亞》を捨てながら先ほど手札に加えた《“轟轟轟”ブランド》をバトルゾーンに出す。

《“必駆”蛮触礼亞》の効果で《“轟轟轟”ブランド》≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫にぶつけ破壊した後《“轟轟轟”ブランド》の効果でカードを引いて捨てる。

そして残り1枚となった手札の《“轟轟轟”ブランド》を叩きつけると、一気に勝負を決めにかかる!!

1体目の《“轟轟轟”ブランド》が威勢よく2枚のシールドをブレイクすると、なんとそこには《終末の時計 ザ・クロック》が潜んでいた!!

九死に一生を得たしーたは、最後のチャンスと≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫をシールドに向かわせる。
トリガーは無かったため、残り1枚のシールドを《終末の時計 ザ・クロック》がブレイク!!

シールドの中身を見たコチョウは思わずカード名を声に出す。

コチョウ《終末の時計 ザ・クロック》!!」

崖っぷちを凌いだコチョウのバトルゾーンにはすでに十分すぎる戦力が揃っていたので、勝負の行方はしーたの最後のシールドの中身に託された。

2体いるうちの1体目の《“轟轟轟”ブランド》が最後のシールドをブレイクし、しーたがその中身を手札に加えたの見て、コチョウは2体目の《“轟轟轟”ブランド》でダイレクトアタックを決めた!

Winner:コチョウ


驚異の《終末の時計 ザ・クロック》返しで強敵であった去年の優勝者を下したコチョウがベスト4へと駒を進めた!!
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY