TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 中四国エリア予選 Bブロック準決勝:よよよ(香川) vs. 棗(福岡)

撮影者:堀川 優一
ライター:平谷 俊貴


 二日間を通して行われた全国予選大会も残すところ僅か数試合。
 席に座っている選手も僅か四人と、祭りの会場とも思えた予選開始時の賑やかさは息をひそめていた。

 各人の表情は緊張、あるいは不安、もしかすると殺気を含んでいるかもしれない。
 それぞれの顔つきに違いはあれど、目指す場所はただ一つ。それに違いはない。

 四人のうち二人、水魔導具のよよよか。水火ジョーカーズミッツァイルのか。
 頂上に二人は立てない。頂上には二人も必要ない。今意地がぶつかる。

先攻:よよよ

 先攻のよよよは≪卍獄ブレイン≫からスタート。さらに《卍 新世壊 卍》も次のターンに展開し、水魔導具操るよよよとしては間違いなく最高の展開だ。
 対して、《花美師ハナコ》を出して手札を失わずに盤面にクリーチャーを送り出す。

 3ターン目、《堕呪 ゴンパドゥ》でゲームメイクを進めていくよよよ

 ――しかし、これはゲームメイクにならない。先に言っておくが、これがよよよのラストターンとなったのだ。


 棗の後攻3ターン目。

 まずは《ザババン・ジョーカーズ》で手札を交換する。そして、マスターG・O・D・Sによってコストを4軽減された《“魔神轟怒”万軍投》の投下。
 《全能ゼンノー》《パッパラパーリ騎士》《バイナラシャッター》が登場するが、これらは即座に《BAKUOOON・ミッツァイル》によって糧とされる。

 《パッパラパーリ騎士》で墓地からマナに送られた火文明のカードと破壊されたクリーチャーのパワーを糧に出てきた暴れん坊将軍は、《ツタンメカーネン》2体《ゴッド・ガヨンダム》《パッパラパーリ騎士》を送り出す。さらに火文明のカードを墓地からマナに送り、《ゴッド・ガヨンダム》で手札を交換した後は再び《“魔神轟怒”万軍投》
 《無限合体 ダンダルダBB》が2体と《ジェイ-SHOCKER》が戦場に追加され、《卍 新世壊 卍》を望むコミカルなじゃじゃ馬の群れが完成していた。

 マナゾーンのカードが全て横向きになった今、何かを召喚したり呪文を唱えたりして行動を行うことは難しい。
 ただ、バトルゾーンに目を向けてみたらそういうわけでもない。

 《BAKUOOON・ミッツァイル》の効果で全てスピードアタッカーを得た、自身を除く勇猛な7体の戦士たちがよよよを襲う。
 《無限合体 ダンダルダBB》《パッパラパーリ騎士》を超GRゾーンに送り返すと、マスターG・O・D・Sのコストとして墓地に捨てられていた≪「本日のラッキーナンバー!」≫で《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》を封じる「4」の宣言で攻撃を開始。


 暫く考えた後、《ツタンメカーネン》でシールドブレイクを敢行してからはの手は速かった。

 もう一体の《無限合体 ダンダルダBB》で先に攻撃を済ませていた《無限合体 ダンダルダBB》《ツタンメカーネン》を労いつつも超GRゾーンに帰し、自身は《“魔神轟怒”万軍投》を墓地から唱える。ダメ押しの追加として、《ジェイ-SHOCKER》《ゴッド・ガヨンダム》《パッパラパーリ騎士》が出る。
 この試合、いやこのターンでが出したGRクリーチャーはのべ13体。超GRゾーンはまるっと一回転していた。

 よよよは、何もできない。ただ眺めているだけだ。
 《堕呪 カージグリ》も、《堕呪 ギャプドゥ》も、救いの手は差し伸べてくれない。
 圧倒的なまでの力が、追い風となっての決勝戦進出を進めた。


 Winner:棗

PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY