TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 中四国エリア予選 Aブロック決勝戦:ゆで(広島) vs. こやま(岡山)

撮影者:堀川 優一
ライター:平谷 俊貴


 時は来た。
 泣いても笑ってもこれが最後の試合。

 「東岡山に2位の楯は2個もいらない」――そう観客席のOTRと話していたのは『火水ジョーカーズミッツァイル』を使用してここまで勝ち上がってきたこやまだ。
 OTRといえば、一昨年の中四国エリア予選にて『火ジョーカーズ』を使用し準優勝した猛者である。こやまとOTRは生まれ育った場所が同じ、地元のデュエマ仲間だ。

 一方対面に座る『水魔導具』を使うゆでは、これが初めてのエリア戦出場と言うこともあり、緊張の表情を隠さずにはいられない。準決勝戦が終わったあと、親に決勝戦へ進出したことを知らせたいと言って電話をかけに席を外していたのは印象的なシーンだった。

 しかしそんな彼らも一通りの対戦準備が終われば一気に顔つきは勝負師のそれへと変貌する。ここは戦場、一撃必殺の世界へと突入する――!


先攻:ゆで


 『火水ジョーカーズミッツァイル』と『水魔導具』、これらには共通のポイントがあり、それは「身勝手」である。
 どの時代にも少なからず1、2は存在する、相手の盤面・状況に関係なく自分の盤面をひたすら耕し、最後に致命的な一撃を相手に放って勝つ、決勝戦の互いのデッキはそういう相手のことをおおよそ考えないデッキである。
 そういうデッキ同士の戦いは単純な速度対決になりがちだが、果たしてどうなるのか。それは全て時の運次第である。

 2ターン目にゆでの出した《卍 新世壊 卍》は魔道具呪文を唱えるたびに1ドローし、《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を放った後は好き放題する、「身勝手」の始まりともいえるカードの代表格だった。対するこやまもその後に続いて《Wave All ウェイボール》を負けじと出し、自軍の横並び展開を強力にサポートする。

 3ターン目、《堕呪 バレッドゥ》《凶鬼卍号 メラヴォルガル》を墓地に叩き込むゆでの理想的なムーブに対し、少し考えるこやま。
 慎重にマナチャージするカードを考え、置いてから《ザババン・ジョーカーズ》。呪文が唱えられたことにより《Wave All ウェイボール》の効果が誘発し、《パッパラパーリ騎士》が超GRゾーンからマナドライブを達成した状態で出てくる。そして、《花美師ハナコ》でシールドを1枚回収してターンを終了した。


 4ターン目になって、ゆではこやまの手札枚数を確認する。4枚だと答えが返ってきた後、ゆでは深く考える。
 長考ののち、《堕呪 バレッドゥ》で手札を増やしたのち《堕呪 ウキドゥ》で自分のシールドを選択。少しでも核弾頭の発射に備えてトリガーの準備をしておきたいところだが……


 シールドを墓地に送る際、思わぬ報酬がついてきた。
 値千金ともいえる2枚目の《凶鬼卍号 メラヴォルガル》により、準備は万端、次のターンに魔導具呪文を唱えて《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を唱えるのみとなった。

 ――ただ。そのプランには欠点がある。
 『火水ジョーカーズミッツァイル』には、『水魔導具』が先手であろうと一手足りないという事実がゆでを襲う。

 ≪「本日のラッキーナンバー!」≫で見えている《凶鬼卍号 メラヴォルガル》の召喚を阻止する「8」を宣言し、《Wave All ウェイボール》の効果で《ゴッド・ガヨンダム》。効果を適用した後、身勝手でお馴染みの「アイツ」の出番だ。


 今までバトルゾーンに残っていた《Wave All ウェイボール》《パッパラパーリ騎士》《花美師ハナコ》、そして先ほど出てきた《ゴッド・ガヨンダム》をすべて破壊し、新たに出るのは《ゴッド・ガヨンダム》、2体の《ツタンメカーネン》《ジェイ-SHOCKER》が並ぶ。
 そしてバトルゾーンにはジョーカーズが4体。
 《メラメラ・ジョーカーズ》を唱えて手札を補充したのち、《夢のジョー星》が代替コストで唱えられ、トップの4枚を確認する。

 しかし、こやまが暫し固まる。
 考えたのち、彼がマナゾーンに置いたのは水文明のカード、《Wave All ウェイボール》
 2度目の核弾頭は、放たれない――。
 そのまま、こやまはターンを返さざるを得ない。


 そうなると《ツタンメカーネン》の効果で手札がより潤沢になったゆでの手番になる。
 広がった盤面を処理するか、この場面で決めてしまうか。ゆでは選択を迫られていた。

 しばし考えたのち、ゆでが選択したのは手札の補充。
 《堕呪 ゴンパドゥ》を2度撃ち、≪卍獄ブレイン≫もおまけでつけた。

ゆで「2ターン目の開始時には《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を持っていなかったため、《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》で盤面を処理するか、《堕呪 ゴンパドゥ》等で《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を探しに行くかで迷ったが、結果的にこのルートで正解だった」

 《卍 新世壊 卍》を逆さにして、放たれるは《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》
 《凶鬼卍号 メラヴォルガル》も≪卍 ギ・ルーギリン 卍≫も≪「本日のラッキーナンバー!」≫の効果で出すことはできないが、ゆでには弐の太刀がある。


 先のターンで十二分に増やした計9枚の手札を捨て、《“魔神轟怒”ブランド》《ソニーソニック》各2体を含めた9体がバトルゾーンに揃い踏み。
 もはや、構築段階で防御をかなぐり捨てた『火水ジョーカーズミッツァイル』にこれらの猛攻を止める術はない。


 見事弐の太刀を使いこなし、こやまにダイレクトアタックを決めたのはゆでだ。おめでとう!

Winner:ゆで


PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY