TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 九州エリア予選 Aブロック準々決勝:ぎゃる男(広島) vs. neo(福岡)

撮影者:後長 京介
ライター:秋田 雅信


ぎゃる男が使用する『赤青ジョーカーズ』の強みは最速3ターン目に放たれる《“魔神轟怒”万軍投》からの《BAKUOOON・ミッツァイル》にある。2ブロックだけでなく通常構築でも猛威を振るう環境の中心とも呼べるデッキだ。

対するneoが操るのは青黒軸のハンド・デストラクションに《BAKUOOON・ミッツァイル》の突破力を追加して生まれた『赤青黒ハンデス』。両者共に《BAKUOOON・ミッツァイル》を到達点としているがそこに辿り着く過程は全くの別物。どちらが優れているかと問われたとしても答えは出せないが、このマッチアップでどちらが勝ちに近いかと問われれば答えは出てしまう。

『赤青ジョーカーズ』は『赤青黒ハンデス』に不利が付く。

ハンドリソースを削って速度を出すアプローチで組まれた『赤青ジョーカーズ』にとってハンデスは天敵と言ってもいいデッキだ。実際、予選でも対戦しているこの2人だがぎゃる男はそこで敗れている。彼はそこで手に入れた情報を元に勝利へのプランを練り上げneoにリベンジを果たせるのか。はたまた、neoが再びの勝利を収め先へ進んでいくのか。


先攻:neo


最初に動き出したのはneo。お互いにデッキタイプを知っていることもあり2ターン目に≪ジェニコの知らない世界≫を撃つその手に迷いはない。

ここでぎゃる男が立てている勝利へのプランの話をしよう。
彼が予選で手に入れた情報は2つ。「受け札が多くない」「《拷問ロスト・マインド》が入っている」。彼はここから早期の《“魔神轟怒”万軍投》さえ撃てれば打点で押し切れると考えていた。

そんな考えを打ち砕くようにぎゃる男の手札から奪われたのは《“魔神轟怒”万軍投》だった。

キーカードを落とされ苦しいスタートを強いられるぎゃる男だが、深呼吸を挟み心を落ち着かせる。冷静に《花美師ハナコ》をプレイし次の行動の選択肢を広げる。

しかし、続くターンにneoがプレイした≪ゴースト・タッチ≫により状況は更に悪化する。引き抜かれたカードは2枚目の《“魔神轟怒”万軍投》。頼みの綱の《“魔神轟怒”万軍投》を失い苦悶の表情を浮かべるぎゃる男。彼の立てていたプランは塵となり、流れはneoに持っていかれてしまった。

更に予選で得ていた情報が頭をよぎる。《拷問ロスト・マインド》の存在だ。この時点でのぎゃる男の手札には呪文しかない。neoの手札は2枚しかないがもしも《拷問ロスト・マインド》を持っていた場合に立て直しが効かなくなる。逆に《花美師ハナコ》さえ引けたならそこから展開するルートを取れる。そう判断し彼は《ザババン・ジョーカーズ》を撃った。ぎゃる男が引いてきたカードは2枚とも呪文。《拷問ロスト・マインド》を撃たれると手札が消し飛んでしまう。

そしてneoにターンが渡る。


《拷問ロスト・マインド》で」


彼は持っていた。手札を全て失ったぎゃる男だが諦めることなく《花美師ハナコ》《Wave All ウェイボール》で蜘蛛の糸より細い勝ち筋を手繰り寄せようとする。


だが、それを許す隙をneoは見せなかった。手札が残っていれば《Wave ウェイブ》からハンデスを、その後は≪「本日のラッキーナンバー!」≫で「3」を宣言しぎゃる男の行動を縛っていく。安全を確保し続けたneoは満を持して締めに入る。

《BAKUOOON・ミッツァイル》の降臨。


降り注ぐGRクリーチャーには《全能ゼンノー》が2体と《回収 TE-10》。墓地から回収した≪「本日のラッキーナンバー!」≫を唱えると《花美師ハナコ》によって減っていたシールドを割り切ってトドメを刺した。

Winner:neo

PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY