TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 九州エリア予選 Bブロック優勝者インタビュー:荒木。(福岡)

撮影者:後長 京介
ライター:伊藤 敦(まつがん)

 九州エリアの頂点に立ったのは、最新型の火水ミッツァイルを駆る地元の雄だった。

 見事Bブロックで優勝を飾った福岡県ランキング1位の荒木。に、優勝直後にインタビューをお願いすることにした。


--「優勝おめでとうございます。今回の『火水ジョーカーズミッツァイル』のデッキは、ご自身で製作されたものなのでしょうか?」

荒木。「いえ、ぎゃる男さんの案を一緒に調整しようということになったので、ぎゃる男さんとLINEグループを作って、4人でシェアしました。リストいただいて……っていう感じですね」

--「このリストの新規性や強みはどういった部分にあるんでしょうか?」


荒木。「主に《バリスイトーヨー/水筒の術》の採用と枚数配分ですかね。《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》が4枚入ってて、火単"B-我"に入ってる《一番隊 チュチュリス》とか赤白系とかに対して強いです」


荒木。「あと多分まだそんなに主流になってない部分としては、《Wave All ウェイボール》が入っていて、《Wave All ウェイボール》《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》《バリスイトーヨー/水筒の術》という動きでGRを4体並べることができます。《Wave All ウェイボール》が主体になった感じですね」

--「なるほど。では話は変わって、荒木。さんのこれまでの主な戦績をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

荒木。「大型大会とかだと特にないですね……あとこれは自慢っていうわけじゃないんですけど、一応地元の小倉CCっていうCSでは最多入賞っていうか、最近結果を残しているので……まあそれくらいですかね」

--「エリア予選への挑戦は何回目くらいなんでしょうか?」

荒木。3回目ですね。過去2回はあまり奮わず……調整する相手もいなかったですし、真剣にやり始めたのが昨年くらいだったので」

--「真剣にやり始めるのに、何かのきっかけがあったんでしょうか?」

荒木。「きっかけというか……今回同じリストでAブロックでトップ8に残ったこもがさんっていう人がいるんですけど、その人と元から面識があって、しかも強いプレイヤーっていうことで周りが強くなっていって、そうしたら自然と真剣にやるようになっていきました。今回のエリア予選に関しても、流れで『今年はチーム組んで調整しよう』ってなりました」

--「最後に、全国大会に向けて意気込みをお願いします」

荒木。目指すは……優勝ですかね。それがもともと夢だったんで。単純にかっこいいっていうか、やっぱり全国行ってるプレイヤーってみんな強いじゃないですか。交流とか持ちたいですし、対戦してみたいですね」

--「ありがとうございました」





 日本一決定戦に、また一人強力なプレイヤーが名乗りをあげた。

 地元で勇名を轟かせた荒木。の刃は、夢にまで見た舞台で全国から集まった強豪たちに届くのか。

 日本一決定戦での活躍に期待したい。


PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY