TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2019 東北エリア予選 Aブロック準々決勝:Phalanx vs. クローム@

撮影者:後長 京介
ライター:増喜 浩之介

勝負事は、無情にもプレイヤーを勝者と敗者に隔てる。
一方が勝利に笑えば、一方は敗北に泣く。

しかし、プレイヤーの誰もが、敗北に臆することなく、果敢に勝利を求めて旅路に就く。

全ては、自らの手で栄光を掴むために。

ならば、その旅路の中で、『青黒ハンデス』を従える Phalanx と、『シータミッツァイル』を従えるクローム@が出会うのは、必然と言えよう。

Phalanxもクローム@も、常に目線はこの場所よりも3つ先。

だからこそ、栄光への旅路をここで終わらせる訳にはいかない。そんな両者の強い気迫が、この準々決勝にて激突する。


先攻:クローム@

先攻はクローム@。クローム@は ≪スゴ腕プロジューサー≫をマナに置いてターン終了。後攻のPhalanxは《撃髄医 スパイナー》をチャージした。それを見たクローム@は「《撃髄医 スパイナー》か・・・」とポツリと呟いた。
どうやら、1ターン目にしてお互いに使用デッキの紹介は済んだようだ。

先にアクションを起こしたのは、Phalanxだった。まずは挨拶から、と言わんばかりに、2ターン目から≪ジェニコの知らない世界≫でクローム@のハンドを襲う。落とされたのは《バングリッドX7》


返しのターン、クローム@は《超GR・チャージャー》を発動。マナを増やしつつ、GRゾーンから現れたのは《無限合体 ダンダルダBB》!Phalanxは「テキストいいですか?」と、効果を確認する。
ハンデスしても墓地から呪文を唱えてられてしまう《無限合体 ダンダルダBB》。その無言のプレッシャーを、Phalanxはどう攻略するか。

ただ、Phalanxは何も動じる様子もなく、淡々とマナを埋めながら再度≪ジェニコの知らない世界≫でクローム@のハンドを襲う。残り2枚のハンドから、落とされたのはまたまた《バングリッドX7》

そして残った1マナで、《ア・ストラ・センサー》《知識と流転と時空の決断》を回収し、ターンを渡した。

Phalanxの怒涛のハンデスによってハンドが薄いクローム@。ドローして2枚の手札を吟味し、そのうちの片方である《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》をマナに埋めるのみでターンエンド。
マナドライブ6の達成まで、あと1枚となる。

Phalanxのターン。Phalanxはこのターンでクローム@の残りのハンドを叩き落とす選択はせず、マナをフルタップし先程回収した《知識と流転と時空の決断》をドローモードで使用。ハンドを2枚補充し、後続に繋げる。


返しのターン、クローム@はトップから引いた《ジョラゴン・オーバーロード》を唱え、ターンを終えた。マナゾーンにはジョーカーズは4枚しかないためGR召喚はできないが、これによってマナが6枚となる。
マナドライブ6の条件がようやく整った。

現状、Phalanxがコントロールに成功しているとはいえ、クローム@のマナが6に到達した以上、一切の油断ができない。Phalanxは《Wave ウェイブ》を召喚し、墓地から《知識と流転と時空の決断》を発動。
Phalanxは一切悩まずにGR召喚を2回宣言した。《Wave ウェイブ》のGR召喚も重なり、盤面を増やしていく構えだ。


GRゾーンから捲れたのは、《天啓 CX-20》《天啓 CX-20》《ポクタマたま》
ただし、Phalanxのマナは5枚のため、マナドライブ6の恩恵は受けられなかった。


Phalanxがフィニッシュへの手筈を着々と整える中、迎えたクローム@の6ターン目。

ドローカードを目にすると、クローム@は不意に笑みをこぼした。


デッキトップから駆けつけたのは《エモG》
クローム@は「間に合った・・・!」と安堵の息を吐いた。

《エモG》が登場と共に引き連れてきたのは《パッパラパーリ騎士》。これによって、一気にクローム@の盤面が横に並ぶ。

ただ、クローム@に《エモG》をトップデックされても、Phalanxは動じた様子を見せなかった。
Phalanxは淡々とドローとマナチャージを行い、《知識と流転と時空の決断》を使用。

少し考えたのち、選択したのはGR召喚とバウンス。厄介となり得るクローム@の《無限合体 ダンダルダBB》を除去すると同時に、《タイザイ 丁-二式》をGR召喚。

そして《Wave ウェイブ》の手によって更に場に《回収 TE-10》が追加され、《ア・ストラ・センサー》を墓地から回収した。

これでPhalanxの場には6体が並び、フィニッシュを目前とする。


Phalanxの6打点が目の前に迫る中、《エモG》を軸に動きたいクローム@ではあるが、ターン開始時に《エモG》が引き連れたのは《パッパラパーリ騎士》。お目当てはこれじゃないと言いたげに、クローム@は苦笑いを浮かべた。

そして、クローム@はトップから引き込んだ《Wave ウェイブ》を召喚するものの、先程のPhalanxの《ポクタマたま》で墓地は空っぽだ。GR召喚の試行回数を稼げずに、クローム@はターンを渡した。


Phalanxのターン。
Phalanの目の前にはジャスキル打点がある。あとは≪「本日のラッキーナンバー!」≫で蓋をするだけ。

しかし、《ア・ストラ・センサー》を唱えても、≪サイバー・K・ウォズレック≫で再度《ア・ストラ・センサー》を唱えても、Phalanxの元に≪「本日のラッキーナンバー!」≫は来なかった。

Phalanxは場の6打点で突っ込むかを熟考した末、ターン終了を宣言した。

しかし、その隙をクローム@が見逃すはずがなく。

不気味な絵文字が、笑い出した。


クローム@のターン開始時に、《エモG》から呼び出されたのは《天啓 CX-20》
怒涛のハンデスによって壊滅的だったハンド枚数が、これによって一挙に回復する!


Phalanxの束縛から解放されたクローム@。ついに動き出す。


クローム@は《超GR・チャージャー》を発動。GRから現れたのは《ダダダチッコ・ダッチー》。デッキトップからは《グレープ・ダール》
マナをブーストし、クローム@は追加の《超GR・チャージャー》を唱えた。今度は《バイナラシャッター》が姿を現し、 Phalanxの《Wave ウェイブ》を除去。

そして、クローム@の手から放たれる≪「本日のラッキーナンバー!」≫。宣言は「4」。

更に、捻られる赤マナが1枚。発射の合図だ。


場の5体を破壊し、発射されたのは

《無限合体 ダンダルダBB》
《天啓 CX-20》
《マリゴルドⅢ》
《マリゴルドⅢ》
《バイナラシャッター》

シータミッツァイルの真骨頂、マナドライブ6の暴力が放たれた。

まずは《天啓 CX-20》でドロー。《バイナラシャッター》《》の除去に成功。《マリゴルドⅢ》1体目で≪スゴ腕プロジューサー≫をマナから呼び出し、その登場時に《無限合体 ダンダルダBB》を引き連れた。《マリゴルドⅢ》2体目からは≪バリスイトーヨー≫が場に呼び出された。

《BAKUOOON・ミッツァイル》とマナドライブ6が生み出した爆発的なアドバンテージ。そして、逆転の目すら封じ込める≪「本日のラッキーナンバー!」≫。

それらに対抗する手段を、Phalanxは持ち合わせてはいなかった。

Winner:クローム@


「ふぅ、緊張した~」と、クローム@は試合後に笑みをこぼした。

やっと辿り着いたベスト4。栄光まで、あと2つ。

その昂揚と期待を胸に、クローム@は準決勝へと駒を進めた。

PAGE TOP

TM and © 2020, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY