TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP1st Round 6:matchi vs. えじま

ここ最近だけで言っても、コダマンマ型ヒラメキスネークや、墓地モルトといったイノベイションにあふれたデッキを構築し続けるデュエマ界屈指の名デッキビルダー、えじま。

超激戦区である関東エリア予選を突破し、全国大会出場経験もある彼が、決勝トーナメントの可能性を残す1敗ラインで戦っているときき、筆者は嬉しくて飛び出してきてしまった。

というわけで、このラウンドでは、赤緑速攻をプレイするえじまと、闇単ヘルボロフをプレイするmatchiの対戦をお届けしよう。

先攻後攻を決める大事なじゃんけんで勝利したのは、machi。 《凶殺皇 デス・ハンズ》 をチャージする。

対するえじまは1ターン目に 《凶戦士ブレイズ・クロー》 。これは 《学校男》 で対処されてしまうが、続いて 《冒険妖精ポレゴン》 《螺神兵ボロック》 をバトルゾーンに呼び出し攻めの体制を崩さない。

《西部人形ザビ・バレル》 を呼び出し、防御態勢を固めたmatchiに対して、えじまは 《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》 を召喚して攻めるが、マナ武装していないものの、 《魔狼月下城の咆哮》 をトリガーしてしまい、 《凶戦士ブレイズ・クロー》 が破壊されてしまう。

《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》 で攻めようとするえじまだったが、これはマナ武装した手打ちの 《魔狼月下城の咆哮》 で対処されてしまう。

次々とクリーチャーを展開するものの、複数の 《西部人形ザビ・バレル》 のブロック、そして 《凶殺皇 デス・ハンズ》 によって、攻めきれず、トップデックした頼みの 《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》 も2枚めの 《凶殺皇 デス・ハンズ》 によって、破壊されてしまう。

《》を召喚し、じゃんけんに勝利するえじまだが、ブロックされたバトル時の大事なじゃんけんでは敗北してしまう。

そして、 《白骨の守護者ホネンビー》 が墓地からmatchiの手に 《極・龍覇 ヘルボロフ》 をもたらし、続くターンには召喚され、 《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》 がバトルゾーンに呼び出されてしまう。

トップデックした 《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》 によって、最後の1枚のシールドをブレイクしたえじまではあったが、大量のマナと大量のクリーチャー、そして大量の墓地が揃い、 《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》 が揃った闇単の前に、火自然速攻がとれる選択肢は多くはない。

程なくして、 《悪夢卍 ミガワリ》 を装備した 《龍覇 ニンジャリバン》 が、《》 の龍解をキーに 《》 を生み出していく。

こうなってしまうと、えじまにできることは、ふたたび《》を召喚し、じゃんけんに勝利したあと敗北することくらいだった。

Winner:matchi


えじま 「じゃんけんは全部で2勝3敗でしたが、とりあえず、最初のじゃんけんだけ勝っていれば……」

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY