TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP1st 決勝第1回戦:パタ@いっせー vs. 岡伸介

7回戦に及ぶ予選ラウンドが終了し、ここからは決勝ラウンド。1敗してしまえば即敗退というシングルエリミネーションが開始する。

まず、目標とするのは、ここからの3連勝でのトップ8だろうか。それとも、トップ8など眼中になく、優勝を目指すか。それぞれが、それぞれの思惑を持って、64個の席に座る。

「公式大会にでるのは5年ぶりくらいなんですよ」

と語るのは、パタ@いっせー。本人の発言通り、近年での活躍はないものの、昔からデュエマをやっているプレイヤーには聞き覚えがあるであろう強豪プレイヤーだ。

デュエマ公認グランプリの開催を聞いて、久々にデッキを調整して会場に訪れた。

弟も全国大会レギュラークラス優勝経験を持つというデュエマ強豪兄であるパタ@いっせーだが、弟は3連敗で予選落ちしてしまったという。

パタ@いっせーは、二階席から見守る弟に兄の背中を見せることはできるのか?

対するは、埼玉から来たイメンループを操る岡伸介。

熱戦を制するのはどちらか。


ジャンケンで先攻はパタ。 《無双竜鬼ミツルギブースト》 をチャージし、続くターンには 《フェアリー・ライフ》 をプレイする。

対して、 《飛散する斧 プロメテウス》 《逆転王女プリン》 とチャージした岡は、2ターン目にマナ加速ができない。パタは自身のターンに少考の末に、《メンデルスゾーン》 をマナチャージしての 《フェアリー・ライフ》 をプレイ、続くターンに確実に6マナにたどり着くようにプレイする。

岡は、またもカードをプレイできない。この隙にパタは 《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》 をプレイ、マナゾーンには5枚のドラゴンがあるため、山札の上から5枚を確認したのちに、 《超戦龍覇 モルトNEXT》 を召喚、 《》 をバトルゾーンに呼び出す。

岡は 《パクリオ》 でパタの最後の手札である 《無双竜鬼ミツルギブースト》をシールドに送り込み、パタは引き当てた 《熱血龍 バトクロス・バトル》 をマナチャージし、7マナにすると、 《超戦龍覇 モルトNEXT》 でアタックする。

しかし、このアタックでの 《》 ではドラゴンはめくれず、その上で 《天真妖精オチャッピィ》 をストライク・バックされてしまう。

パタは、 《ボルバルザーク・エクス》 を追加してアタックし、岡のシールドをゼロ枚まで追い詰めるのだが、続くターンに岡は 《トレジャー・マップ》《龍覇 イメン=ブーゴ》 を手に入れ、残る5マナで 《次元流の豪力》 をプレイし、《》をバトルゾーンに呼び出す。

このブロックで追加されたシールドからのトリガー次第では、次のターンに7マナで呼び出す 《龍覇 イメン=ブーゴ》 からの逆転もありえた岡だったが、シールドはその願いに答えてはくれないのだった。


Winner:パタ@いっせー

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY