TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP3rd Round 9:ナヲ vs. タックン

いよいよ予選最終ラウンド。ここまで全勝で勝ち上がっているのは、紛れもなく高い実力を持っていると自負していいだろう。その中にはかつて、全国大会で日本一の座を手にしたプレイヤーの姿もあった。

彼の名はナヲ。2013年度「勝1グランプリ」オープンクラスの覇者である。

その証に、デッキの横にはちょこんとお守りらしき《神聖麒 シューゲイザー》のカードも。

ジャッジ「(ゲームに)使わないカードは全て、テーブル上から片付けてください。」

……競技イベントでは然るべき対応なので、皆様もフィーチャー席に来るときは、お守りがあっても、俺の嫁的な何かがあっても、どうしても披露したいプレイマットがあっても、フィーチャーテーブルでは残念ながら認められていない。
先攻はナヲ。初動の2ターンでナヲはNEXミラダンテ、タックンは闇火デッドゾーンであることが判明する。

3ターン目にタックンが召喚した《停滞の影タイム・トリッパー》により、多少動きは鈍るが、1ターン遅れて 《スクランブル・チェンジ》 から 《メガ・マナロック・ドラゴン》 に繋いだことにより、タックンの火のマナが縛られ、一気にタックンの動きが止まる。

《メガ・マナロック・ドラゴン》 の登場により、実質1ターンを得たナヲは、《超次元ムシャ・ホール》 でタックンの盤面を裁きつつ、デッドゾーンのデッキに高い生存率を誇る 《不死身のブーストグレンオー》 がバトルゾーンを呼ぶ。

そして、ふたたび 《メガ・マナロック・ドラゴン》 のマナ縛りがタックンの火のマナに突き刺さる。

この後も、タックンは大きな動きができず、新しく 《停滞の影タイム・トリッパー》 を追加し、せめての弾除けにすでにいた 《停滞の影タイム・トリッパー》 を攻撃へ送り出す。

続くナヲのターン。攻撃してきた 《停滞の影タイム・トリッパー》 などお構いなしに、 《勇愛の天秤》 出たばかりの 《停滞の影タイム・トリッパー》を除去しつつ、 《メガ・マナロック・ドラゴン》《不死身のブーストグレンオー》 でタックンのシールドを割りにいく。
何も出ないと言わんばかりのタックンだが、最後のシールドから 《オリオティス・ジャッジ》 がめくれ、 《不死身のブーストグレンオー》 の撃退に成功。返しのターンで 《復讐 ブラックサイコ》 に進化し、ナヲの手札と 《メガ・マナロック・ドラゴン》 を討ち取ることに成功する。

ナヲはカードを引くのみでターンを返すが、タックンは 《解体人形ジェニー》で手札の温存を許さない。やがて、2体の《轟音 ザ・ブラックV》が登場し、封印が外れることで、 《S級不死 デッドゾーン》 が墓地に駆けつけ、打点が揃う。

すかさずT・ブレイクを決めるタックン。そして、最後のシールドを割りに行くべく 《轟音 ザ・ブラックV》 を攻撃に向かわせると……ナヲの手札からこぼれたのは《斬隠蒼頭龍バイケン》!その能力によって、攻撃していた《轟音 ザ・ブラックV》を手札に戻す。タックンの後悔を余所に、ナヲのバイケンの攻撃から革命チェンジで 《時の法皇 ミラダンテXII》 と姿を変え、ファイナル革命で 《光牙忍ハヤブサマル》 の登場すら許さず、完全決着を決めるのだった。

Winner:ナヲ!

ナヲ、予選ラウンド全勝! しかしタックンもすでに予選突破は確定しているため、決勝ラウンドでのリベンジのチャンスも廻ってくるだろう。

両プレイヤーのこの後の活躍に期待したい!

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY