TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP3rd 決勝第3回戦:クロペゴ vs. SF777

いよいよ決勝ラウンドも3回戦め。ここで勝利すれば、トップ8入賞、すなわち超特製プロモである 《偽りの王 ヴィルヘルム》 を手に入れる事ができる。

さて、予想以上に多くのアーキタイプに溢れた今回のDMGP3rdであり、ここまでのカバレージでも様々なアーキタイプを紹介してきた。

しかし、現時点で一際異彩を放つにもかかわらず、まだ紹介していないアーキタイプがある。

それが、光単 《ヘブンズ・ゲート》 タッチ 《時の法皇 ミラダンテXII》 だ。

今や、 《ヘブンズ・ゲート》 と言えば、トリガー呪文系ループデッキのエンジンとしてメジャーになっており、公認グランプリにおいても、そういった意味で 《ヘブンズ・ゲート》 は歴史に名を残している。

しかし、この光単 《ヘブンズ・ゲート》 タッチ 《時の法皇 ミラダンテXII》は、昔ながらのブロッカーによって守りを固めるタイプのデッキなのだ。
そんな、真に天門のカギを持っているだろうプレイヤーが、クロペゴだ。というわけで、このラウンドでは、再び「ブロッカーデッキとしての」 《ヘブンズ・ゲート》 に息を吹き込んだクロペゴの戦いをお届けしよう。

対戦するSF777の使用するデッキは闇火 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 だ。

じゃんけんで先手はクロペゴ。すでに超次元ゾーンの時点で怪しさは漂っていたが、1ターン目に 《提督の精霊龍 ボンソワール》 をチャージしたことで、デッキが光系ヘブンズであることが対戦相手であるSF777にも明確になる。

ファーストアクションは、SF777の3ターン目の 《龍友伝承 コッコ・ゲット》 のプレイ。闇火 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 デッキのブースト手段となるこのカードを前に、クロペゴは4ターン目までアクションは無し。

ここでSF777は、2マナ軽くなった 《メガ・マナロック・ドラゴン》 をプレイ。しかし、光単のクロペゴには効果が薄く、そして《オリオティス・ジャッジ》をプレイされたことでこれが山札に送り返されてしまう。SF777は、光のトリガー系デッキ相手に効果的な 《単騎連射 マグナム》 を召喚する。

クロペゴは《》を展開。これに対して、SF777は検討の末、 《勝利のアパッチ・ウララー》 を召喚。ここで公開されたカードは驚きの 《護英雄 シール・ド・レイユ》 。SF777は《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》をバトルゾーンに呼び出す。
そして、ここで公開された 《護英雄 シール・ド・レイユ》 が召喚され、《勝利のアパッチ・ウララー》《龍友伝承 コッコ・ゲット》 を残して、バトルゾーンを一掃する。SF777は2枚目の 《勝利のアパッチ・ウララー》《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》を出し、クロペゴが《制御の翼 オリオティス》 を出した次のターン。SF777は《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を召喚すると、墓地の 《悪革の怨草士 デモンカヅラ》 を回収し、革命チェンジして 《護英雄 シール・ド・レイユ》 を破壊する。ブレイクでのトリガーは無し。

《護英雄 シール・ド・レイユ》《Dの天牢 ジェイルハウスロック》のデンジャラスイッチで相手のシールドを増やしつつ、盤面を処理するのだが、続くターンにSF777も 《ボルシャック・ドギラゴン》 を召喚し、アタックトリガーと併せてクロペゴのバトルゾーンのクリーチャーを全て破壊しつつシールドを全て破壊する。

そして、残った 《勝利のアパッチ・ウララー》 がダイレクト・アタック……と、ここで革命ゼロトリガーが発動する。

《ミラクル・ミラダンテ》 を2枚だし、2枚ともめくれるのが 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 。ここで呼び出されるのが 《》《真聖教会 エンドレス・ヘブン》 がバトルゾーンに出される。シェルじゃなくて、シエルだ。

そして 《勝利のアパッチ・ウララー》《ミラクル・ミラダンテ》 がブロックし、破壊された時の効果で 《勝利のプリンプリン》 がバトルゾーンにだされ、 《ミラクル・ミラダンテ》 が1体攻撃不能にされて、ターン終了。

クロペゴは 《》《勝利のプリンプリン》 をタップしつつ 《ボルシャック・ドギラゴン》 にアタックして自爆によって 《真聖教会 エンドレス・ヘブン》 の能力でシールドを増やす。

そして 《勝利のプリンプリン》《ミラクル・ミラダンテ》 がアタックを宣言し、 《百族の長 プチョヘンザ》 に革命チェンジし、SF777のクリーチャーがすべてマナゾーンに戻されてしまう。

先程戻した 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 を召喚すると、 《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》 をバトルゾーンに出し、 《真・龍覇 ヘブンズロージア》ごと 《ミラクル・ミラダンテ》《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》 にアタックしながら手札に戻り、 《時の法皇 ミラダンテXII》 へと革命チェンジする。《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》《天星の玉 ラ・クルスタ》 がバトルゾーンに出され、ターン終了。

SF777は何も出来ずターンを終えると、クロペゴが召喚したのがなんと 《超九極 チュートピア》 。そして、一気にシールドのブレイクを開始する。

ダイレクト・アタックへと革命ゼロトリガーで 《ボルシャック・ドギラゴン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》 をめくるが、これは 《超九極 チュートピア》でバトルゾーンに出ることが止められており、進化することはできなかった。

Winner:SF777

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY