TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP4th デッキテク:パタ選手『バッシュギヌス』

圧倒的な攻撃力でモルトNEXTが環境を席巻する中、直近の二回の全国大会を制した今最もアツいデュエル・マスターズのコミュニティ、「Winners」の長、パタが選択したデッキは今回も奇をてらったものだった。そのキーカードとは……。
《凶鬼34号 バッシュ》 。DM新1弾で突如現れたパワー1000以下をターゲットとするリアニメイト・クリーチャー。もちろん、相方として真っ先に思いつくのは 《魔龍バベルギヌス》 だろう。

誰もが夢見るコンボだが、墓地の準備も、自壊させてコンボを起動するにも環境のスピードに及ぶものではない……と思われていたのかもしれない。
しかし、それらの要素をすべて満たしたカードが存在した。それがこの 《暗黒鎧 ダースシスK》 である。このカード1枚で、手札から任意のカードを墓地へ送りつつ、 《凶鬼34号 バッシュ》 を自壊させる事ができる。
《魔龍バベルギヌス》 を釣り上げたら、まずは 《クイーン・アマテラス》 を復活させ、デッキから 《Dの地獄 ハリデルベルグ》 をサーチして出そう。

Dスイッチでさらに墓地からリアニメイトを重ねる事が可能な他、 《洗脳センノー》《ウソと盗みのエンターテイナー》 といったコスト踏み倒し妨害クリーチャーも綺麗に除去できる。
フィニッシュはおなじみのデッキ破壊パッケージ。 《凶鬼34号 バッシュ》《魔龍バベルギヌス》 が墓地にあれば、さらに能力を重ねられる。
防御手段としては定番の 《終末の時計 ザ・クロック》 や序盤は手札交換、運が良ければスーパー・S・トリガーにもなる 《超魔導書グリモア第1章》 も搭載し、手札交換のお供である殴り返し要員にもなる 《斬隠蒼頭龍バイケン》で盤面を返す事も可能となっている。

総括


最速で 《凶鬼34号 バッシュ》 を自壊してコンボすれば4ターン目に相手を必殺する事も可能であり、モルトNEXTや自然単ループよりも速いスピードを押し付けられる事ができる環境に適したデッキのひとつだったことは間違いなく、今後も要注目のデッキだろう。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY