TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP4th 準々決勝:カムイ vs. わきた

GP4th予選ラウンドの8回戦と決勝ラウンドの4回戦を経て、生き残ったプレイヤーも僅かに8名となった。

このトップ8に5人もの選手を導いているのが、 《超戦龍覇 モルトNEXT》《闘将銀河城 ハートバーン》 の激烈なコンボによる一撃でゲーム勝利を目指す通称『モルトNEXT』デッキである。

互いにノーガードの叩き付け合いとなることが予想される『モルトNEXT』デッキ同士の対戦の模様をお送りしよう。

負ければそこで終わってしまうこの戦い。

『次なる戦い』言うなれば『NEXT』を勝ち取るのはどちらの選手か?

Game 1


[先攻]:カムイ

ジャンケンに勝利したのは「カムイ」選手。

初手には 《超戦龍覇 モルトNEXT》 《ボルシャック・ドギラゴン》 《熱血龍 バトクロス・バトル》 《無双竜鬼ミツルギブースト》 の4枚。

(※デッキレシピの枚数記入誤りによるペナルティ裁定が下され、Game 1の手札が1枚減った4枚の状態でゲーム開始)

マナ加速する呪文カードを引けるかどうかが、勝負の行方を大きく左右させる。

対するは、マナ加速する2枚の呪文カードを含んだ 《次元龍覇 グレンモルト「覇」》 《メンデルスゾーン》 《フェアリーの火の子祭》 《熱血龍 バトクロス・バトル》 《メガ・マナロック・ドラゴン》 といった5枚で、手札状況とデッキ構成で比較すると、まずは「わきた」選手がリード。

だがしかし、「わきた」選手のリードでゲームが始まったのも束の間。

「カムイ」選手は先攻1ターン目のマナチャージステップに意を決して貴重なマナブーストカードとなる 《無双竜鬼ミツルギブースト》 をマナチャージし、続く先攻2ターン目のドローステップでまさかまさかの 《メンデルスゾーン》 を引くことに成功する!!

この 《メンデルスゾーン》 でめくれたカードは、もちろんと言わんばかりの2枚のドラゴンで、一気に先攻5ターン目 《超戦龍覇 モルトNEXT》 召喚からの勝利への道が拓けてきた。

返す「わきた」選手の後攻2ターン目、ここで自然のカードをドローすることができれば 《メンデルスゾーン》 プレイからの後攻3ターン目に 《フェアリーの火の子祭》 をプレイという流れで、「カムイ」選手に追い付くことのできる手札ではあったものの、引き当てることができなかったため、自然マナを確保するための悩ましい2択を迫られることになる。

後攻というハンデを背負っているが故に、安定を求めるなら 《メンデルスゾーン》 、速度勝負でいくなら 《フェアリーの火の子祭》
そして、「わきた」選手がマナチャージに置くカードとして 《メンデルスゾーン》 を選択する。

後攻3ターン目と4ターン目に 《フェアリーの火の子祭》 プレイでマナを追加チャージして、あとは「カムイ」選手のマナが7に到達する先攻5ターン目に何も起きずにターンが返ってくることを祈るだけとなった「わきた」選手であったが、「カムイ」選手のバトルゾーンには 《超戦龍覇 モルトNEXT》《闘将銀河城 ハートバーン》 が降臨し、勝負あり。

試合開始からわずか2分の出来事であった。

カムイ 1-0 わきた

Game 2


[先攻]:わきた

先攻の「わきた」選手の手札は 《超戦龍覇 モルトNEXT》 《メンデルスゾーン》 《フェアリーの火の子祭》 《リュウセイ・ジ・アース》 《ボルシャック・ドギラゴン》 と先程同様の初手で、今度は後攻ではなく先攻である。

先攻2ターン目、 《リュウセイ・ジ・アース》 の2枚目を引いたため、そのまま 《リュウセイ・ジ・アース》 をマナチャージしてターンを返し、3ターン目に 《メンデルスゾーン》 プレイ、4ターン目に 《フェアリーの火の子祭》 をプレイし、5ターン目に 《超戦龍覇 モルトNEXT》 召喚のプランを選択する。

これに対抗するには、後攻4ターン目での 《超戦龍覇 モルトNEXT》 召喚で応じるしかない「カムイ」選手。

運命の後攻2ターン目。

まずは 《メンデルスゾーン》 をプレイ。

山札の上の2枚は……、ドラゴンが2枚めくれ、マナを4枚にして第1関門突破。

続く後攻3ターン目。

《フェアリーの火の子祭》 をプレイでマナを6枚にして第2関門突破。

後攻4ターン目。

マナチャージステップで7枚目のマナを置き、あとは 《超戦龍覇 モルトNEXT》 を召喚して第3関門を突破するのみといった状況だが、手札に眠るドラゴンは 《怒英雄 ガイムソウ》 ともう1枚の 《怒英雄 ガイムソウ》 の2枚であったため、 《フェアリーの火の子祭》 を2回プレイしてターンを返すに留まる。
そして迎えた先攻5ターン目、手札からバトルゾーンへと召喚される 《超戦龍覇 モルトNEXT》 、超次元ゾーンから降臨する 《》 、革命チェンジ発動によって躍り出る 《蒼き団長 ドギラゴン剣》 とファイナル革命で呼び出される 《リュウセイ・ジ・アース》 と「わきた」選手は連続して4体のコマンド・ドラゴンを繰り出し、「カムイ」選手を守る5枚のシールドを一気に吹き飛ばして鮮やかに1本取り返す!

カムイ 1-1 わきた

Game 3


[先攻]:カムイ

先ほどまでの速度勝負とは打って変わって、互いにマナ加速する呪文を携えることなくスタートとなったGame 3。

4ターン目までは一切のアクションがなくマナチャージのみで進行する静かな展開であるが、それ故にこの勝負は一瞬で決する様相を呈してきている。

先に動き出したのは「わきた」選手。

後攻4ターン目に 《フェアリーの火の子祭》 によってマナを5枚へと伸ばし、次のターンには 《スクランブル・チェンジ》 からのビッグアクションを伺わせる雰囲気に。

そして、先に7マナへと到達させまいと先攻5ターン目を迎えた「カムイ」選手も、 《無双竜鬼ミツルギブースト》 の能力で追加のマナチャージができたものの、「カムイ」選手の手札の中には 《超戦龍覇 モルトNEXT》 の姿は未だ無い。

続く後攻5ターン目。

「わきた」選手は 《フェアリーの火の子祭》 を2回プレイし、 《超戦龍覇 モルトNEXT》 が手札にあれば次のターンには決着の刻を迎えることになる。

恐らくはここで全てが決まるであろう。

タイムリミットが迫った「カムイ」選手の先攻6ターン目のドローステップ。

この山札の頂きより現れるは、ここまでの12度もの激戦を幾度となく共に切り抜けてきた、その名も 《超戦龍覇 モルトNEXT》
カムイ 2-1 わきた

《超戦龍覇 モルトNEXT》 が『NEXT』ステージへと導いたのは「カムイ」選手!

Winner:カムイ

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY