TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP5th Round 5:ローライト vs. 無尽蔵のサブウエポン

DMGP5thの予選も半分が終わり後半戦へ突入、というこのタイミングでフィーチャー席に現れたのは公式戦にていくつもの栄光を掴んだ男、無尽蔵のサブウエポンだ。

それに対するは三重からの刺客、ローライト。

禁断の鼓動と最終禁断フィールドがそれぞれの場に展開され、両者の戦闘準備が整っていく。

後半戦の火蓋は、熱く激しい火文明のぶつかり合いによって落とされた。
先行を勝ち取った無尽蔵のサブウエポンの動きは長考を含んだものの、 《ランド覇車 ガンブルマン》 をマナに置き 《凶戦士ブレイズ・クロー》 を召喚と彼の盤面の動きは非常に軽快なものとなった。

先攻1ターン目に出てきた歴戦の切り込み隊長の登場に、ローライトの顔が僅かに歪む。

《熱血龍 バトクロス・バトル》 のチャージから入ったローライトだが、対速攻には撃っておきたい 《メンデルスゾーン》 を2ターン目に撃つ為には自然単色のカードを置かなければならなくなり、結果として 《超戦龍覇 モルトNEXT》 のマナ武装の達成を遠ざけてしまう。

火単色のカードを置かざるを得なかったことに対して彼の歪んだ顔が戻らない。

2ターン目、ターンは戻り無尽蔵のサブウエポンのターン。 《一番隊 チュチュリス》 を少し考えたのちにマナチャージしてバトルゾーンに出したのは 《一撃奪取 トップギア》

すかさず 《凶戦士ブレイズ・クロー》 で攻撃。ローライトのトリガーは発動しない。
シールド4枚で迎えるローライトのターン、 《フェアリーの火の子祭》 を置いて 《メンデルスゾーン》 を唱える。マナゾーンに置かれたのは 《次元龍覇 グレンモルト「覇」》 と2枚目の 《熱血龍 バトクロス・バトル》 。2ブーストを成功させるも、相手が相手なだけに予断を許さない状況が続く。
そんな中このゲームの最大の転機となる先攻3ターン目の無尽蔵のサブウエポンのターンが始まる。
《無重力 ナイン》 を挟んで出てきたのはビートジョッキーの総大将的存在、《“罰怒“ブランド》 だ。

《凶戦士ブレイズ・クロー》《一撃奪取 トップギア》、そして《“罰怒“ブランド》の効果でスピードアタッカーを得た自身と《無重力 ナイン》でシールド4枚とダイレクトアタックが決まるだけの頭数は揃っている。

息を整えて、総突撃。

《凶戦士ブレイズ・クロー》 の攻撃……トリガーはない。

《“罰怒“ブランド》 のW・ブレイク…………このブレイクも、トリガーはない!

《無重力 ナイン》 が最後のローライトのシールドを突き破る………………これも、トリガーはなし!!!

《一撃奪取 トップギア》 がプレイヤーへのダイレクトアタックを行い、フィーチャー席という大舞台で圧巻の先攻3ターンキルを目の当たりにした。

Winner:無尽蔵のサブウエポン

「モルトNEXTというデッキに対して徹底的に対策を行った。相手が先攻で《メンデルスゾーン》 の2ブーストから 《無双竜鬼ミツルギブースト》 の高い要求値を叩きつけられない限り勝てるようにした」、と語る無尽蔵のサブウエポンの的確なメタ読みが、自身を勝利へと導いた。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY