TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP5th 準決勝:かめ vs. ロマノフsign

グランプリの準決勝は、特別な意味を持つ。

なぜなら、グランプリの上位2名には全国大会への出場権利が付与されるからだ。

この1勝は、全国への切符だ。

そして、準決勝に残った4人のうち、いわゆるバイク、 《轟く侵略 レッドゾーン》 を使用するプレイヤーは二人。そして、この二人が準決勝で対戦することとなった。

つまり、この対戦は、全国大会への切符をかけて、本日の会場最強のバイク乗りを決める戦いなのだ。

だが、互いに 《轟く侵略 レッドゾーン》 をキーカードとしたデッキでありながら、二人のデッキは大きく違う。

栃木4位のかめが使用するのは、自然のマナ加速でバイク着地を早め、 《獣軍隊 ヤドック》 で相手のゲームプランを阻害する火自然レッドゾーン。

対するロマノフsignが使用するのは、加速要素では自然に劣るものの、環境最強クラスの踏み倒し対策である 《異端流し オニカマス》 を筆頭に 《終末の時計 ザ・クロック》 《龍脈術 落城の計》 といった、これまた環境最強クラスのトリガーを加えた火水レッドゾーンだ。

青いバイクと、緑のバイク。グランプリ・サーキットを最速で駆け抜け、全国大会への出場権を手にするのはどちらか。

Game 1


じゃんけんで先手をとったロマノフsignは 《轟速 ザ・レッド》 を1ターン目にマナチャージし、2ターン目に 《一撃奪取 トップギア》 を召喚する動き。だが、かめも2ターン目に 《虹彩奪取 トップラサス》 を召喚し、スピードでは譲らない。

だが、先にバイクへの乗車権を持っているのは先手のロマノフsign。 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚すると、侵略無しで2枚をブレイク。さらに少考して、思慮深く 《一撃奪取 トップギア》 でアタックし3枚目のシールドをブレイク。《轟速 ザ・ゼット》 を破壊してターン終了。

一見不可思議なロマノフsignの動きに対し、かめは検討を重ねつつも、同じく《轟速 ザ・ゼット》 を召喚。返しのターンに自分が負けるパターンが無いか考えた末に、まずは 《虹彩奪取 トップラサス》 でアタックし、さらに 《轟速 ザ・ゼット》《熱き侵略 レッドゾーンZ》 《轟く侵略 レッドゾーン》のバイクフルコース侵略というフルスロットルでロマノフsignのシールドをゼロとする。

このブレイクを見て、ロマノフsignは 《龍脈術 落城の計》 で自身の封印を手札に戻し、残る封印を4枚とする。

続くターン、スピードアタッカーを出し、何かしらの侵略者を3回侵略できれば 《》 が禁断解放できる。しかし、ロマノフsignの手札には侵略は2枚。

ロマノフsignはカードをドローすると、 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚し、そして、 《虹彩奪取 トップラサス》 へのアタックを宣言する。それは、3枚目の侵略者を引けなかったサイン。 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 《轟く侵略 レッドゾーン》 と侵略し、盤面を一掃するが、返しのターンにバイクをたたき付けられてしまう。

かめ 1-0 ロマノフsign

Game 2


先手のロマノフsignは 《轟速 ザ・ゼット》 をマナチャージし、対するかめは《Rev.タイマン》 をマナチャージ。ロマノフsignは2ターン目にアクションはなく、一方のかめは 《虹彩奪取 トップラサス》 をプレイする。

ロマノフsignの初動は3ターン目の 《異端流し オニカマス》 。対するかめも3ターン目にバイクは走らせず 《獣軍隊 ヤドック》 を召喚、 《虹彩奪取 トップラサス》 でアタックする。ロマノフsignはこの 《虹彩奪取 トップラサス》へと 《轟速 ザ・レッド》 でなぐり返してターンエンド。

かめは 《桜風妖精ステップル》 を召喚しマナを伸ばすと、 《Rev.タイマン》《獣軍隊 ヤドック》 のパワーを上げ、 《轟速 ザ・レッド》 を一方的に討ち取る。

このプレイによって厳しい盤面となったロマノフsignは互いの殴り返しについて検討した末に 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚。さらに盤面を計算すると、アタックせずにターンを返す。

ロマノフsignが続くターンにゲームを決めてくる可能性が高いと判断したかめは、先に詰めろをかけるべく 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚すると、横に並んでいる 《獣軍隊 ヤドック》 《桜風妖精ステップル》 と共にアタックしロマノフsignのシールドをゼロとする。
このターンのマナチャージでついにロマノフsignのマナは6に。これによって《獣軍隊 ヤドック》 の呪縛から解放されるロマノフsignは、結果 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 をマナを支払って召喚し、シールドを1枚墓地に落とす。

そして、まずは 《異端流し オニカマス》 でシールドをブレイクし、残るかめのシールドを3に。続いて 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 でアタックすると、さらなる 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 と2枚の 《轟く侵略 レッドゾーン》 で侵略し、封印をすべて外しての禁断解放。

これによって、かめの盤面を一掃しつつ 《父なる大地》 をケアできる 《》 を立てた状態での3枚ブレイクを達成する。

だが、ここでトリガーするのは 《Rev.タイマン》 。革命2が発動し、 《》 がアタックできなくなってしまう。観客席からは歓声が上がる。仲間の決勝進出を信じて。

ロマノフsignは、あとはかめがスピードアタッカーを持っていない事だけを祈りターンを返す。だが、無情にも、かめは4マナをタップし 《轟速 ザ・レッド》 を召喚する。再び上がる歓声。かめは決勝戦にむけて栄光のダイレクトアタックを決める。

……手札に持っていた 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を添えて。

ロマノフsignは 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を見るやいなや、自身のバトルゾーンの 《異端流し オニカマス》《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を順番に指さす。

それは 《異端流し オニカマス》 が不正を審問する魔術を使用するサイン。

かめ 1-1 ロマノフsign

Game 3


多くの場合、勝負には流れがあると言う。かめは、ほぼ確定していた勝利を寸前で逃してしまった。

勝負に流れがあるというのならば、きっと、かめは流れを逃すだろう。

だが、かめは流れ以上の運命を持って、最速のゲームを決める。

先手のかめは 《虹彩奪取 トップラサス》 を1ターン目にマナチャージし、2ターン目に 《虹彩奪取 トップラサス》 を召喚する。ロマノフsignは 《単騎連射 マグナム》 《轟速 ザ・レッド》 と2ターン連続でマナチャージ。

3ターン目。かめは 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚すると、まずは 《虹彩奪取 トップラサス》 でシールドをブレイク。そして、 《轟速 ザ・ゼット》 でアタックすると、再び 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 《轟く侵略 レッドゾーン》のバイクオーバーロード。この 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 の能力で墓地に置かれたのが値千金の 《終末の時計 ザ・クロック》

続く3枚のブレイクにはトリガーがなく、ロマノフsignの返すターンはマナが3マナしかないため、逆転にむかうアクションをとれない。 《異端流し オニカマス》 を召喚し、ターンを終える。

かめがクリーチャーをタップすると会場が拍手で包まれる。

それは勝者を賞賛するサイン。

かめ 2-1 ロマノフsign

Winner:かめ

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY