TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY1 Round 5:ウスラトンカチ vs. あー/中村

 一昔前に見たヴィヴィッドな黄色一色、原一派パーカーを身にまとってフィーチャー席にやってきたあー/中村
 直近では《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を物理的に99マナ払って唱えた実績で有名だが、トーナメントシーンでの彼は東北きってのデッキビルダーとして有名。
 2018年の全国大会で本戦進出を果たした《海底鬼面城》入り『赤青覇道』も彼の作品。
 本人は「丸くしすぎた」と後悔していたが、前半戦を全勝で折り返す“中村スペシャル”を組み上げてきたようだ。

 その対戦相手はウスラトンカチ熊本の地で開催された超CSで3位の結果を残した男だ。
 最近はCS運営に多く携わっていることもあり競技シーンに顔を出すことは少ないものの、関西ではdottoギラサキと肩を並べる実力者として知られる。
 「周りに助けてもらった」と謙遜しつつ今回も4-0。

 お互い名が知れた実力者、気さくな性格でも知られるため私も交えて和やかなムード。
 その雰囲気は試合が始まっても崩れることはなかった。

 ……が、名手同士の対決は得てして名勝負を生みだす。
 時折混じる冗談とともに繰り広げられたのは、非常に難しいコントロール同士のロングゲームだ。


先攻:あー/中村
 あー/中村が先攻。その初手セットは……《天地命動 バラギアラ/輪廻暴冥》
 後続のマナセットからも、今回の“中村スペシャル”は『バラギアラ』で間違いなさそうだ。
 対するウスラトンカチは『白単サバキZ』。《煌龍 サッヴァーク》を失ったものの《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を得たことで新たな展開力を手にしたアーキタイプだ。

 ファーストアクションは後攻ウスラトンカチの《憤怒スル破面ノ裁キ》。幸先よくカードを重ねる展開にあー/中村も「強い~」と漏らす。
 しかしファーストインパクトは“中村スペシャル”の3ターン目。その手からは予想だにしないカード。

 それは……≪種族選別≫!!
 ツインパクト界の《天雷の導士アヴァラルド公》といってもいい超強力ドローソースがデッキトップ3枚を捲り、
 《マナの長老 ジョウモン爺/枯れ葉マナ隠し》
 《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》
 《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を全て回収。
 特に《マナの長老 ジョウモン爺/枯れ葉マナ隠し》という見慣れないカード、ウスラトンカチは念入りにテキスト確認を行う。
 しかし、ドローソースという領分はウスラトンカチが操る『白単サバキZ』の十八番でもある。3ターン目も軽快に《剣参ノ裁キ》をプレイ。
 これが《煌メク聖戦 絶十》を回収し同じシールドに紋章を重ねる。4ターン目のコンボに向けて着々と準備を進めていく。

 あー/中村は先ほど回収した≪ツインパクト・マップ≫からついに≪魂フエミドロ≫に辿り着き、これをキャスト!
 ……するもデッキトップから捲れたのは《撃髄医 スパイナー》。お互い苦笑いののち、「もぉ~……」と悲痛な声があー/中村の喉から漏れ出る。
 それを見逃すウスラトンカチではない。ここで一気に仕掛ける。
 4ターン目《転生ノ正裁Z》で紋章が2枚重なったシールドを回収してサバキZ、《煌メク聖戦 絶十》《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》空撃ち。
 それらの効果で3枚の表向きシールドが新たに作られ、合計で9軽減。降り立つのは……

 ≪偽りの王 ナンバーナイン≫!!

 ツインパクトを軸とする『バラギアラ』にとっては天敵となり得るカード。それを見て……「はぁ」と一声。

 ただこの声は溜息ではなく、「なるほど」の意。そのドローを見て「ちょっと考えるわ」と断りを入れ、逆転の道を模索していく。
 まずは≪音奏 ハイオリーダ≫を出しシールドを追加、その効果により《バツトラの父》がGR召喚される。

 まずこの≪偽りの王 ナンバーナイン≫には《始虹帝 ミノガミ》があれば簡単に処理できるが、そのシールドに表向きは3枚。否が応でもチラつく《煌世主 サッヴァーク†》の影。

 ウスラトンカチはノーセット《憤怒スル破面ノ裁キ》でドローし…
 新生『白単サバキZ』の新たな切り札、3軽減で≪音奏 ハイオリーダ≫が降り立つ。
 シールドが増え、《純白の意志 ヴィンチ》がGR召喚される。

 あー/中村は≪レレディ・バ・グーバ≫を召喚。
 そのパワーラインは9000。今まで手を焼いていたであろう≪偽りの王 ナンバーナイン≫に届くが……
 ここは≪音奏 ハイオリーダ≫とのコンボで超展開も見込める《煌メク聖戦 絶十》を処理。

 この時点であー/中村の頭が組み立てていたのは、≪偽りの王 ナンバーナイン≫を無視するゲームプラン。
 《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》空撃ちを絡めて、半ば無理やり≪偽りの王 ナンバーナイン≫を出したウスラトンカチの動きには大きな弱点がある…それは手札リソースの枯渇。
 ここで≪偽りの王 ナンバーナイン≫にかまってしまうと《煌メク聖戦 絶十》≪音奏 ハイオリーダ≫のコンボにより大量打点で制圧されてしまうのは必至。

 かつ、あー/中村の『バラギアラ』は≪偽りの王 ナンバーナイン≫をあまり苦にしないタイプである。
 《マナの長老 ジョウモン爺/枯れ葉マナ隠し》《偽りの名 13/種族選別》をクリーチャー面で使用して殴り手を確保し、呪文を使用せずとも大形クリーチャーで殴り切るプランもゲームプランに取り入れることができるのだ。
 ウスラトンカチのリソース不足に付け込みトップデック勝負で強力なクリーチャーを叩きつけ続けることで逆転のチャンスを伺うプランを5ターン目から見こしていたのだ。
 しかしウスラトンカチもこれに対応する手段を確保していた。それは《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》
 そのリソース力、そしてブロッカーによりあー/中村の手札にある≪マナの長老 ジョウモン爺≫から≪音奏 ハイオリーダ≫を守る。
 とはいえあー/中村はもうクリーチャーを迅速に並べて殴り合いに持ち込むしかない。≪ファビュラ・スネイル≫≪奇石 ミクセル≫ を盤面に並べてターンを渡す……が。

 後に「あれがなければなぁ……」とあー/中村が述懐したそのカード。
 それはウスラトンカチの手から放たれた2枚目の《転生ノ正裁Z》!!
 一気にリソースを稼ぐこの一打から、サバキまずは《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》≪ファビュラ・スネイル≫を叩き、さらに《転生ノ正裁Z》《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》であー/中村の≪音奏 ハイオリーダ≫を取り、《剣参ノ裁キ》
 この間に盤面を≪音奏 ハイオリーダ≫が引き連れたGRクリーチャーが埋め尽くす。

 その中には……除去体制+高パワーラインのブロッカーとなった、《煌銀河 サヴァクティス》が2体!!
 「《煌銀河 サヴァクティス》2枚はきついよ~」とぼやくが、あー/中村は呪文が撃てない以上やることは限られる。
 ≪マナの長老 ジョウモン爺≫のマッハファイター、これを《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》でブロックし、これまた≪音奏 ハイオリーダ≫が誘発してGR召喚。
 さらに《転生ノ正裁Z》《煌メク聖戦 絶十》《煌メク聖戦 絶十》でGR3回、GRゾーンのカードが出尽くし、さらに軽減を絡めて《煌世主 サッヴァーク†》も登場。
 ≪マナの長老 ジョウモン爺≫の攻撃制限能力にかからないクリーチャーも多く、ウスラトンカチの攻める準備は整った。

 あー/中村は≪偽りの王 ナンバーナイン≫を出してこれ以上の展開を阻害するが時すでに遅し。
 さらに≪音奏 ハイオリーダ≫《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》を追加したウスラトンカチがついに全軍突撃。
 まずは≪偽りの王 ナンバーナイン≫で2点……。
 ここであー/中村のシールドから《撃髄医 スパイナー》
 これまで彼を苦しめた≪偽りの王 ナンバーナイン≫をパワーマイナスで焼却。

 少し話が変わってきた。
 まず表向きのシールドに張り付けられた≪ゴルチョップ・トラップ≫をケアすることが最低でも必要。《煌銀河 サヴァクティス》《煌世主 サッヴァーク†》を殴り手として確保しなければならない。
 しかし≪音奏 ハイオリーダ≫で増え、残り4枚のシールドから≪ゴルチョップ・トラップ≫などが捲れると…見えている≪ゴルチョップ・トラップ≫のケアが不可能になり、あー/中村に逆転のチャンスを与えてしまう。

 ……そんなことを考えている余裕はなかった。
 その理由はお互いにずっと意識していた制限時間。

あー/中村「お互い(制限時間終了後の)両者敗北は避けたいでしょ」
 その要求にウスラトンカチはプレイで応える。
 息つく間もなく《煌メク聖戦 絶十》1点、《煌世主 サッヴァーク†》3点を入れ、トリガーチェック……

 ここでトリガーされたのはすでに表向きにされていた≪ゴルチョップ・トラップ≫……


 ……のみ!! パワーパンプされた《煌銀河 サヴァクティス》がかわし、そのままダイレクトアタック。
 時間ギリギリの攻防を制したウスラトンカチが5-0を決めた。


Winner:ウスラトンカチ

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY