TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY1 Round 6:TIGHT vs. ZweiLance

 生放送で放送され、対戦の様子がカバレージとして残るフィーチャーマッチ。
 どのフィーチャーマッチも記録と記憶に残る熱い戦いであるが、無論フィーチャー外でも熱い戦いが繰り広げられている。

 そして、予選第6回戦。『闇単コントロール』の“アゴクイゼオス”に生放送が湧く中、フィーチャー外で見逃せない対戦を発見してしまった。

 TIGHT vs ZweiLanceである。

 中野のドンと呼ばれるほどの強豪プレイヤーTIGHTと、カーナベル所属のプロプレイヤーZweiLanceの対戦。

 お互い無敗で勝ち進んでおり、ここで勝ったプレイヤーは早期の予選進出確定に王手をかける。

 この重要な一戦を是非ともカバレージとして記録したいと思い、急遽筆を執ることとなった。

 試合の写真こそ無いが、熱い戦いの様子をお届けできれば幸いだ。


先攻:TIGHT

 ZweiLanceは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ヤッタレマン》を回収。

 2ターン目に《音奏 プーンギ》を召喚するTIGHT。3ターン目には≪奇石 ミクセル≫を召喚し《音奏 プーンギ》で攻撃。

 対するZweiLanceは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ヤッタレマン》を回収するが2ターン目に動かず、1ターン待ってからの《ヤッタレマン》を2体召喚。
 最速《KAMASE-BURN!》をケアする丁寧なプレイングを見せる。

 TIGHTの4ターン目、《ナゾの光・リリアング》を召喚。唱えるのは《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《アネモⅢ》と共に《KAMASE-BURN!》が炸裂し、GR召喚された《純白の意志 ヴィンチ》《ヤッタレマン》を1体破壊する。

 続けて《音奏 プーンギ》と≪奇石 ミクセル≫でシールドをブレイク。

 シールド枚数が心許なくなりつつあるZweiLanceは、《ヤッタレマン》をバトルゾーンに追加し≪7777777≫でTIGHTの非GRクリーチャーを一掃。

 一方手札を使い切ったTIGHTだが、≪奇石 ミクセル≫をトップデックし召喚。再び《ジョット・ガン・ジョラゴン》の召喚を牽制しつつ、2体のGRクリーチャーで攻撃を仕掛ける。

 TIGHTの攻撃によってシールドが0枚になるZweiLance。

 しかし《行燈どろん》がトリガーし、≪奇石 ミクセル≫と《純白の意志 ヴィンチ》を破壊。更に、GR召喚で登場したのは《防護の意志 ランジェス》


 GR召喚によってブロッカー確保に成功したZweiLance。ジョーカーズを展開し《ガヨウ神》でドローするが、《ジョット・ガン・ジョラゴン》は手札に見えず。

 そして《アネモⅢ》を殴り返せるクリーチャーは存在しないため、《アネモⅢ》《防護の意志 ランジェス》が睨み合う。

 ブロッカーを超えるカードを引けばTIGHTが勝利し、引けなければ並んだジョーカーズの攻撃によってZweiLanceが勝利するだろう。

 もはや猶予はこのターンのみ。

 一進一退の攻防の中勝負を決めたのは…

 トップの《♪正義の意志にひれ伏せ》!!


Winner:TIGHT
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY