TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

DMGP8th DAY1 準々決勝:ぴな vs. Arturia

 ベスト8が出そろい、いよいよ準々決勝!!
 選手達も朝からの疲労が蓄積し、これからが正念場だ。
 恒例の記念撮影を終え、いざ、再びの真剣勝負。

 「ベスト8の方はフィーチャーテーブルへ集まってください」

 突如、ジャッジマネージャー中嶋 智哉のアナウンスがこだました。

 屈強なジャッジチームをGP1stから統括し、日本一のジャッジと言われる彼の一言をGP会場で無視できる人間はいないだろう。

 (この流れは一体……?)

 カバレージチームもこの異例の呼び出しを受け現場へ急行した。
 そこにはベスト8の選手の前に立つ中嶋の姿が。

中嶋「ベスト8の皆さん、おめでとうございます。皆さんにはベスト8プロモである《超戦龍覇 モルトNEXT》を配布します。」

 (何だ、モルネクを配布するための呼び出しか)

中嶋「トランスポーターの方、お願いします」

 (!?)

…….ズン…ズン..ズン….ドンッ!!
サングラス×スキンヘッド×スーツ、『屈強』という形容詞がふさわしい男が現れた。
 これはリアルファイトでプロモを獲得する新レギュレーション!?
 今日は2ブロック構築じゃなかったのか!?
 あ、スキンヘッドは髪型的には0ブロック。新レギュレーション「0ブロック(殿堂撤廃とか?)」の示唆という可能性は……??

 混乱する会場、筆者。

 ん? 男の手には手錠で繋がれたジュラルミンケースが。
 すると、男によってケースは龍解。神々しい8枚の《超戦龍覇 モルトNEXT》が現れた。
中嶋「そ、それでは、皆さんにTOP8プロモを贈呈します」

 こうして、「珍しく動揺する中嶋」、「笑いをこらえつつ、結果笑う選手達」、「実は口元に笑いをこらえていたサングラスの男」という思い出と共にTOP8プロモは世に放たれたのだった。

 数年後、サングラスの男役をやりたそうに見ていたラーメン仙人がまた別の演出に関わることになるのだが、それはまた別のお話。

 ということで、場面は準々決勝に移る。

 人は老若男女等しく人生を歩む。
 生まれ、活動し、時にはデュエマをし、老いて最期を迎える。

 しかし、人生には転機がある。
 それを予想できる人間はいるか!?

 否、それができるのは神のみである。

 GP会場にも神は存在するのかもしれない。
 昨日までの一般プレイヤーが1日にしてスタープレイヤーになる。

 GPはそれが起こり得る場所だ。

 どのチームにも所属なし、CS実績もなし、だが今日勝ち続けた。
 そんな2人の対戦をお届けしよう。

「自分、普段全然こんな上位まで来れなくて、CSでも入賞したことないんですよ!!」

「自分もです。CSには行きますが、特にチームにも入っていなくて、なぜここにいるのか不思議で(汗)」

 運命のいたずらか、デュエル・マスターズ競技の最高峰に近い舞台に無名の2人の姿があった。
 ぴな、そしてArturiaだ。
 2人は同じ境遇でこの大会を勝ち抜き、同じ気持ちでここにいる。

 使用デッキは『光火轟轟轟ブランド』。
 これも共通。

 頂点へ駒を進める1人を選ぶため、導かれた2人は激突する。
 GPの神に選ばれるために。
 いや、選ばせるために。

Game 1

先攻:ぴな

 1ターン目は両者《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》をマナチャージ。

 ぴなの2マナ目、環境最速デッキはここから動く。
 《ナゾの光・リリアング》を召喚し、《♪正義の意志にひれ伏せ》を唱え、《バツトラの父》がGR召喚された。

 返しのArturia。同じく《ナゾの光・リリアング》を召喚し、《ヘブンズ・フォース》から《凶戦士ブレイズ・クロー》≪奇石 ミクセル≫を場に出しターンエンド。

 次のターン、ぴなは《ナゾの光・リリアング》でArturiaのシールドをブレイク。

 『光火轟轟轟』のミラー戦の場合、「如何に相手の《“轟轟轟”ブランド》を出させないか」が重要だ。≪奇石 ミクセル≫で妨害するか、相手手札を増やすか。

 迷わず後者を敢行したぴな。
 多くのミラー経験が伺える。

 ただ、それを理解しているのはArturiaも同じだ。
 返しのターンで《♪正義の意志にひれ伏せ》を唱え、GR召喚からの《バツトラの父》、そして相手の《バツトラの父》をタップし、《凶戦士ブレイズ・クロー》《バツトラの父》と相打ちした。

 更に、≪奇石 ミクセル≫《ナゾの光・リリアング》でそれぞれブレイクしターンを返す。

 次のぴなは≪奇石 ミクセル≫を召喚し、場の《ナゾの光・リリアング》で相手の≪奇石 ミクセル≫と相打ちをした。

 エスケープはせず破壊され、そのままターンエンド。

 返しのArturiaは《音奏 プーンギ》を召喚後、《ナゾの光・リリアング》でブレイクし、ターンエンド。

 同型デッキ故、お互いの手の内を知り尽くした2人の攻防。
 同じ境遇ゆえ、気持ちも通い合い、どこかこの状況を楽しんでいるようにも見える。

 ここまではジャブの撃ち合いの様相を呈していたが、大きく深呼吸した後にぴなが渾身の右ストレートを放った。

 ≪奇石 ミクセル≫を召喚し、《ヘブンズ・フォース》から≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫を場に出した。

 そして、ミクセルの妨害から解放された《“轟轟轟”ブランド》がマスターG・G・Gにより降臨。めくった山札トップは、再び《“轟轟轟”ブランド》
 これにはArturiaも苦い顔。

 引いた1枚でArturiaの《バツトラの父》を破壊し、2体の《“轟轟轟”ブランド》≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫が一気に攻め立てた。

 その猛攻を防ぐ解答をArturiaは持ち合わせていなかった。

ぴな 1-0 Arturia


 しかしArturiaの顔に動揺はない。
 ここまで想定内のミラー戦を展開できた証だろう。

Arturia「このゲームって負け先ですよね?」

 ジャッジに尋ねる彼の眼は、既に次のゲームを見据えていた。

Game 2

先攻:Arturia

 Arturiaの先攻から始まった2ゲーム目。
 Arturiaは2ターン目に≪奇石 ミクセル≫、ぴなは返しで《音奏 プーンギ》を召喚した。

 次のターン、Arturiaは《ナゾの光・リリアング》を出して打点を確保し、≪奇石 ミクセル≫でシールドブレイクしてターンエンド。

 次のターン、ぴなは《♪正義の意志にひれ伏せ》でArturiaの《ナゾの光・リリアング》をタップ。そしてGR召喚で《バツトラの父》を場に。

 続けて《音奏 プーンギ》の攻撃でArturiaの≪奇石 ミクセル≫を破壊し、次へ備える。
 《音奏 プーンギ》のパワーライン2500が活きた。

 しかし、先ほどの借りを返すようにArturiaが動く。

 ≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫を召喚し、続けて《“轟轟轟”ブランド》。1ドローし、捨てて《バツトラの父》を破壊。

 更に≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫《音奏 プーンギ》に攻撃してアンタップ。そこからもう一度シールドブレイク。

 そして《“轟轟轟”ブランド》がW・ブレイク。
 しかしぴなはシールドトリガー《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》を引き当てた。

 効果でArturiaの場を全タップし、GR召喚。
 出たのは《予知 TE-20》。山札上を見て長考の末山札下へ。

 そのままぴなのターン。
 《ヘブンズ・フォース》から≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫、更に《ヘブンズ・フォース》から《グレイト“S-駆”》≪奇石 ミクセル≫を場に送り出した。

 そして《“轟轟轟”ブランド》もバトルゾーンへ。
 1枚引き、Arturiaの《ナゾの光・リリアング》の破壊を試みる。

 このミラーマッチはトリガーが非常に重要なため、Arturiaは破壊を受け入れた。

 これが功を奏し、ぴなの≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫のブレイクからArturiaは《♪仰ぎ見よ閃光の奇跡》を引き当てた。

 お返しと言わんばかりにぴなの場を全タップし、GR召喚で《浸透 DS-10》を場に出した。

 そのままArturiaのターンになり、≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫のブレイク。
 ぴなのトリガーはなし。

 《“轟轟轟”ブランド》がダイレクトアタックを決めるのであった。

ぴな 1-1 Arturia

Game 3


先攻:ぴな

 2人の攻防は遂に最終局面へ。
 勝者は1人。

 これで全てが決まる。

 運命の3戦目は先ほど負けたぴなが先行だ。
 深い深呼吸の後、《行燈どろん》をマナチャージ。

 ぴなのデッキはArturiaよりもトリガーが厚い。
 一方、Arturiaは《凶戦士ブレイズ・クロー》を採用し、1マナの動きを取り入れている。

 ミラーでもプレイヤーの個性がデッキに現れる。

 ぴなは2ターン目《ナゾの光・リリアング》から《♪正義の意志にひれ伏せ》を唱えた。GR召喚でめくれたのは《ドドド・ドーピードープ》

 2ターン目でパワー7000のWBを出せるのは超GRゾーンならではの恩恵だ。
 返しのArturiaは≪奇石 ミクセル≫を召喚し、ターンエンド。

 次のターン、ぴなは≪奇石 ミクセル≫《グレイト“S-駆”》を召喚。
 《ドドド・ドーピードープ》《グレイト“S-駆”》で3枚ブレイクしてターンエンド。

Arturia「ちょっと時間もらいます。」

 怒涛の攻めを受け、Arturiaは長考を宣言。

 長考の末、《凶戦士ブレイズ・クロー》《ナゾの光・リリアング》を召喚し、《ナゾの光・リリアング》から《♪正義の意志にひれ伏せ》《マシンガン・トーク》をGR召喚。

 ≪奇石 ミクセル≫《グレイト“S-駆”》を攻撃して破壊し、ターンエンド。

 次のターン、ぴなは長考。
相手のシールドは2枚だが、クリーチャーは4体。自身のシールドは5枚だが≪奇石 ミクセル≫をどかされArturiaが打点を増やせば逆転負けもあり得る盤面だ。

 しかしそれは可能性の話。
 トリガーをケアするカードがない以上、プレイヤーは勇気を持ってブレイクせねばならない。それは選択し、越えねばならない壁。
 準決勝の舞台はそれをとてつもなく高く、分厚くしていた。

 数瞬の後、ぴなは決意した。《ドドド・ドーピードープ》で渾身のW・ブレイク。

 トリガーは……なし!!!!!
 ≪奇石 ミクセル≫でダイレクトアタックを決めるのだった。
ぴな 2-1 Arturia


Arturia「ここまでドープに助けられたのに~」

 Arturiaは悔しそうに叫んだが、全力で戦い抜いた彼にも拍手を送りたい。
 そして、Arturiaはぴなに激励を送る。

Arturia「僕を倒したので優勝してください!」
ぴな「背負っていきます!」

 デュエマの勝者は常に1人だ。
 しかし、想いを分かち合い、託すことはできる。

 Arturiaからの想いを胸に、ぴなは更なる高み、最高峰の頂点へと歩み出した。

Winner:ぴな
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY