TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2015 準々決勝:​miwa vs. やらうさ

4回戦の予選ラウンドを終え、いよいよ最強候補の8人が出揃った。

ここからは負けたら敗退のトーナメント形式となり、予選ラウンドを上位で抜けた人が先行となる。

このゲームで先攻となるのは、miwa。普通なら有利に働く要素だが、先行は手札が少ないという要素もある。やらうさは手札が少ない先手のmiwaにデッキの持ち味である手札破壊を決められるのか。
第1ターン、miwaは 《轟く侵略 レッドゾーン》 、やらうさは 《奇天烈 シャッフ》 のマナチャージからスタート。

第2ターン、miwaは 《停滞の影タイム・トリッパー》 をチャージするのみでアクションはなし。対するやらうさは 《特攻人形ジェニー》 でmiwaの 《轟く侵略 レッドゾーン》 を落とし、リソースを奪っていく。

第3ターン、引き続きmiwaは3枚目となる 《轟く侵略 レッドゾーン》 をマナに置いてターンエンド。対するやらうさは 《コアクアンのおつかい》 で、《》《コアクアンのおつかい》《超次元リバイヴ・ホール》 をめくり、闇のカード2枚を手札に加え、リソース差をつける。

第4ターン、ドローしたカードを見てmiwaは「ここでこれを引くのかぁ」と嘆くが、マナゾーンに置かれた 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 を見る限りmiwaの手札は決して悪くはないようだ。 《轟速 ザ・ゼット》 を召喚して封印が1枚外し、ターンを終了。やらうさは 《特攻人形ジェニー》 を置き、 《西部人形ザビ・バレル》 でさらにmiwaの手札を詰める。

第5ターン、miwaは引いたカードをマナに置いて最後の手札である 《超次元リバイヴ・ホール》 をプレイ。墓地の 《轟く侵略 レッドゾーン》 を回収しつつ、 《勝利のリュウセイ・カイザー》 を出す。そして、速座に 《轟速 ザ・ゼット》 で攻撃、 《轟く侵略 レッドゾーン》 に侵略。 《西部人形ザビ・バレル》 を蹴散らし、T・ブレイカーを叩き込む。やらうさも迎撃せんとばかりに、ブレイクするシールドの選択を迫る。

しかし、1枚目のシールドがブレイクされたところでやらうさが長考に入る。手札から撃つつもりだったのであろう、 《ファンタズ厶・クラッチ》 より強力なプランがあったのだろうか?
結果、やらうさがプレイしたのは 《魔天降臨》 。手札が0枚のmiwaには間違いなく効き目があるカードである。


……本来ならば。


Miwaは 《勝利のリュウセイ・カイザー》 を出していたため、超次元呪文が使えず、 《特攻人形ジェニー》 で手札破壊を行うのみでターン終了。

返しのターン、miwaは「青黒ハンデスで返す札ってあるのかなぁ」と言いながらマナゾーンから手に入れた「侵略」のカードをレッドゾーンに注ぎ込み、《》 を禁断解放。 《光牙忍ハヤブサマル》 をケアした布陣で総攻撃を仕掛ける。

この時、やらうさのデッキにはなんと 《地獄門デス・ゲート》 が入っていたが、その門が開く事はなかった。


Winner:miwa

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY