TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2016 Round 2:あず vs. ナカジマ

エリア代表決定戦 中部大会Aを突破した「あず」選手が決戦の場へと持ち込んだのは、 《時の法皇 ミラダンテXII》《真・龍覇 ヘブンズロージア》 をメインに据えた光水闇ドロマーミラダンテ。

対するは、関東大会Cを突破し、さらに日本一決定戦の切符を手に入れた翌日の大会においても優勝したという、自信の火自然 《S級原始 サンマッド》 ビートダウンデッキを駆る「ナカジマ」選手。

2ターン目および3ターン目のマナブーストからの 《龍覇 グレンモルト》 高速展開など、「ナカジマ」選手の序盤から仕掛ける猛攻に対し、「あず」選手が《青寂の精霊龍 カーネル》《》 などの防御力に長けたクリーチャー群と 《ZERO ハンド》《天使と悪魔の墳墓》 などの呪文で、どのように受けさばいていくのかといったところが月並みな展開予想ではあるが、果たしてデュエルの行方は如何に?

先攻は「あず」選手だが、先に動きを見せたのは、後攻の「ナカジマ」選手。

《その子供、凶暴につき》 《S級原始 サンマッド》 《超次元ボルシャック・ホール》 《天真妖精オチャッピィ》 《龍覇 グレンモルト》 と、遅い動きが予想されるあまり芳しくない初手で、後攻3ターン目に 《単騎連射 マグナム》、4ターン目に 《その子供、凶暴につき》 とマナ加速ができないまま、5ターン目に 《S級原始 サンマッド》 をマナゾーンに置きつつ墓地にカードが無いまま 《天真妖精オチャッピィ》 を場に展開するという流れ。

あず「殴る気満々(のデッキ)だしなぁ…」

ゲーム開始時の超次元ゾーンのカードを確認の際にそう呟いていた「あず」選手は、4ターン目までは光文明のカードと水文明のカードをマナゾーンへ置くカードを慎重に選定していく以外の動きを見せない。

「ナカジマ」選手にとって闇文明のカードは、まったく警戒の外にある状態。

そして、先攻5ターン目に 《ドラゴンズ・サイン》 をプレイし、手札から《真・龍覇 ヘブンズロージア》 ⇒ 超次元ゾーンから 《》 、6ターン目には 《Dの天牢 ジェイルハウスロック》 を送り出し、2体のエンジェル・コマンド・ドラゴンとDスイッチの起動により相手のクリーチャー3体全てを場から排除し、7ターン目には 《クリスタル・メモリー》 から選ばれた 《時の法皇 ミラダンテXII》 が降臨。 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 からの革命チェンジ&ファイナル革命を決めていく!!
なんとかここで攻めの起点を用意したい「ナカジマ」選手は、ファイナル革命の効果をすり抜けるべく 《超次元ボルシャック・ホール》 をプレイ、 《時空の探検家ジョン》 《時空の英雄アンタッチャブル》 を呼び出したものの、ここまで光の陰に隠されていた 《ZERO ハンド》 によって 《時空の探検家ジョン》 が葬られてしまう。

しかし、続く後攻8ターン目、 《風の1号 ハムカツマン》 《天真妖精オチャッピィ》 《単騎連射 マグナム》 と連続展開 ⇒ スピードアタッカー持ちの《風の1号 ハムカツマン》 の攻撃 ⇒ 《S級原始 サンマッド》 3枚を同時にS級侵略発動 ⇒ 《時の法皇 ミラダンテXII》 《》 と自身の 《S級原始 サンマッド》 (※下に重なっているのは 《風の1号 ハムカツマン》 1枚と 《S級原始 サンマッド》 2枚)をマナゾーンへと還す!!
「あず」選手もしっかりと対応し、再びの 《ZERO ハンド》《単騎連射 マグナム》 を葬り去り、先攻9ターン目には後続として2枚目の 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 (※超次元ゾーンから 《龍魂城閣 レッドゥル》 を選択)を召喚から果敢に攻撃。

刻々と制限時間が迫っていく中、勝利の可能性を求め、攻めの姿勢を見せる「あず」選手。

この動きに対し、満を持して 《銀河大剣 ガイハート》 を引っ提げた 《龍覇 グレンモルト》 を召喚!!

一刃のもとに 《真・龍覇 ヘブンズロージア》 を斬り伏せ、残り制限時間とデッキの関係上、この時点で「あず」選手の勝利は事実上なくなった状況となり、「あず」選手の喉元に「ナカジマ」選手のクリーチャー達が迫る。

返す先攻10ターン目、「あず」選手は勝利への回答を探すべく 《コアクアンのおつかい》 をプレイするのみでターンを渡す。

残り制限時間1分前で迎えた最後のターンとなるかもしれない後攻10ターン目。

《龍覇 グレンモルト》 が先陣を切って、「あず」選手のシールドの1枚目を「ナカジマ」選手が指定。盤面上では勝利が見えている状況だが、S・トリガーが発動することなく、このまま決着を迎えるか? と思ったその刹那。

絶望に染まった空から突如 《天使と悪魔の墳墓》 が姿を現す!!
予想外のS・トリガー発動により一瞬固まる「ナカジマ」選手。

マナゾーンで総攻撃の号令を待っていた 《S級原始 サンマッド》 3枚を含むカード7枚が墓地へと一気に叩き落され、このターンに攻撃可能なクリーチャーは 《天真妖精オチャッピィ》 《時空の英雄アンタッチャブル》 と龍解を控えたW・ブレイカー持ちの 《》 の3体で、合計ダメージ量は4に留まり僅かに「あず」選手の本体には届かず、引き分けることとなった。

試合結果:ドロー

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY