TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2017 Round 2:dotto vs. nakayama


未だかつて、「魔王」の二つ名が似合うプレイヤーが存在しただろうか。

いつの間にかVのもれなどのグループにそう呼ばれるようになったその男は、二つ名の由来となった圧倒的な強さを以て各地のCSで多数入賞。
今年は特に絶好調、CSの成績のみでDMPランキング3位となり、堂々の全国出場。

本当の彼は物腰柔らかな好青年。
「魔王」と呼ばれることについては「悪役扱いされるこっちの身にもなってくれよ!」と冗談を飛ばす。


それが筆者の知るdottoという男……だったのだが。
フィーチャー卓に訪れ、「スイッチを入れた」と話すdottoは極限の集中状態に入り、誰一人寄せ付けない圧を放っていた。
それは紛れもなく、「魔王」と呼べるほどに。

そのプレッシャーを一身に受けるのは対面に座るnakayama。が、この男も只者ではない。
他ゲームにおける全国大会出場など、十二分の実績を積み重ねて堂々の全国出場。特にフィーチャーテーブルには慣れている様子。
1回戦で「プレミをしながら勝ってしまった」と後悔するnakayamaだが、気持ちの切り替えはもうできている。

始まったばかりなのに、気圧されそうになる緊張感。
全国大会の2回戦が始まる。


dottoの先攻。ゆっくりと初手を構える。

お互いに3ターン目まではマナセットエンドを繰り返す。
nakayamaのデッキは超次元の白ドラグハート群、マナの《デモンズ・ライト》《音感の精霊龍 エメラルーダ》《テック団の波壊Go!》からドロマーダンテと推測される。
が、《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》《Dの牢閣 メメント守神宮》《熱湯グレンニャー》とセットしたdottoのデッキの方は、いまいち掴めない。

先に動いたのは先攻のdotto。4マナで《奇天烈 シャッフ》を召喚。
宣言は4。nakayamaの《デモンズ・ライト》に備える。

が、nakayamaのアクションは《コアクアンのおつかい》で肩透かしを食らう形。
これが《ヘブンズ・ゲート》《煌龍 サッヴァーク》を回収。
次のターン、ドロマーダンテにとっては重要な5マナ。nakayamaにとって理想的な展開を作ることができるだろう。

しかしdotto、ここまでゆっくり動いてきたにも関わらずnakayamaにそのターンを与えるつもりは微塵もなかった。


5マナに到達したdottoは5マナのうち3マナを使用、B・A・Dから《“龍装”チュリス》
今までデッキの全貌を見せることのなかったdotto、その使用デッキは《Dの牢閣 メメント守神宮》をタッチした赤青ドギラゴン剣
そして、4ターン目《奇天烈 シャッフ》スタートをも許容する《蒼き団長 ドギラゴン剣》のカードパワーが存分に発揮される。

《奇天烈 シャッフ》がプレイヤーに攻撃し、《ドラゴンズ・サイン》を止める5宣言。 そしてB・A・Dで《“龍装”チュリス》が出てきたということはもちろん……、《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジ!
マナ、手札から2体の《熱湯グレンニャー》を呼び出し、《ドラゴンズ・サイン》をケアしながらの6打点を一挙形成!

一部トリガーを封じられながら、突如としてシールドを破られる展開となったnakayama。


が、彼のデッキには《テック団の波壊Go!》《青寂の精霊龍 カーネル》などまだ封じられていないトリガーがある。
《勝利のアパッチ・ウララー》が絡まなかったことで相手の盤面がそこまで強くないこともあり、ここを凌げばまだチャンスはある。

希望を抱きながら最後のシールドを見て、こう叫ぶ。



Nakayama「そもそもノートリは聞いてない!!」



Winner : dotto


引き自体は弱かったが、先手の利点を生かしながら殴り切るプランを早い段階から決めていたというdotto。
魔王軍の行進は続く。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY