TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2017 準々決勝:dotto vs. ハタさん


全国大会2017の予選ラウンドが終わり、ベスト8進出者が決定した。

近づく“日本一”の称号。

だが、ここから先はシングルエリミネーション。負ければ終わりの厳しい道のりだ。

その始まりの席に着くのは、『水火t光ドギラゴン剣』を使用するdotto。

予選全勝という驚異の成績を収めたdotto。
そんな彼に相対するのは、『水闇火墓地ソース』を使用するハタさん。

ここから先へ進むためには、予選全勝者という壁を越えなければならない。
覚悟を決めたように胸を叩くハタさん。

ここから先へ進むためには、不覚を取ることは許されない。
精神を集中させるdotto。

勝負を制するのは果たしてどちらか。


先攻のdottoは2ターン目に《異端流し オニカマス》を召喚。
対するハタさんも《異端流し オニカマス》を召喚し、《異端流し オニカマス》の睨み合いとなる。

3ターン目、dottoは『墓地ソース』相手に《異端流し オニカマス》は効果が薄いと判断し、《プラチナ・ワルスラS》に進化させ相手のシールドに圧力をかける。

しかし、ここでトリガーしたのは《撃髄医 スパイナー》


《プラチナ・ワルスラS》が破壊されたことによりdottoのゲームプランが崩れ、ハタさんが一気に優勢となる。

ハタさんはその間に《戦略のD・H アツト》を召喚し、墓地の準備を整え《撃髄医 スパイナー》でシールドをブレイク。

一方dottoは、《熱湯グレンニャー》《月光電人オボロカゲロウ》で手札を入れ替えターン終了。

依然として有利な展開が続くハタさんは、《戦略のD・H アツト》《プラチナ・ワルスラS》に進化させ、シールドをブレイク。

トリガーは無く、苦しい展開が続くdotto。

返すターン、dottoのバトルゾーンには《月光電人オボロカゲロウ》《熱湯グレンニャー》
対して、ハタさんのシールドは3枚。


ハタさんの《異端流し オニカマス》《蒼き団長 ドギラゴン剣》からの展開を封じており、ダイレクトアタックを決めるには、かなり危うい盤面だ。

ここは《Dの牢閣 メメント守神宮》で時間を稼ぎたいところだが、時間を稼いでいるうちに更に状況が悪くなってしまうおそれもある。

少し考えた後、dottoは勝負に出る。

召喚した《月光電人オボロカゲロウ》《プラチナ・ワルスラS》に進化させ、シールドをブレイク。

シールドトリガーは無し、dottoは更に《月光電人オボロカゲロウ》でシールドをブレイク。


そして、トリガーは……無し。

《熱湯グレンニャー》のダイレクトアタックが決まり、dottoが準決勝へと駒を進めた。

Winner:dotto


「前のターン、ダイレクトアタックまで行けたんですが、《Dの牢閣 メメント守神宮》の存在が頭に浮かんで、慎重になりすぎちゃいました」と語るハタさん。

勝負を制したのは、ほんの少しの勇気の差だった。

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY