TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 準々決勝:ユーリ(千葉) vs. ゴリえもん(千葉)

 「ここでゴリえもんかぁ~」と、テーブルへやってきたユーリはごちる。

 中学からの馴染みであるユーリとゴリえもん。
 彼らもまさか日本一決定戦の準々決勝という舞台で席を争うことになるとは思ってもみなかったのだろう。

 緊張感の漂う卓もある中で、「見知ったプレイヤー」以上の間柄である彼らは和気藹々と対戦の準備を始めた。

Game 1

先攻:ゴリえもん

 予選4位と、順位でわずか1つ上回ったゴリえもんが先攻。

 ゴリえもんは自分の初手をじっと眺めると、《キング・ザ・スロットン7/7777777》をチャージ。
 対するユーリは、ノータイムで《怒流牙 佐助の超人》をマナに置いてターンを終了する。

 2ターン目《ヤッタレマン》、そして《ポクチンちん》と順調にジョーカーズを並べていくゴリえもん。

 この戦線に《ガヨウ神》が加わっては試合にならない、とユーリは≪「本日のラッキーナンバー!」≫5と宣言。
 何事もなく来られた4ターン目に《フェアリー・シャワー》を唱えると、なおも動けないゴリえもんを尻目に≪龍装艦 チェンジザ≫ を召喚。
 能力で捨てた≪「本日のラッキーナンバー!」≫を唱え、今度は《ジョット・ガン・ジョラゴン》を封殺する7が宣言されると、試合の趨勢はユーリへ一気に傾く。
 3ターン続けてマナチャージで終えることになったゴリえもんに対し、ユーリは《ニコル・ボーラス》をチャージし≪ジャミング・チャフ≫でドローを伸ばしながら呪文を阻害する。
 さらに≪龍装艦 チェンジザ≫は攻撃時に《フェアリー・ライフ》を捨てて唱えつつ《時の法皇 ミラダンテXII》に革命チェンジ。
 《ポクチンちん》によって山札の底に送られるものの、むしろゴリえもんに手札を与えず《ジョット・ガン・ジョラゴン》召喚の選択肢を奪う

 ゴリえもんはその後、再度出し直された≪龍装艦 チェンジザ≫こそ《バイナラドア》で対処するものの、ユーリが《ドンジャングルS7》でマナの《ニコル・ボーラス》を呼び出すと万事休す。

 ユーリは《時の法皇 ミラダンテXII》を普通に召喚し打点形成、《Dの牢閣 メメント守神宮》を使ったタップキルなど、最早やりたい放題。

 最後は≪ジャミング・チャフ≫≪「本日のラッキーナンバー!」≫8宣言でゴリえもんのシールド・トリガーをすべて封じ、一気に詰めきった。

ユーリ 1-0 ゴリえもん


 同じく日本一決定戦の参加者であるおんそくばんぱくらと練習を積んできたユーリ。
 彼らは既に敗れてしまったが、おそらくユーリは「彼らの分まで背負って戦う」ということは一切考えていないだろう。

 だがユーリがひとりで戦っているとも思わない。
 「強くあること」と「勝つこと」だけに集中する彼の取り組み方は、同じように強くありたい全てのプレイヤーと共鳴する。

 どうしようもない負け試合を引きずって「このゲームで強くなろうとするのは無駄なのではないか」と思うことは少なくない。
 そんな時でも、ただ強さと勝利を求める彼が結果を残せば「自分のやっていることは決して間違ってない」と背中を押された気分になる。

 自分から背負い込むことはしなくとも、ユーリの背中には努力する全てのプレイヤーの思いが託されているのだ。


Game 2

先攻:ゴリえもん

 引き続き先攻のゴリえもんは《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《パーリ騎士》を持ってきたかと思うと、今回も2ターン目《ヤッタレマン》

 ユーリも≪奇石 ミクセル≫からスタートするが、今度のゴリえもんは《パーリ騎士》を出しながら更なる《ジョジョジョ・ジョーカーズ》と、アフターサポートも充実。
 ユーリが《神秘の宝箱》でそれほど重要でない≪奇石 ミクセル≫を引き抜いてトップデックを効率化している間に、ゴリえもんは念願の《ガヨウ神》召喚に成功する。
 浮いた1マナで2体目の《ヤッタレマン》も召喚され、後のないユーリ。
 ひとまず≪「本日のラッキーナンバー!」≫で7を宣言し《ジョット・ガン・ジョラゴン》だけは阻止する。

 だが、一度回り始めた『ジョーカーズ』はもう止まらない

 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《パーリ騎士》を回収すると、《ガヨウ神》《パーリ騎士》《ポクチンちん》と展開する。

 ユーリがようやく到達した6マナで≪龍装艦 チェンジザ≫を召喚し、再び≪「本日のラッキーナンバー!」≫を唱えたところで解決とはならない。
 ゴリえもんは勢いよく《ヤッタレマン》、3軽減の《ガヨウ神》、4体目の《ヤッタレマン》と並べると「J・O・Eで……」と言いかけたところで、その手を止めた。

 よほどのことがない限り《アイアン・マンハッタン》召喚で一気に攻め切ることは可能だろう、けれどもそれは本当に必要だろうか。

 暫くの思考時間の果てに、ゴリえもんは《アイアン・マンハッタン》を召喚せず、攻撃に向かわないでターンを終えた。  また次のターンを耐えなければならないユーリは≪白米男しゃく≫を撃ちつつ《Dの牢閣 メメント守神宮》を展開し、盤面のジョーカーズ軍団はひとまず止められた。
 続けて≪龍装艦 チェンジザ≫がシールドへと向かい、攻撃時の能力を行使する。

 2枚のカードがドローされ、捨てられたのは《フェアリー・シャワー》


 ターンが渡り、《Dの牢閣 メメント守神宮》のDスイッチによりタップされたジョーカーズを拾い上げながら、ゴリえもんの場に2体の《ジョット・ガン・ジョラゴン》が並び立つ。

 ユーリは「《燃えるデット・ソード》持ってるなら投了するけど」と、ゴリえもんに問いかける。
 ゴリえもんは手札のそれを見せて応えると、ユーリはすぐさま手元のカードを片付けた。

ユーリ 1-1 ゴリえもん


 輝かしい実績を積み重ねてきたユーリと比べれば、ゴリえもんは評価されていないプレイヤーだ。
 しかし、制限時間の問題もあるとはいえ「ユーリがろくにジョラゴンループの確認もせず投了した」ことが何より、ゴリえもんというプレイヤーの腕への信頼を物語っている。

 残り時間は20分余り。時間のかかるマッチアップとはいえ、どちらが先に進むべきかの審判が下るには十分だ。


Game 3

先攻:ユーリ

 初めてユーリの先攻となった3ゲーム目は、互いに2ターンの間マナチャージのみと、これまでで最も静かな立ち上がりとなった。

 最初の動きはユーリの≪白米男しゃく≫で、《フェアリー・シャワー》がマナに送られる。

 ゴリえもんは《ポクチンちん》を召喚すると、続けて《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》を唱え、一気に手札を増やす。

 充分なリソースを補給したゴリえもんに、先んじて強力な動きをすることで対抗したいユーリ。
 《怒流牙 佐助の超人》を召喚し、ディスカードした≪奇石 ミクセル≫をそのままマナに送って早くも6マナに到達する。

 ユーリは続くターンに≪龍装艦 チェンジザ≫を着地させるが、ドローした2枚の中にも有効な呪文の類はなく《斬隠蒼頭龍バイケン》をディスカード。

 前のターンに出した《パーリ騎士》とこのターンのチャージで6マナに達したゴリえもんは、《ヤッタレマン》そして1コスト軽減で《ガヨウ神》、さらに《シャダンQ》をグラビティ・ゼロで召喚する。


 ≪龍装艦 チェンジザ≫から唱える呪文が無くなろうとも、必死でマナを伸ばしてきたユーリ。その甲斐あって8マナに到達し、召喚するのはもちろん《ドンジャングルS7》  呼び出された≪龍装艦 チェンジザ≫《ポクチンちん》によってボトムに送られるものの、《フェアリー・シャワー》2発という大きな置き土産を残していく。そして《シャダンQ》の攻撃中止能力が“プレイヤーを攻撃された時”だけであることを確認すると、《ドンジャングルS7》《ガヨウ神》を刈り取る。

 バトルゾーン、手札、マナ。身辺はこれ以上なく整った。だが、今ユーリが対峙しているのは『ジョーカーズ』。純粋な破壊力なら、誰も敵わない。

 これまで並べてきた有象無象のジョーカーズたちを手札に戻し《ジョット・ガン・ジョラゴン》、そして残ったマナで召喚されるのは《ガヨウ神》
 捨てた《バイナラドア》が「ジョラゴン・ビッグ1」され、まずは≪龍装艦 チェンジザ≫を山札の下へ。
 さらに《ジョット・ガン・ジョラゴン》の攻撃によってもう1枚《バイナラドア》がディスカードされると、《ドンジャングルS7》もデッキの底へと沈んだ。
 無防備のまま与えた1ターンで、文字通りすべてを失った。

 それでもユーリは新たな《ドンジャングルS7》から≪龍装艦 チェンジザ≫を繰り出し≪「本日のラッキーナンバー!」≫7宣言で新たな《ジョット・ガン・ジョラゴン》を封じると、今いる《ジョット・ガン・ジョラゴン》《ドンジャングルS7》で倒す。

 ゴリえもんは≪7777777≫≪龍装艦 チェンジザ≫を除去すると、《ヤッタレマン》3体に《パーリ騎士》2体、《シャダンQ》《ポクチンちん》と怒涛の展開。
 《ジョット・ガン・ジョラゴン》で勝てないならば《アイアン・マンハッタン》からの物量プランだ、とプレッシャーをかけていく。

 返しのターン、《神秘の宝箱》をチャージし《ディメンジョン・ゲート》が唱えられる。

 ユーリは繰り返し繰り返し、山札の中身を確認する。はじめはシールドに埋まったカードの中身を確認するため冷静に。やがて、カードをたぐる手に力が籠る。
 まるで、まだ見ぬ勝利への道筋を絶対に見つけ出すと言わんばかりに。

 しばらくして、あまりに時間をかけすぎた《ディメンジョン・ゲート》の処理を早めるように、とジャッジから注意が入る。

 ユーリは観念したように《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を回収すると、そのまま召喚して≪「本日のラッキーナンバー!」≫を唱え7を宣言。
 タップして最後の砦とするべく《ドンジャングルS7》でゴリえもんのシールドを削った。

 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を唱えて手札に加えた《バイナラドア》。それが召喚されて《ドンジャングルS7》がバトルゾーンから消える。ゴリえもんの行く手を阻む者はいなくなった。
 《アイアン・マンハッタン》の効果によるブレイクでマナ加速系のトリガーしか出なかったことを確認すると、《ポクチンちん》を場に追加し後顧の憂いを絶つ。

 《アイアン・マンハッタン》が残りの2枚のシールドをブレイクしたところで、元々の盾に《Dの牢閣 メメント守神宮》のような状況を好転させるカードが入っていないことはユーリには分かっている。

 奇跡を起こすには《怒流牙 サイゾウミスト》に賭けるしかない。そして――


 もたらされた盾には何もなく、ゴリえもんが準決勝への扉をこじ開けたのだった。

ユーリ 1-2 ゴリえもん

Winner:ゴリえもん


 ユーリは全国ランキング1位の栄光をもって臨んだ今大会だったが、決して有利のつかない『ジョーカーズ』が本戦を埋め尽くしたあたり、彼の大会ではなかったのだろう。
 見れば、強者だらけの今大会にあってなお優勝候補と騒がれた猛者たちが次々と敗退し、波乱の様相を呈している。

 その中でも最も高く、なおかつ最もよく知る壁を打ち破ったゴリえもんが、主役に名乗りを上げた。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY