TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

全国大会2018 準決勝:ゴリえもん(千葉) vs. Runo(埼玉)

 ユーリが敗れた。
 Zweilanceが敗れた。
 優勝候補が二人、準々決勝で脱落した。

 彼らに勝利したゴリえもんRunoが、準決勝で顔を合わせる


 Runoが使うのは『青白緑チェンジザドンジャングル』。ベスト4にただ一人生き残ったチェンジザ使いだ。
 直線的な攻撃をしてくるデッキには有利が付く一方で、《ジョット・ガン・ジョラゴン》でループを絡め、リソースでも勝負できない『ジョーカーズ』には、はっきり言って不利なマッチングだ。だが上位陣に『ジョーカーズ』が集中したこの大会で、厳しい戦いをRunoは潜り抜けてきたのだ
 苦しい試合が多いですね、と尋ねると「今日は苦しい試合しかしていない」と苦笑いで答えてくれた。

 そして、ゴリえもんが使うのは『ジョーカーズ』だ。
 Runoの苦しい試合は、まだ続く。

Game 1

先攻:Runo

 先攻は予選順位2位のRuno。

 Runoは2ターン目・3ターン目にそれぞれ《フェアリー・ライフ》を続けると、ゴリえもんは《ポクチンちん》から《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》を放つ強力な動き。
 序盤で放たれる《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》は、1枚でゲームを決めかねない。手札には《ヤッタレマン》等が加わり、ゴリえもんの後続が約束された。

 Runoはテンポよく≪龍装艦 チェンジザ≫を着地させたものの、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》は流石に強力でゴリえもんの手札は潤沢だ。《ヤッタレマン》《パーリ騎士》と展開し、《ジョット・ガン・ジョラゴン》着地を目論む。

 続くターン、Runoが《Dの牢閣 メメント守神宮》の設置のみで終えたのに対し、ゴリえもんはまず《ガヨウ神》をプレイ。続けて《パーリ騎士》と動く。ここでの《ジョット・ガン・ジョラゴン》はなかったが、次のターンには2体の着地すら視野に入る。
 Runoはターンの始め、Dスイッチを押す。8マナから《ドンジャングルS7》を繰り出し、マナから≪龍装艦 チェンジザ≫が現れ≪ジャミング・チャフ≫を唱える。厄介な《ポクチンちん》、手札に戻されると負けに繋がる《ガヨウ神》をバトルで退けることに成功した。

 ゴリえもんとしても、この盤面は放置したくないところだ。
 4軽減からいよいよ《ジョット・ガン・ジョラゴン》を着地させると、続けて《ガヨウ神》をプレイ。潤沢な手札から《バイナラドア》を次々と切り、Runoの盤面を空にする

 こうなるとRunoはかなり苦しい。《怒流牙 佐助の超人》《超次元エナジー・ホール》をプレイするが、圧倒的な枚数の手札を持つゴリえもんの前に、自身は既に風前の灯火。

 返しのターン、ゴリえもんが《ジョット・ガン・ジョラゴン》の2体目、さらには3体目までも擁立させると、あとは《アイアン・マンハッタン》《ガヨウ神》《ポクチンちん》がループを生み出す。《燃えるデット・ソード》こそマナに置かれているものの、無限にストックされた≪キング・ザ・スロットン7≫からあらゆるカードが繰り出される。絶対の防御力を持つチェンジザと言えど、これに抗う手段はなかった。

ゴリえもん 1-0 Runo

Game 2

先攻:Runo

 Runoは《フェアリー・ライフ》、ゴリえもんは《ヤッタレマン》でスタートと互いに上々の立ち上がり。だが互いに動けた場合、有利になるのは当然『ジョーカーズ』だ。ゴリえもんは続くターンで《ヤッタレマン》《パーリ騎士》と召喚すると、《ジョット・ガン・ジョラゴン》の召喚が見えてくるような状況だ。

 ≪奇石 ミクセル≫《怒流牙 佐助の超人》と召喚したRunoだが、ゴリえもんは『ジョーカーズ』の圧倒的な展開力を見せつける。2体目の《ヤッタレマン》《パーリ騎士》と繰り出し、《シャダンQ》まで添えるような状況。対してRunoは《ドンジャングルS7》から《龍素記号Sr スペルサイクリカ》と抗うが、ゴリえもんは《ジョット・ガン・ジョラゴン》から《バイナラドア》を絡め、この《ドンジャングルS7》をあっさり処理。

 しかしRunoはまだ戦う力を残していた

 返しのターン、残った《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《ジョット・ガン・ジョラゴン》に向かう時、《時の法皇 ミラダンテXII》へと革命チェンジを遂げたのだ
 ゴリえもんの場に、これを咎める《ポクチンちん》はいない。
 殿堂されてなお輝きを放つ時の法皇は時を止め、Runoに形勢を引き戻した。

 これで1ターンを稼いだRunoは、チャージのみで終えたゴリえもんに対し、《ドンジャングルS7》から《龍素記号Sr スペルサイクリカ》をバトルゾーンに追加。
 次のターン、殴り切ろうという打点を作り出した。
 《時の法皇 ミラダンテXII》の支配下から抜けたゴリえもんは、《ジョット・ガン・ジョラゴン》を召喚し、《ドンジャングルS7》をやはり《バイナラドア》を絡めて処理をしていく。

 こうなると打点の足りないRunoは破壊以外では退かない《気高き魂 不動》を着地させ、《時の法皇 ミラダンテXII》《ジョット・ガン・ジョラゴン》を処理する選択を取った。

 手札は多量にあるものの、マナを含め既に3体の《ジョット・ガン・ジョラゴン》を失ったゴリえもん。
 だがそれでも、残る1枚を惜しげ無く盤面に送り込むと、プレイヤーへの攻撃を決断。《アイアン・マンハッタン》を絡めてRunoのシールドを強襲するが、《Dの牢閣 メメント守神宮》がトリガー。
 突破手段を失ったゴリえもんは返しの総攻撃を受け切れないことを悟り、あっさりと投了を宣言した。


 Runoは厳しい戦いを《時の法皇 ミラダンテXII》の力で覆し、最終ゲームへと持ち込む。

ゴリえもん 1-1 Runo

――

 ゴリえもんは準々決勝でユーリを破った。ユーリはこの日をランキング1位で迎えた、文句なしの優勝候補だった。
 『ジョーカーズ』と『チェンジザドンジャングル』という有利なマッチングではあったが、ゲームはもつれた。ゴリえもんにとっても、苦しんで掴み取った勝利だった。
 だがほっとしている暇もなく、いまここでRunoと対峙している。準々決勝で相性差を覆し、勝ち上がってきた男だ。やはり簡単には、勝たせてくれない。
 それでも気負いはない。
 地力、経験、閃き。
 ゴリえもんは自身の持つ全ての力を発揮し、最終ゲームへと挑む。

――

Game 3


 先攻はゴリえもん。2ターン目に《ヤッタレマン》からのスタートに成功する。
 対するRunoは、ブーストを引けない。チャージは《怒流牙 佐助の超人》《Dの牢閣 メメント守神宮》

 3ターン目、ゴリえもんは《ヤッタレマン》《ポクチンちん》とプレイし、Runoは早期の《ジョット・ガン・ジョラゴン》は敗北に繋がると≪奇石 ミクセル≫の召喚でこれを防ぐ。

 だが続くゴリえもんの行動は意外なものだった

 4ターン目、ゴリえもんはここで考えた。

 ノーチャージで《パーリ騎士》をプレイすると、手札を1枚残してなんと《ヤッタレマン》でシールドを攻撃するという手段に出たのだ


 不意のビートダウンに、Runoは困惑した。《フェアリー・ライフ》こそトリガーするが、この状況を想定した手札を作っておらず、わかりやすい回答となる《Dの牢閣 メメント守神宮》もマナに置いてしまった
 盤面には《ヤッタレマン》が2体、《パーリ騎士》《ポクチンちん》。Runoのシールドは2枚。≪奇石 ミクセル≫がいるとは言えど、致死圏内だ。
 だからRunoはここで、≪六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~≫を撃ってターンを返すしかなかった

 流れが大きくゴリえもんに傾いた

 ここでゴリえもんは《ガヨウ神》をトップで引き込み、手札を作ることにも成功。Runoは≪機術士ディール≫をプレイして《ヤッタレマン》を手札に返すのがやっとという状況だ。
 本来リソースを伸ばしたいターンで、Runoはかなり後ろ向きなプレイを取らざるを得なかった。

 つまりゴリえもんはビートダウンを狙うことで、逆にRunoからターンを奪い取って見せたのだ
 そしてこれは当然、デッキの相性で上回るゴリえもんに有利に働く。

 続くターンのゴリえもんは《ヤッタレマン》を2体召喚、対するRunoはブーストから《ドンジャングルS7》の回収と、互いに小休止のターン。
 だが《ドンジャングルS7》を着地される前に勝負を決めたいゴリえもんは、ここでいよいよ《ジョット・ガン・ジョラゴン》を着地させると、迷わず攻撃を宣言。

 目標のシールドは2枚。Runoは《怒流牙 佐助の超人》を宣言するが、《斬隠蒼頭龍バイケン》はない。この攻撃が通る。ジョーカーズ軍団の後続の攻撃に対し、Runoは必死にニンジャを合わせていくものの、《Dの牢閣 メメント守神宮》はトリガーせず万事休す。

 ゴリえもんがRunoをフルゲームで退け、見事決勝進出を決めた。

ゴリえもん 2-1 Runo

Winner:ゴリえもん

 勝因となったのは、自身の手札と相手のマナから柔軟なプレイをしたゴリえもんの決断力だろう。それは歴戦のプレイヤーであるRunoの洞察すら上回るものであった。

 ここまで来たら、多くを語る必要はない。

 勝利を手にしたゴリえもんは、ギラサキの待つ決勝へと向かう。
PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY