デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

全国大会2019 Round 7:NJ(北海道) vs. TIGHT(神奈川県)

ライター:塚本 樹詩
撮影者:後長 京介

 勝てばベスト8、負ければ予選敗退と大会にはつきものの”バブルマッチ”が発生する予選最終ラウンド。二人の選手が座るテーブルは会場の隅だったので、このカバレージを書く席からはこの二人を先頭に、1番卓まで、強豪がひしめき合う構図が一望できる。この修羅場を潜り抜けて、日本一の栄冠へと歩を進めるのはどちらか?

先攻:NJ
 NJ《ソーシャル・マニフェストⅡ世》をマナチャージすると、返しにTIGHT《禁断のモモキングダム》をマナチャージ。

 【5c】と【JO退化】の対決のようだ。

 NJの準備が整う前に、TIGHTが退化を決められるかどうかが序盤の鍵となるが、NJが手札の多色カードをタップインで処理している内にTIGHTはどう動くのか?

 《新世界王の闘気》をマナチャージしてからTIGHTが使ったのは《進化設計図》。ベストなカードではないが、キーカードを含んだリソース確保手段としては悪くない。

 が、上から6枚を公開した後に入手できたのは《キャンベロ <レッゾ.Star>》のみ。

 しかし、3ターン目退化の可能性はまだまだある。NJは自分の得意なゲームレンジまでゲームを伸ばすべく《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー / お清めシャラップ》をマナチャージして、手札から《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー / お清めシャラップ》の呪文面をプレイ。TIGHTの墓地の《進化設計図》を山札に戻しターンエンド。

 こうして、TIGHTのデッキにとってビックアクションを行いたいターンが訪れる。が、ここでのTIGHTの行動は《進化設計図》再び。今度は6枚の中から《アルカディアス・モモキング》《禁断のモモキングダム》《禁断英雄 モモキングダムX》の3枚を入手し、1ターン遅れであるが、デッキの望む動きが取れそうになる。

 この1ターンのディレイがどう影響するのか?と思いきや、NJもここでタップインが処理しきれず《ドンドン火噴くナウ》をマナチャージしてエンド。

 すぐさまターンを迎えたTIGHTは《禁断英雄 モモキングダムX》を召喚して禁断スター進化で《未来王龍 モモキングJO》を下に敷き《バッドドッグ・マニアクス》で退化を成す。

 今大会のオリジナル部門最大勢力となった【JO退化】の必殺のコンボが決まり、TIGHTの《未来王龍 モモキングJO》がNJのシールドを目がけ飛び出すと、先ほど手札に引き入れた《アルカディアス・モモキング》に進化!

 ブレイクされた3枚のシールドの中から《ロスト・Re:ソウル》を公開しG・ストライクで《アルカディアス・モモキング》の動きを封じる。これに対してTIGHTは《未来王龍 モモキングJO》のシンカパワーを使わずに《アルカディアス・モモキング》を定着させることを選択してターンを終える。

 出鼻を挫かれた形になったが【5c】に対しての大きな障壁となりそうな《アルカディアス・モモキング》をNJはどう裁くのか?

 G・ストライクした《ロスト・Re:ソウル》はそもそも《アルカディアス・モモキング》に封じられていて、クリーチャーも1体目はタップイン。この窮地に対してNJは《天災 デドダム》を召喚するのみでターンを終えてしまう。

 《アルカディアス・モモキング》の威光により1ターンを稼いだTIGHTであったが、ここではタップインで出てきた《天災 デドダム》を倒すだけとなってしまった。

 二の矢を引き込むことができないTIGHTを尻目に、NJは先ほど《天災 デドダム》の能力によって墓地へ送り込んだ《龍風混成 ザーディクリカ》《灰燼と天門の儀式》で蘇らせEXライフによるシールド回復した後に墓地の《灰燼と天門の儀式》を使い、《天災 デドダム》を蘇らせる。

 ついに、TIGHTは八方塞がりとなり何もせずにターンエンド。こうなると《アルカディアス・モモキング》がどこまでにらみを利かせることができるのか?

 と思いきや、NJが2体目の《龍風混成 ザーディクリカ》を召喚し、能力で唱えた呪文は《ドラゴンズ・サイン》!!

 そして【JO退化】に対するNJが用意した解答、《覚醒連結 XXDDZ》が一気にゲームの展開を傾ける!!

 《アルカディアス・モモキング》に屈することないデッキ構成に加えて、NJはしっかり《天災 デドダム》を踏み台にして《覚醒連結 XXDDZ》というアンタップ状態のEXライフ付きのスレイヤー&ブロッカーを用意するというプレイング面での対策も実現させる。

 これには万事休すとTIGHTは2ターン連続のノーアクション。

 NJは十分な打点を用意した後に、総攻撃でベスト8への道を拓いたのであった。


Winner:NJ


 近年の情勢の変化によってリモート環境を整えたNJであったが、今回の練習は直前に兄であるミノミーと実戦を行ったのみだという。今回の仮想敵となる【JO退化】を討つべく作り上げたデッキはひんた、オチャッピィ、タコルといった関東勢とリモートで意見交換を行いできたものだと言う。

 ミノミーとともに兄弟揃って全国に出場したNJ。

 それだけでも凄い事実だが、デッキを作るのが好きという自己表現をベスト8でどこまで示せるのか?

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY