TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

熊本超CS Round 4:エレファントマスター vs. シゲヒト

デュエマ大型公式大会ではお馴染みとなったツイッターでの俺をフィーチャーしろ、略して#俺フィーチャー企画は、この熊本超CSでももちろん実地されている。

というわけで、このラウンドでは#俺フィーチャータグからの戦いをお届けしよう。

過去の例にもれず、#俺フィーチャーではとにかくインパクトのあるアピールをしたもの勝ち、今回はどんなインパクトのあるプレイヤーがいるかと探してみると……。

いたーーーー!

今日が誕生日のプレイヤー!!

ハッピーバースデー!!

というわけで、沖縄から友人と遠征してきたエレファントマスターの20歳祝いのフィーチャーマッチをお届けしよう!ちなみに、今回600人以上参加しているこの会場で、沖縄からの遠征組は、エレファントマスターとその友人の二人のみ。

DMGPも4thを除いて参加しているという大型大会常連のエレファントマスター。
エレファントマスター「今月、沖縄でも公認CS(第1回CARDBOX北谷店デュエマCS)が開催されたり、沖縄のデュエマも盛り上がってますよ!」

そんな沖縄代表が使用するのは、火闇ドルマゲドンX。

対するのは、大阪から遠征してきたというシゲヒト。使用するデッキは、今大会で大活躍する 《轟く侵略 レッドゾーン》 擁するバイク系の中でも水文明をフィーチャーした赤青バイクだ。

エレファントマスターが 《》 を、対するシゲヒトは 《》 をバトルゾーンにおいてゲームスタート。先手はシゲヒト。

シゲヒトが 《熱湯グレンニャー》 をマナチャージするのに対して、エレファントマスターが 《リロード・チャージャー》 をマナチャージする展開。

まず動いたのはシゲヒト。2ターン目に 《異端流し オニカマス》 を召喚すると、続くターンにも 《熱湯グレンニャー》 を召喚と盤面を展開していく。対して、エレファントマスターは3ターン目に 《ボーンおどり・チャージャー》をプレイし、 《禁断V キザム》 2枚が墓地に行く。
シゲヒトは4ターン目に 《轟速 ザ・レッド》 を召喚すると…… 《熱き侵略 レッドゾーンZ》《轟く侵略 レッドゾーン》 という手札をすべて使い切った最強バイクムーブが炸裂する。 《熱き侵略 レッドゾーンZ》 の能力で1枚シールドが墓地に置かれ、さらに 《轟く侵略 レッドゾーン》 が3枚のシールドをブレイク。ここでトリガーはなし。

そして、 《熱湯グレンニャー》 が最後のシールドをブレイクするとトリガーするのは 《魔狼月下城の咆哮》

……だが、最後のアタッカーである 《異端流し オニカマス》 に触れることはできないのだった。

Winner:シゲヒト

エレファントマスター「僕のハンドルネームの由来は昔、 《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》 を使ってたからなんですけど……今日は 《熱湯グレンニャー》 に負けちゃいましたね……」

手札を使い切ってのジャストキル、というわけで、確かに 《熱湯グレンニャー》 が稼いだ1枚のリソースが勝利を呼び込んだ形になった。

といった会話をしていると、フィーチャーテーブルの観戦エリアから「勝った!?」という幼い声が。

シゲヒト「彼の遠征に付き合って、今回は家族旅行を兼ねて熊本に来たんですよ」

聞けば、シゲヒトの息子は、2011年の全国大会「ビクトリー1」で全国優勝を果たしたあばばばが店長を務めるカードボックス江坂店で研鑽を積む、若きデュエリスト。神戸で開催されたDMGP-3rdにも参戦しているという未来の強豪だ。

シゲヒト「神戸の時は、付き添いでしたけど、今回は参加することにしました。家族旅行も、今回の日程に合わせましたよ!」

PAGE TOP

TM and © 2019, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY