デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

超CSⅣ福岡 決勝Round 4:堕天 vs. onigirin

ライター:塚本 樹詩
撮影者:後長 京介

 実に10ラウンドという長丁場を何とか勝ち上がりここまで残ったonigirinと堕天。しかし、ここで勝って初めて、真のスタートラインともいえるTOP8に辿り着ける。ここまで並み居る強豪を倒し、ここまで登り詰めた二人を強豪と呼ぶことに、なんら問題はないだろう。だが、ここで勝つことによって得られるDMPランキングのポイントや賞品、DMGP優先出場の権利+本戦での3BYE、ひいては超CS優勝という快挙が二人を更なる高みへと押し上げるための材料となることは間違いないだろう。

 決勝トーナメントの最終戦を勝ち上がり栄光への架け橋を渡るのは果たしてどちらか?

 予選ラウンドの順位により、堕天が先攻でデュエマ・スタート。

先攻:堕天

 最初に動いたのはonigirinだった。《天災 デドダム》《完全不明》をマナチャージしてから《若き大長老 アプル》を召喚。

 先手の堕天も《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》《Disジルコン》《Disジルコン》とマナチャージの後に《地龍神の魔陣》を使い、マナに《天災 デドダム》を置く。
 onigirinにターンが返ると《ダンディ・ナスオ》をマナチャージした後に《天災 デドダム》を召喚し、山札の上から3枚の内、2枚の《若き大長老 アプル》をそれぞれマナと墓地に置き、残った1枚を手札に加えた。

 お互いがゆっくりとした立ち上がりだったが、次のターンに堕天が山札の中の《自然の四君子 ガイアハザード》を進化元に《禁断英雄 モモキングダムX》を召喚することで、この均衡を崩しに掛かる。しかし、ここでは追加のアクションはなく、ターンエンド。

 相手のデッキがわかり、後は《生魂転霊》を引かれるかどうかの試合展開となったonigirin。

 自分のターンに入ると《超神羅ギュンター・ペガサス》チャージ後、《若き大長老 アプル》の上に《晴舞龍 ズンドコ・モモキング》をスター進化。効果により山札の上から《SSS級天災 デッドダムド》がチャージされ、次に手札から《天災 デドダム》を召喚する。《超神羅ギュンター・ペガサス》がマナと墓地にそれぞれ置かれると、マナ加速を連打したことによって《自然の四君子 ガイアハザード》への受けを作れたように見える、堕天はそれを上回ることができるのか?

 まずは《生魂転霊》を引き込みたい堕天は《天災 デドダム》の召喚によりマナ加速も兼ねキーカードを探しにかかる。《闘争と成長の決断》をマナに置き《生魂転霊》を墓地に置いたということは……手札に入ったのは、もちろん《生魂転霊》
 そのまま《生魂転霊》を使い《禁断英雄 モモキングダムX》をマナに変換しながら退化を決め、堕天はターンエンド。

 この時点で堕天のマナは9枚、onigirinのマナは7枚。

 マナチャージをして1枚差まで辿り着いたonigirinは《天災 デドダム》の上に《晴舞龍 ズンドコ・モモキング》を進化させ、これらの2枚を《自然の四君子 ガイアハザード》の効果でマナへ送る。ここでマナの総数が上回り、召喚制限がなくなったonigirinはバトルゾーンに残った方の《晴舞龍 ズンドコ・モモキング》の上にデッキのキーカードとなる《神羅ケンジ・キングダム》を究極進化させる!
 《神羅ケンジ・キングダム》の効果により墓地に置かれた3枚のカードは《神羅ケンジ・キングダム》《ヘルコプ太の心絵》《CRYMAX ジャオウガ》!!

 onigirinはその中から《CRYMAX ジャオウガ》をバトルゾーンに出すと、効果により、お互いのシールドが2枚ずつ焼却される。onigirinは《ヘルコプ太の心絵》《CRYMAX ジャオウガ》が堕天は《生魂転霊》《地龍神の魔陣》がそれぞれ墓地に置かれる。

 onigirinは手札から《異端流し オニカマス》を召喚して準備を整えた所で、いよいよデッキの主役である《CRYMAX ジャオウガ》で攻撃!《自然の四君子 ガイアハザード》を破壊しながらシールドと手札も刈り取ると、堕天には返す術がなく《天災 デドダム》のダイレクトアタックが決まった。

Winner:onigirin

 《CRYMAX ジャオウガ》そして《神羅ケンジ・キングダム》という好きなクリーチャーを活躍させるためにスペシャルデッキを組んだonigirinが、TOP8に進出!メタゲームの中で自己表現を実現させた男、さらなる勝利を重ね、非常識を常識に塗り替えることができるだろうか?

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY