デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

超CSⅣ静岡 決勝戦 :イクラさん vs. 雀

ライター:秋山 大空
撮影者:瀬尾 亜沙子

決勝戦:イクラさん vs. 雀

 感染症の影響で、大型大会が開かれなくなって2年以上過ぎた。

 ついに、ついに開かれた大型大会。その最初の会場での最後の試合が訪れようとしている。

 最後の試合、決勝戦に現れたのは、【グラスパーループ】を使用するイクラさんと、【JO退化】を使用する雀。

 果たして、「最初の久しぶり」の優勝者となるのは一体どちらか。

 大型大会と言えば、やはり開始の合図はこれしかない。

 「行くぞ!デュエマ、スタート!」


Game 1

先攻:雀
 雀は2ターン目に《進化設計図》
 効果で表向きになった進化クリーチャーは《禁断英雄 モモキングダムX》が2枚、《禁断のモモキングダム》《アルカディアス・モモキング》の4枚。
 揃えられる全てが揃ったような4枚に、思わず苦笑するイクラさん。

 順当に《禁断英雄 モモキングダムX》を召喚し、次ターンをマナチャージのみで終える雀を見つつ、イクラさんは《地龍神の魔陣》でマナを追加。

 更に、次のターンの《フェアリー・Re:ライフ》《地龍神の魔陣》で早くも6マナ。

 続くターン、マナチャージと《蒼狼の王妃 イザナミテラス》から勝ちに行けるマナ域に到達したイクラさん。

 だが、イクラさんは知っている。

 雀が《進化設計図》で手札に加えたカードを。
 後は《禁断英雄 モモキングダムX》を剥がすカードを引かれていないことを祈るのみ。

 雀の4ターン目。
 まずは《進化設計図》《禁断のモモキングダム》2枚を手札へ。

 そして、≪堕牛の一撃≫。


 《禁断のモモキングダム》3枚と《アルカディアス・モモキング》による攻撃を捌けるデッキは、今の環境でもあまり見ることはないだろう。


イクラさん 0-1 雀


 次の対戦の準備を始める二人。

 両者ともに疲労でシャッフルをする手が震え、手汗でカードが貼りつく。

 「落ち着いてやりましょう」と雀。

 大会は体力勝負だ。

 しかし、疲労があるからと言って、負けるわけにはいかない。

 お互いに。


Game 2

先攻:イクラさん

 イクラさんは2ターン目の《ジャスミンの地版》、3ターン目の《フェアリー・Re:ライフ》《ジャスミンの地版》によるマナブーストで6マナ到達。
 Game1と同じ滑り出しは、2コストのブーストカード12枚、3コストのブーストカード4枚による再現性の高さによるものだろう。

 雀は2ターン目の《進化設計図》《禁断英雄 モモキングダムX》《アルカディアス・モモキング》の2枚を回収。

 更に続くターンには《雪溶の鎖/堕牛の一撃》をチャージし、《禁断英雄 モモキングダムX》を召喚。
 《雪溶の鎖/堕牛の一撃》をチャージしたということは、《未来王龍 モモキングJO》を出すカードは手札にあると言うこと。
 回収した《アルカディアス・モモキング》もあり、《未来王龍 モモキングJO》で走り切るには十分足りるはずだ。

 ただ、今回はイクラさんの先攻。4ターン目に《蒼狼の王妃 イザナミテラス》が間に合った。
 効果で《グレート・グラスパー》を場に出し、更に攻撃時に《グレート・グラスパー》効果で《連鎖類超連鎖目 チェインレックス》
 そのまま2枚目の《グレート・グラスパー》からループを証明し、無限にマナを増やすループに突入。

 山札をギリギリまで削ると、《水上第九院 シャコガイル》《流星のガイアッシュ・カイザー》で最後の山札を引き切った。


イクラさん 1-1 雀


 「要求値が高くてキツかった」と話すイクラさん。

 しかし、不利なデッキ相手に一本を取り返したのだ。

 デッキのブースト枚数による再現性と速度は、強力なデッキ相手に勝つだけのパワーを持っている。

 それにこれはデュエル・マスターズ。不利なデッキにもう一本取るなんて、ありふれた話。

 水分補給、OK。手汗、OK。シャッフル、OK。

 久しぶりの大型大会、久しぶりの長丁場、そしてその決勝戦。

 最後まで全力でやらないなんて、もったいない。


Game 3

先攻:雀

 再び先攻の雀は、《進化設計図》こそ撃てないが《禁断英雄 モモキングダムX》を召喚。

 一方で、イクラさんは2ターン目にマナをチャージしてターン終了。

 2ターン目に相手のマナブーストはなく、こちらの場には《禁断英雄 モモキングダムX》がある。

 雀に、絶好のチャンスがやってきた。

 《バッドドッグ・マニアクス》《未来王龍 モモキングJO》が登場、攻撃時に《禁断のモモキングダム》
 更にもう一度《禁断のモモキングダム》、そして再攻撃時に《アルカディアス・モモキング》に進化。

 そしてダイレクトアタック…は、G・ストライクで阻まれ、雀はターンを終える。

 現在2マナ、シールドはゼロ。相手のバトルゾーンには《アルカディアス・モモキング》
 この状況で、『グラスパーループ』に出来ることは3つある。
 相手のターン終了時に《流星のガイアッシュ・カイザー》を出すこと。マナを増やすこと。そして、自分のターンを終えることだ。


イクラさん 1-2 雀


Winner:雀


 試合後、イクラさんは対戦したデッキについて話してくれた。

 「『ガイアハザード退化』に強く出られるんですけど『JO退化』や『光水闇退化』はやや苦手で、先攻を取れば勝てるようにはしています」
 「『光水闇退化』は1勝1敗なんですけど、『ガイアハザード退化』と『JO退化』は決勝まで当たらなかったですね」

 幸か不幸か、《禁断英雄 モモキングダムX》以外を蹴散らし、最後に苦手な方の《禁断英雄 モモキングダムX》に当たってしまったようだ。

 「みんなごめん!」と言うイクラさんに、見守っていた仲間達は「よくやったよ」と健闘を称える言葉を贈った。




 自身の優勝を「まず、驚きました」と言う雀。

 「もっと有名な人じゃなくていいのかな、とか」

 いや、間違いなく、この日この場所で、一番強かった選手が優勝を掴み取ったのだ。

 その選手は無論、雀以外いないだろう。
※撮影時のみマスクを外しています。
 おめでとう!超CSⅣ静岡チャンピオン!

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY