デュエル・マスターズ

メニュー
商品情報

超CSⅣ静岡 Round 5:あーかい vs. たきまろ

ライター:河野 真成
撮影者:瀬尾 亜沙子

 長い予選も折り返して後半戦、Round5を迎える。
 ここでは全勝中のプレイヤーを、フィーチャーエリアにお呼びした。

 ひと際目立つ赤い服でやってきたのはたきまろだ。今回は会場で【火自然アポロヌス】の使用しているところが目に止まり、フィーチャーエリアに呼ばれたというわけだ。

 《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》、通称アポロ。このカードは条件を満たして攻撃すれば、相手のシールドを全て吹き飛ばしながらダイレクトアタックをすることが出来る。要するに準備が整えば、このクリーチャー単体で勝ってしまえる。
 
 仮にトリガーを踏んでしまってもアポロ自身の効果によって反撃を防ぎやすく、言ってしまえばアポロが着地すればだいたいは勝ってしまう。流石は超神羅を名乗るフェニックスである。
 
 そして【火自然アポロヌス】は、それをわずか3ターンでやってしまう。盤面にタマシードを用意し、2ターン目に手札を整え、そして3ターン目にオールインして勝利する。これがアポロというデッキであり、逆を言えばそれ以外のプランはほぼ存在しない。
 
 そんなアポロではあるが、現在は環境での通りが比較的良い。この日は上位に、他のアポロも勝ち残っていた。
 
 さて、たきまろは何やら慌ただしそうな様子でデッキの準備を進めていた。
 対してあーかいはというと、それとは対照的にかなり落ち着いた様子だ。

 予選突破のためには一歩ずつ、勝ちを積み重ねるしかない。
 5-0か4-1かでは、心理的な負担は大きく異なってくるだろう。

 やがて両者の準備が終わり、試合は開始された。
 果たして《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》は、姿を現すのだろうか?

先攻:あーかい

 先攻を取ったのはあーかいだ。初手のチャージは《天災 デドダム》。様々なデッキに使用されているだけに、この段階ではまだデッキは不透明である。
 
 対してたきまろは、1マナから《ストリエ雷鬼の巻》をプレイし、手札を交換しながら動いていく。このデッキは盤面にタマシードを置き、3ターン目に《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》を走らせるデッキである。スタートとしては、順調だろう。
 
 2ターン目、あーかいが召喚したのは《悪魔妖精ベラドンナ》だ。効果で選択したのはブーストで、マナを伸ばす。
 こうなるとデッキの全容も見えてくる。水闇自然のハンデスコントロール系のデッキだろう。このデッキは手札破壊とメタクリーチャーによって相手をコントロールし、最終的には≪Q.Q.QX.≫などのカードで勝利を目指すデッキだ。
 
 さて、あーかいがブーストを選択したことを考えると、次の動きはおおよそ《有象夢造》だろう。2ハンデスか、メタクリーチャーなどが飛んできそうだ。
 
 となると《進化設計図》などで手札を増やしておきたかったたきまろだったが、このターンは《ベイB セガーレ》をマナに置くのみと、動きはない。
 
 3ターン目、あーかいは予定通り《有象夢造》を唱えると、《悪魔妖精ベラドンナ》を2体蘇生して、2枚のハンデスを決める。
 アポロは手札コンボであり、ハンデスは強烈に刺さるデッキだ。手札から《カチコミ入道 <バトライ.鬼>》《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》が墓地へと落ちていき、一気に劣勢に追い込まれる。

 それでもたきまろは、残る手札から動いていく。3マナで《カチコミ入道 <バトライ.鬼>》を召喚し、そして攻撃時に《轟く侵略 レッドゾーン》を繰り出し、シールドを詰めていく。残る手札からの動きとしては、最高に近いものであろう。あーかいも、流石に予想外だった筈だ。
 
 あーかいのシールドにトリガーはなかった。あと2回、攻撃が通ればたきまろの勝ちとなるが……。

 しかし、あーかいはあくまで冷静さを失わない。ここで《天災 デドダム》を召喚すると、続けて《堕魔 ドゥポイズ》を繰り出す。たきまろの希望であった《轟く侵略 レッドゾーン》は、場から消し飛んでしまった。
 
 手札もなく、盤面にカードもない。
 トップで《ヘルコプ太の心絵》を引いたたきまろだったが、進化クリーチャーを回収することは叶わず、盤面はかなり寂しい。
 
 こうなるとあーかいは一気に勝勢だ。負け筋を潰すべく、一歩ずつコントロールしていく。《ナーガの海黒環》、そして《飛ベル津バサ「曲通風」》を並べてターンを終了した。

 もはやトップの《進化設計図》なども回答にはならない。たきまろは引いたタマシードをプレイすることしか出来なかった。
 
 あーかいは《絶望と反魂と滅殺の決断》からのクリーチャー蘇生、そして2体目の《飛ベル津バサ「曲通風」》の召喚などクリーチャーを並べていく。明確な勝ちプランを見切ったのだ。
 
 そして続くターン、ゲームを決めるべく召喚したのは《CRYMAX ジャオウガ》

あーかい「≪Q.Q.QX.≫は時間が掛かるので、自分はこっちの方が好きなんですよね」

 《CRYMAX ジャオウガ》がたきまろのシールドを3枚にし、そして自身がT・ブレイクを決める。あーかいの場には、小型クリーチャーたちも多数並んでいる。

 【火自然アポロヌス】は、この状況を捲るようなカードは入ってはいないのだ。

 超神羅は、どうやら顕現出来なかったようだ。

Winner:あーかい


PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY