TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ 全国大会2018 エリア代表決定戦 九州大会テキストカバレージ

全国大会2018 九州エリア予選 Aブロック決勝戦:ばーばーばば(福岡) vs. xk(福岡)

  by 塚本 樹詩
グランプリ6thでTOP4まで上り詰め、今回のエリア代表決定戦でも予選免除という大きなアドバンテージを得たローソンスマイル天神のxk

決勝トーナメントも危なげなく勝ち進み、ついに決勝戦の座にまで辿り着く。

しかし、ここで相対するのはばーばーばば

九州一大勢力“くわけん”に所属し、しーた砕月と同じデッキを使いこの大会に臨んだ。

決勝トーナメントで砕月が、しーたが敗れていく中、最後の“くわけん”メンバーとしてここまで辿り着く。

まるで二人のバトンを受け取ったかのような形で決勝まで走ってきたばーばーばばだったが、最後の最後で最も過酷な試練を課せられることとなる。

xkの視点で見ても、それは同じことだろう。

2年連続で日本一決定戦にプレイヤーを輩出している団体に所属するプレイヤーが相手ともなると、壁の高さを感じずにはいられない筈だ。

新たな潮流であるxkと伝統を引き継ぐばーばーばば、この日のを締めくくる決勝に相応しい好カード中の好カードとなったが、全国への切符はどちらか片方にしか与えられない。 先攻:xk
この日最後のじゃんけんにxkが勝ち、先攻を得たところで試合が始まった。

ギャラリーに交じってチームメイトが見守る中、xkが最初にマナゾーンへ《終末の時計 ザ・クロック》をチャージすると、試合は動き出す。

ばーばーばばはそれを見て《“乱振”舞神 G・W・D》をマナチャージ。

帰ってきたターンでxkが《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》をチャージした後に《月光電人オボロカゲロウ》を召喚。

ばーばーばばが次のターンに《月光電人オボロカゲロウ》をマナチャージすると、二人のデッキがこの日の台風の目となったアーキタイプであることが浮き彫りになる。

こうなると、後手番のアクションをスルーしてしまったこのターンが、後々のゲーム展開に響かないか一抹の不安が残る。

xkは展開力で差をつけるべくバトルゾーンに《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》を追加すると《月光電人オボロカゲロウ》を攻撃に向かわせる。

トリガーも無く、このまま後手に回るのかと思いきや、ばーばーばばはこのアーキタイプの側面を提示する。

《“必駆”蛮触礼亞》

最速3ターン目にこの呪文をバット・アクション・ダイナマイトすると、まずは《“轟轟轟”ブランド》を捨て、手札から《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を叩きつける!!
3ターン目に突如現れた10マナのクリーチャーによって無慈悲に《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》が葬られると、死呪が発動しxkの手札は一気に増えることとなるが、目の前の事態がそれどころではない。

その命をばーばーばばのターンに変換するべく《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》がシールドをブレイク。

そこで、傾きかけた優位を一気に引き込もうとするばーばーばばのターンが突如停止する。

3ターン目《“必駆”蛮触礼亞》からの《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》という2枚の理不尽を咎める、たった1枚の理不尽。

3マナの青い悪魔《終末の時計 ザ・クロック》がトリガーされると、xkは窮地をやり過ごすこととなる。

そして、この隙にと《異端流し オニカマス》を戦線に追加したxkは《月光電人オボロカゲロウ》《終末の時計 ザ・クロック》で次々とシールドを割り、残り2枚まで追い詰める。

自爆装置のスイッチを押されたはずの《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を抱えたばばーぱぱは、xkの展開に追いつこうと《月光電人オボロカゲロウ》《異端流し オニカマス》とまずは立て続けに戦力を追加。

そして《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《終末の時計 ザ・クロック》を倒し、頭数を減らすと、ついにばばーぱぱの戦力がxkを上回る!

しかし、ばーばーばばのシールドは残り2枚。

ここまで追い詰めたxkがこの局面で召喚したのは≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫!!
自身のぴったり後ろまで追いついてきたばーばーばばを一気に突き放すべく、ここでシールドを割り切り、ダイレクトアタックを目指す!

≪ゴリガン砕車 ゴルドーザ≫が攻撃をすると、すぐさま2回目の攻撃の準備をすべくアンタップする。

まずは1枚目のシールドがブレイクされると、今度はばーばーばばの下に青い悪魔が。
時を止めるのはxkだけの専売特許ではなかった。

こうしてばーばーばばがxkの真横にまで追いつくと、そのままxkを追い抜かそうと2枚目の《“必駆”蛮触礼亞》から《“轟轟轟”ブランド》を送り出す!
《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が、そして《“轟轟轟”ブランド》が次々とxkのシールドをブレイクすると、ゴールは目前に迫った。

そして最後にはしっかりと《異端流し オニカマス》がダイレクトアタックを決めると、3年連続の予選突破のバトンを、その快挙をばーばーばばが繋いだのであった!


winner:ばーばーばば


2ブロックの現状を正確に分析し、最適解まで辿り着いた二人だったからこそ、勝負は紙一重で決まった。

そして、砕月、しーたから受け取ったバトンを今年も全国まで届けられることとなったばーばーばばだが、最後まで走り抜けたのは本人の実力があってのことだ。

様々な強豪がひしめき合う九州エリア代表決定戦を勝ち抜いたばーばーばばが北九州鍬形研究所、通称“くわけん”の悲願を胸に全国への切符を手にした。

次なる願いは唯一つ。今年こそ九州から“くわけん”から日本一を。


このカテゴリの記事一覧