TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ グランプリ-8th 2日目 テキストカバレージ

DMGP8th DAY2 準々決勝:デデンネ vs. 朱鷺

  by カミ神王子

 総参加者3,458人の激しい戦いも終盤に突入。
そして、《超戦龍覇 モルトNEXT》を手にするにふさわしいTop8が出揃った。

 授与式にはまた屈強なサングラスの男が。
 これに関しては割愛するので昨日の2ブロック準々決勝カバレージを見てもらいたい。

 無事にプロモも受け取り、頂点を決める戦いが再開した。
 ここから先は、賞品以上に名誉や競技プレイヤーとしての実績に関わる世界だ。

 より激しく、より洗練されていく戦いに注目してもらいたい。

 ここでは、デデンネ朱鷺(とき)の試合をお届けしよう。

 時折深呼吸しつつ、まるでこれから格闘技の試合前のアップかのように肩を上下させる。だが目線は相手の盤面から離さない。

 2度に渡り相手の超次元ゾーンを確認し、さながら狩人の如く狩りのプランを整える男がいた。デデンネだ。

 彼は綿密な調整の下、独創性が突き抜けた『轟轟轟ミッツァイルメタリカ』を握り、数多の強者を灰塵に帰してきた。

 速効デッキに見える様で、相手に合わせて柔軟な対応が可能な全局面的デッキであり、下記のようなシークレットテクを多数搭載している。

・GRゾーンの《煌銀河 サヴァクティス》にスピードアタッカーを付与して《時の法皇 ミラダンテXII》に革命チェンジ。

・GR大量展開から《マシンガン・トーク》を呼び出し、GRクリーチャーの天敵《ドンジャングルS7》をアンタップさせて道をこじ開ける。

・相手の《Dの牢閣 メメント守神宮》のDスイッチを受けて味方が全タップしても《BAKUOOON・ミッツァイル》で破壊からのGR召喚でアンタップクリーチャーを確保する力技。

 これらは通常の『光火轟轟轟』とは明確な差別化である。

 また、採用パーツが似ているため、序盤は『光火轟轟轟』に偽装する事まで可能だ。

 「万能武器庫」とも言うべきこのデッキを回すには、環境の各デッキ特性を知り尽くしていることが最低条件だ。

 デデンネは相手を見て、武器を選択し、確実に急所にそれを叩き込みここまで駒を進めた。

 一方、対戦相手の朱鷺は盤面を見ながら微動だにしない。
 彼は長野を拠点として活動する強豪。

 2017年甲信越エリア代表決定戦でも準決勝まで残り、今日は更なる高みを目指す。

 今回の使用デッキは最近注目の『多色マナ武装5C』(双龍コンとも言われる)。

 マナが伸びるまでしっかり待ち、その刻が来たら大型クリーチャーや呪文で一気に仕留める。

 デデンネが獲物に合わせて対応し、手数で仕留める「動」の狩人ならば、朱鷺は獲物を仕留めるチャンスを待って一撃の下仕留める「静」の狩人だ。

Game 1

先攻:朱鷺

 そんな対象的な2人の試合は朱鷺の先攻から始まった。
 《ボーイズ・トゥ・メン》をチャージしてターンエンド。

 対するデデンネは《赤攻銀 マルハヴァン》をマナに置いてターンエンド。

 続くターン、朱鷺は《煌メク聖壁 灰瞳》をマナに。
 このデッキタイプは《フェアリー・ミラクル》《獅子王の遺跡》の大量マナ加速から始動するため、ここはまだ我慢の時だ。

 返しのデデンネは《音奏 プーンギ》を召喚。
 呪文コストを1重くするこのクリーチャーは大変強力で、朱鷺のマナ加速戦略に突き刺さった。  次の朱鷺は撃ちたかったであろう《フェアリー・ミラクル》をチャージしてターンエンド。

 有利を確信したデデンネは《一番隊 クリスタ》、そして2枚目の《音奏 プーンギ》を召喚した。この間約1秒。

 そのプレイに迷いはなく、相当な練習量が伺える。

 呪文が2コスト上昇した朱鷺はなすすべなく《コクーン・シャナバガン》をチャージしてターンエンド。

 次のターン、デデンネは《龍装者 バーナイン》と3枚目の《音奏 プーンギ》を召喚。
 更なる妨害と手札リソースを確保した。
 そして《音奏 プーンギ》2体と《一番隊 クリスタ》が3ブレイクするも、トリガーはなし。

 次のターンも朱鷺は動けず、《偽りの王 ヴィルヘルム》をチャージするに留まった。

デデンネ「よし!!」

 その言葉と共に《絶対の畏れ 防鎧》を召喚し、《龍装者 バーナイン》で1ドロー。
 ≪奇石 ミクセル≫ を召喚し、《龍装者 バーナイン》で1ドロー。
 更に《一番隊 クリスタ》を召喚し、1ドローし、《音奏 プーンギ》でブレイク。

 シールドから《謎帥の艦隊》がトリガー。

 使いたくないが、使わないと後がない。
 《音奏 プーンギ》を手札に戻し、その他2体とも合わせて3回GR召喚できる。
 攻めの状況での《音奏 プーンギ》の強さが活きた。

 GR召喚されたのは《純白の意志 ヴィンチ》《煌銀河 サヴァクティス》《マシンガン・トーク》の3体。

 次のターンの過剰打点を形成しつつ、残りのクリーチャーでダイレクトアタック。

デデンネ 1-0 朱鷺


 深い呼吸と共に天を仰ぐデデンネ。

 ここからは2本先取だ、まだ油断できない、自身にそう言い聞かせているようだった。


Game 2

先攻:朱鷺

 負け先のため先手は朱鷺。

 先ほど同様、2マナ目までのアクションはなし。
 次のターンにかける。

 しかし返しのデデンネはまたも《音奏 プーンギ》を最速召喚。
 朱鷺に序盤の圧をかけることに成功する。

 次の朱鷺はマナチャージのみでターン終了。
 辛い状況のはずだが、顔には冷静さと闘志が同居していた。
 続くデデンネのターン、《音奏 ハープララ》から《越境の意志 ドナート》をGR召喚し、《音奏 プーンギ》でシールドブレイク。

 トリガーしたのは《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》。効果で《越境の意志 ドナート》を墓地へ。

 返しの朱鷺のターン。朱鷺は4マナで《フェアリー・ミラクル》を唱えた。光文明が落ちれば2マナ加速という場面だが、ここは1マナ加速に留まった。

 そして《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》《音奏 プーンギ》を攻撃で破壊し、ターン終了。

 次のデデンネは長考。場には《音奏 ハープララ》のみ。相手のシールドは4枚。このターンに5打点形成しないと勝利には届かない。

 ぱっと見ではこのターン勝てそうにない盤面。
 その固定観念ごと破壊するかのごとくそのカードは場に着弾した。

 デデンネは《一番隊 クリスタ》≪奇石 ミクセル≫を召喚し、更に《“轟轟轟”ブランド》を場に出し1ドロー。

 残った1マナで使用したそのカードは、《BAKUOOON・ミッツァイル》
場の4体を破壊し、GR召喚を4回行う。
 現れたのは《越境の意志 ドナート》《純白の意志 ヴィンチ》《マシンガン・トーク》×2の4体。

 《BAKUOOON・ミッツァイル》の効果でスピードアタッカーを得た全クリーチャーの打点は6。ダイレクトアタックまで届く打点形成に成功した。
 この間約4秒。
 とにかくプレイに迷いがないのがデデンネの練習量を覗かせる。

 デデンネはブレイクを敢行。朱鷺には1枚だけだが採用したオリジナル、《テック団の波壊Go!》《謎帥の艦隊》といった逆転の芽があり、後者はデデンネも先の戦いで把握している。

 ここからは出るか出ないかの世界であり、両者に緊張が走る。

 《マシンガン・トーク》がブレイク。
 トリガーなし。

 2体目の《マシンガン・トーク》がブレイク。
 トリガーなし。

 《BAKUOOON・ミッツァイル》がW・ブレイク。残り打点は2体だが、《BAKUOOON・ミッツァイル》を除去すれば付与されたスピードアタッカーは消える。

 運命のトリガーは、、、なし。

デデンネ 2-0 朱鷺
デデンネ「日本一になります!」
朱鷺「頑張ってください!!」
 GP優勝より更に先。
 デデンネは既に日本一の舞台を視野に入れていた。

 彼の物語は続いていく。

Winner:デデンネ

このカテゴリの記事一覧