TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ グランプリ-8th 2日目 テキストカバレージ

DMGP8th DAY2 決勝第3回戦:デデンネ vs. いかたん

  by 伊藤 敦(まつがん)

 32人から16人。

 《超戦龍覇 モルトNEXT》まで、あと2勝。

 決勝トーナメントも佳境に入り、3,000人以上いたプレイヤーも、今や残るは32名。ゆえに、フィーチャーマッチに選ばれることを望む「#俺フィーチャー」に名乗りをあげていた者も、さすがにもう勝ち残ってはいないだろう……と、そう思われた。

 だが。




 デデンネがいた。しかも「最強の地雷山」という、気になるフレーズを引っさげて。

 フィーチャーマッチエリアに2人が着席すると、超次元の公開に加えて超GRの存在も示す対戦相手のいかたんに対し、デデンネは超GRを示すのみ。殿堂環境で「地雷」というからには、最新ギミックである超GRを使用しているのか、はたまた単なるブラフか……いずれにせよ、対戦が始まってみるまではわからない。

 そうして2人は、互いのデッキと超GRをシャッフルする。

 気づけばデデンネといかたん、それぞれの友人たちがフィーチャーエリアの周囲に集まってきていた。おそらくは「俺の代わりに《超戦龍覇 モルトNEXT》を手に入れてきてくれ」という思いを託し、応援するために。

 デュエル・マスターズは1対1で対戦するゲームだ。だが、大きな目標に向けてチームやコミュニティで調整し、同じデッキをシェアするといったプレイヤーも今では珍しくなくなった。そこには調整効率という実利的な理由があることはもちろん、勝利の喜びを分かち合えるという感情的な理由もきっとあるに違いない。

 なぜなら3,000人以上の参加者の中からトップ8に残ったプレイヤーを輩出するというのは、たとえ自分のことではなかったとしても、身内がそうなったなら素直に祝福できるというくらい、どこまでも明確に達成困難なことだからだ。

 いま、デデンネといかたんはその道中にいる。先に敗れ散っていった仲間たちの思いを背負い、自分たちの存在を示すべく。

 決勝ラウンド、第3回戦。正念場の戦いが、始まった。
先攻:デデンネ

 ジャンケンで先攻はデデンネで、注目のチャージは《龍装者 バーナイン》。これを生かせるほどのメタリカがデッキに入っていると仮定するなら「地雷」はいささか言い過ぎにも思えるところだが、その正体はすぐに明らかになる。

 《バイナラドア》チャージからの《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ポクチンちん》を回収され、いかたんのデッキがジョーカーズと判明した返し。デデンネがチャージしたのは、何と《BAKUOOON・ミッツァイル》
 通常のメタリカなら明らかに入っているはずのない異分子……とはいえ、デデンネは2マナのアクションがなくそのままターンエンド。一方いかたんは後手2ターン目、2枚目の《バイナラドア》チャージから再び《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ガヨウ神》を回収して準備を整える。

 いかたんの視点では、あと3ターンもらえれば《パーリ騎士》《ガヨウ神》《ジョット・ガン・ジョラゴン》で返せるだろうというところ。そして《一番隊 クリスタ》がないメタリカなら、まず3ターン以内には致死打点を組んではこないだろう……そう思われた。
 だが、ゲームはここから急展開を見せる。

 先手3ターン目、ドローしたデデンネは小さくうなずくと、引き込んだ《赤攻銀 ハムラービ/ハムラティス・ジャッジ》をそのままチャージ。そして≪赤攻銀 ハムラービ≫を召喚すると、効果で≪赤攻銀 ハムラービ≫を出し、そのまた効果で《音奏 ハープララ》まで連鎖させる。GR召喚でめくれたのは《越境の意志 ドナート》

 さらに、まだ終わらない。
デデンネ「手札が1枚」

 《“轟轟轟”ブランド》!!
 登場時効果で1ドローしつつ、W・ブレイクをお見舞いする。S・トリガーは……ない。

 クリーチャー0体から一転して、クリーチャー5体。こうなるといかたんも応手に追われざるをえない。もし《ポクチンちん》《パーリ騎士》でも出そうものなら、アンタップ条件を満たした《音奏 ハープララ》と合わせて7打点が襲いかかることになるからだ。
 そうはさせじといかたんが唱えた≪7777777≫は無事3コストをめくり、《音奏 ハープララ》≪赤攻銀 ハムラービ≫2枚をどうにか処理することに成功する。

 だが、デデンネの勢いは止まらない。《一番隊 クリスタ》≪奇石 ミクセル≫と追加すると、《越境の意志 ドナート》でブレイク。S・トリガーは……ない。

 勢い込んだデデンネは、《“轟轟轟”ブランド》で最後の2枚のシールドをもブレイクする。

 シールドを確認したいかたんは……そのままそれらを、手札に加える。

デデンネ「……っし!」
デデンネ「終了で!」

 クリーチャー4体に対して、シールドが0枚。しかも≪奇石 ミクセル≫《ジョット・ガン・ジョラゴン》をケアしている。ここから返せる可能性があるとすれば、《ヤッタレマン》×2からの《パーリ騎士》3連打で無理矢理マナを7つ揃えてから《ジョット・ガン・ジョラゴン》を出すくらいしかない。だからこの段階で99%、デデンネの勝ちは確定していた。

 それでも最後まで何が起こるかわからないのがデュエル・マスターズだ。デデンネは勝利を確信して先走った興奮を抑えつつも、人事は尽くしたとばかりにいかたんのアクションを静かに見守る。

 そして。

 《アイアン・マンハッタン》をチャージしたいかたんが《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を唱えると、それは最後の1%の可能性すらもなくなったことを意味していた。

 そのまま《ヤッタレマン》《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》《ヤッタレマン》でマナを使いきってターンを返したいかたんを、デデンネの《越境の意志 ドナート》がダイレクトアタックで介錯したのだった。

Winner:デデンネ


いかたん「あー、負けたー!」

 後悔を挟む余地もないような負け方で逆に清々しいといった様子のいかたんに、「あれはしゃーない」と友人たちが慰めの声をかける。

 それとは対照的に、勝利者インタビューを受けるべく放送席に向かうデデンネには、友人たちのテンションの高い祝福が待ち受けていた。

 それもそのはず、デデンネはフィーチャーマッチで、自らのデッキに「最強の地雷山」と呼ぶにふさわしいポテンシャルがあることをしっかりと示したのだ。

 友人と作り上げた最高のデッキが手元にある。メタリカを愛する「DM会」の仲間たちが応援してくれている。

 「絶対勝つんで、応援してください」とインタビューを締めくくったデデンネ。

 トップ8までは、あとわずか一勝だ。

このカテゴリの記事一覧