TAKARATOMY

さがす
English

カテゴリ:デュエル・マスターズ 超CSⅡ テキストカバレージ

金沢超CSⅡ Round 5:ばんぱく vs. junjun

  by 齋藤 陽
普通のCSであれば最終戦でもおかしくない5回戦目だが、この超CSⅡではやっと折り返しといったところ。
今回は恒例の企画 #俺フィーチャー超CS から選手を呼びたいと思う
と、遠くから超CSⅡまで足を運んだばんぱくだ。
2017年のDMPランキングでは新潟県1位。
日本一決定戦出場の経験もある彼は、今年も東京都ランキング4位と最前線を走るトッププレイヤーの一人だ。
対するjunjunはこちらも遠く佐賀県のプレイヤー。
「普段はあまりCSがないんですよね」というが、こちらも佐賀県ランキング7位の強豪である。

#俺フィーチャーをしたばんぱくはとても嬉しそうな笑顔でシャッフルを進める。対するjunjunは少し緊張している様子だ。
それでも二人共、慣れた手付きでシャッフルを済ませ、試合の準備を整える。

先攻後攻を決めるジャンケンの勝者はばんぱく。
試合が始まると、先程までとは一転、難しい顔をしてマナセットを考え始めるばんぱく。
相手の超次元から早いデッキであることは少ないと予想し、《堕魔 ドゥポイズ》をマナに置いてゲームを始めた。

対象的にjunjunは緊張もほぐれたようで悩まずに《怒流牙 サイゾウミスト》をチャージ。
このラウンドは卍 デ・スザーク 卍 対ビッグマナの対決のようだ。

それを見るとばんぱくは《堕魔 ドゥシーザ》をチャージし、更に相手の動きを見て待つ構えを取る。

次のjunjunのマナセットは《焦土と開拓の天変》
あまり環境では見られないが、junjunのデッキはマナ破壊を目的としたいわゆるランデスコントロールのようだ。

ばんぱくもそれを把握すると、すかさず《堕魔 グリール》を場に送り込みリソースの拡張を狙う。
これをjunjunは《オリオティス・ジャッジ》で綺麗に処理をする。

墓地も手札も少ないばんぱくは《堕魔 ヴォーミラ》で巻き返しを図ろうとするが、これの活躍はjunjunの召喚した《“乱振”舞神 G・W・D》に阻まれてしまう!
ことごとく攻勢が捌かれてしまうばんぱく。
手札も少なく、表情からもこれ以上のロングゲームは望ましくないことが伝わってくる。
長考の末、マナにカードは置かず《追憶人形ラビリピト》を召喚してハンデスを行う。

ここで抜けたのは《焦土と開拓の天変》
後から聞くと、junjunの残りの手札は《龍素記号Sr スペルサイクリカ》が2枚あり、このハンデスは非常に効果的なものだったという。

ターンが帰ってくると、ばんぱくはマナセットから《堕魔 ドゥスン》《堕魔 グリナイブ》から《卍 デ・スザーク 卍》の召喚、《追憶人形ラビリピト》の全ハンデスでゲームを一気に巻きかえしていく!
更に続くターン、junjunのドローが振るわないのを確認すると、ばんぱくは更にクリーチャーを並べ、戦力を増強させる。

Junjunは引き込んだ《焦土と開拓の天変》でばんぱくのマナを減らすが、次にばんぱくがドローしたカードは《堕魔 グリギャン》
効果により墓地にある《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》の条件を満たすと、すかさずビートダウンを開始する!

4枚ブレイクされたjunjunのシールドからは《フェアリー・ライフ》が2枚飛び出すのみで、ばんぱくはそのまま無月の門を開き、junjunの手札もマナも縛ってターンを渡す。
Junjunのデッキは最後のドローも応えず、そのまま《卍 デ・スザーク 卍》がばんぱくの勝利を確定させた。

Winner:ばんぱく


《オリオティス・ジャッジ》《“乱振”舞神 G・W・D》って動かれたときは厳しかったですけど、《追憶人形ラビリピト》《焦土と開拓の天変》をハンデスできたので、助かりました。」
と試合を振り返るばんぱく。
プレイや構築だけでなく、髪型も憧れのプレイヤーに合わせてきたという彼は、この後の予選ラウンドを全勝し、決勝トーナメントに進むのであった。

このカテゴリの記事一覧