TAKARATOMY

さがす
English

デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

「その後」能力の効果処理に関する裁定変更のお知らせ

「その後」の効果処理に関する裁定変更についてお知らせ致します。

先日公開した《未謎の鎖 ブリタネッコ》のFAQは、過去の《バイナラドア》などの裁定に基づいて作成致しました。しかし、その裁定を適用した場合に想定外の挙動をしてしまうカードが存在することが発覚致しました。
そのため、《未謎の鎖 ブリタネッコ》が持つような、前の文に条件が記載されている能力における「その後」の効果処理について、裁定を変更致します。

変更後のFAQ
例1
Q:自分の《未謎の鎖 ブリタネッコ》がバトルゾーンにいる状況で、自分の2体目のクリーチャーが攻撃しました。「アバレチェーン」能力にある「最初の攻撃」ではありませんが「その後」の能力を解決できますか?
A:いいえ、解決できません。最初の攻撃でなかった場合、「その後」の能力も解決できません。

例2
Q:《バイナラドア》がバトルゾーンに出た時にジョーカーズが合計3枚以上なかった時、カードを1枚引くことは出来ますか?
A:いいえ、引けません。バトルゾーンとマナゾーンに合計3枚以上ない場合、クリーチャーを山札の下に置くことも、カードを引くこともできません。

《Mの悪魔龍 リンネビーナス》《夢幻の無》についても、前の文に条件が記載されている能力における「その後」の効果処理は前述の2つと同様に処理されます。

例1
Q:《Mの悪魔龍 リンネビーナス》がバトルゾーンに出た時に、自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上なかった場合でも、「マナ武装」能力にある「その後」の能力を解決できますか?
A:いいえ、解決できません。自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上無い場合、「その後」の能力を解決することもできません。

例2
Q:自分が《夢幻の無》を唱え、相手が自身のターンをとばすことを選んだ場合、自分は「その後」の能力を解決し、水または闇のクリーチャーを手札か墓地からバトルゾーンに出せますか?
A:いいえ、出せません。相手が自身のターンをとばすことを選ばず、「そうしなければ」以降の能力を解決する場合のみ、クリーチャーをバトルゾーンに出せます。


また、一連の効果処理の中で山札を見ていた場合のみ、「その後、山札をシャッフルする」「その後、残りを好きな順序で山札の下に置く」などの能力は、前の文に条件が記載されているかに関わらず、必ず解決します。これは、上記の例外です。

例1
《ロック“SPK”スピーカー》の「出た時」の能力で山札の上から3枚を表向きにした後、それらのコストの合計が6以下でなかった場合にも、「その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。」は解決する。

例2
《バロン・ゴーヤマ》の「出た時」の能力で山札を見て、その中からカードを1枚選んで自分のマナゾーンに置かなかった場合でも、「その後、山札をシャッフルする。」は解決する。


裁定変更に伴い、以下の2枚のカードについて、テキストを変更致します。

《天使と悪魔の墳墓》
変更前
・バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。その後、すべてのマナゾーンを見て、同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて持ち主の墓地に置く。
変更後
・バトルゾーンに同じ名前のクリーチャーが2体以上あれば、それらをすべて破壊する。
・マナゾーンに同じ名前のカードが2枚以上あれば、それらをすべて持ち主の墓地に置く。

《神託の王 ゴスペル》
変更前
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それが呪文であれば、自分がコストを支払わずに唱え、持ち主の墓地に置いてもよい。その後、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それが呪文であれば、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、こうして見せた呪文以外のカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。
変更後
・このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せ、それが呪文であれば、自分がコストを支払わずに唱え、持ち主の墓地に置いてもよく、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せ、それが呪文であれば、コストを支払わずに唱えてもよい。こうして見せた呪文以外のカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。


なお、以下の例のような能力は前の文に条件が記載されている能力ではありませんので、以前と同様に処理を行います。

例1
《堕魔 ドゥポイズ》の「出た時」の能力を解決する際、自分のクリーチャーを2体破壊できなかった場合でも「その後」の能力を解決し、相手のクリーチャーを破壊する。

例2
《音感の精霊龍 エメラルーダ》の「出た時」の能力を解決する際、自分のシールドを手札に加えなかった場合でも「その後」の能力を解決し、自分の手札を1枚、新しいシールドとしてシールドゾーンに置ける。



今回の裁定内容に関し、一部の方に混乱を招いた事をお詫び申し上げます。
引き続き、デュエル・マスターズをよろしくお願い致します。
PAGE TOP

TM and © 2021, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY