デュエル・マスターズ

メニュー
カード検索カード検索

カード検索

総合ルールの記載変更に伴う、ルール変更のお知らせ

1.「G・ストライク」に関する記載追加によるルール変更

総合ルールの記載変更に伴い、「G・ストライク」の使用手順が変更になりました。
今後、「G・ストライク」は「S・トリガー」や「S・バック」と同タイミングで宣言を行います。また、効果の解決も他の効果より優先され、「S・トリガー」などと同じタイミングで行います。

例1
ブレイクされたシールドから「G・ストライク」を使いたい場合
ブレイクされたシールドを手札に加える際に「G・ストライク」を持つカードを相手に見せ、使用宣言をする。



「G・ストライク」の効果を解決。この時、相手のクリーチャーを1体選び、攻撃できなくさせる。


例2
ブレイクされたシールドから、「S・トリガー」「S・バック」「G・ストライク」をすべて使いたい場合
ブレイクされたシールドを手札に加える際に、シールドから手札に加わる「S・トリガー」「G・ストライク」を持つカードと、手札にある「S・バック」を持つカードをすべて相手に見せ、使用宣言をする。(「S・バック」で捨てるカードは、このタイミングで捨てる)



「S・トリガー」「S・バック」「G・ストライク」は好きな順番で効果を解決できる。



その後、「S・トリガー」「S・バック」で出たクリーチャーの「出た時」の能力など、他に待機している効果がある場合、それを解決する。


2.セルに関する記載の追加によるルール変更

総合ルールの記載変更に伴い、セルに関するルールが変更になりました。
今後、サイキック・スーパー・クリーチャーや、キング・クリーチャーを構成するセル単体が効果で離れる際にも、「リンク解除」や、「クリーチャーが離れる時」に適用される置換効果が適用されます。

例1
《龍脈術 落城の計》で≪唯我独尊ガイアール・オレドラゴン≫を構成するサイキック・セル1枚を選んだ場合、選ばれたセルが手札に戻る際に「リンク解除」が適用される。
≪唯我独尊ガイアール・オレドラゴン≫の持ち主は、「リンク解除」により、好きなセルを1枚選び、超次元ゾーンに戻し、残りをクリーチャー側に裏返し、バトルゾーンに残す。(この時、《龍脈術 落城の計》で選ばれていないセルを超次元ゾーンに戻せる)

例2
《龍脈術 落城の計》で≪Volzeos-Balamord≫を構成するキング・セル1枚を選んだ場合、選ばれたセルが手札に戻る際に「エクストラEXライフ」の置換効果が適用される。
≪Volzeos-Balamord≫の持ち主は「エクストラEXライフ」シールドのうち1つを墓地に置く。


3.山札が0枚である場合の「カードを引く」効果に関するルール変更

総合ルールの記載変更に伴い、山札が0枚である場合でも、ドローステップの処理や効果によって、カードが引こうとすることができるようになりました。
山札が0枚である場合にカードを引こうとしても、実際にカードを引くことはできないため、「カードを引いた時」に誘発する能力はトリガーしませんし、引こうとした分を「このターン引いたカードの枚数」として数えることもできません。また、コストの支払いのためにカードを引こうとすることもできません。
ただし、カードを引くことを置換する効果が存在する場合は、山札にカードが無い時にカードを引こうとした場合にも、それを適用することができます。

この変更により、以下のFAQの回答が変更になります。
Q:相手のターン中に、自分の《宇宙 タコンチュ》が相手の«零龍»の「零龍卍誕した時」の能力によってパワーが0に固定されました。
「破壊される時」の能力を使うことはできますか?

変更前
A:はい、できます。相手はカードを5枚引き、《宇宙 タコンチュ》のパワーを+5000します。パワーが固定されているので+5000してもパワーは0のままです。すぐにまた破壊されようとして「破壊される時」の能力が繰り返し発動します。«零龍»側のプレイヤーの山札の残りが5枚より少なくなるまで、カードを引き続けることになります。

変更後
A:はい、できます。相手はカードを5枚引き、《宇宙 タコンチュ》のパワーを+5000します。パワーが固定されているので+5000してもパワーは0のままです。すぐにまた破壊されようとして置換効果が繰り返し適用されます。結果的に«零龍»側のプレイヤーの山札がなくなり、そのプレイヤーがゲームに負けるまで、この処理を続けます。
※FAQは後日更新されます

PAGE TOP

TM and © 2022, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO ©TOMY